出典:NNN

スポンサーリンク

 

生後3カ月の長男を揺さぶるなどして重傷を負わせたとして、父親の服部慎(はっとり まこと)容疑者が逮捕されました。

乳児を揺さぶり重傷を負わせる

産経ニュースほか、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

生後3カ月の長男を激しく揺さぶり、重傷を負わせたとして、神奈川県警戸部署は15日、傷害の疑いで、横浜市西区、会社員、服部慎容疑者(32)を逮捕した。署によると、「揺さぶったがそんなに強くはしていない」と供述している。

長男の体に複数のあざがあることから、署は服部容疑者が日常的に虐待していた可能性があるとみて調べている。

逮捕容疑は1月上旬から今月13日の間、自宅で長男の両腕をつかんで上下に揺さぶるなどの暴行を加え、急性硬膜下血腫や肩の骨を折る重傷を負わせた疑い。

署によると、13日午後2時ごろ、母親(24)が長男の異変に気付いて病院に搬送。転院先の病院が14日に「虐待の疑いがある」と署に通報した。

出典:産経ニュース

スポンサーリンク

服部慎容疑者について

こちらが、逮捕された服部慎容疑者のプロフィールです。

名前:服部慎(はっとり まこと)

年齢:32歳

職業:飲食業

在住:横浜市西区老松町

服部容疑者は、1月上旬~今月13日、アパートの自宅で長男に対し、両腕をつかんで上下に揺さぶったり、寝かせる際に布団の上に投げたりするなどの暴行を加え、急性硬膜下血腫や鎖骨骨折などの重傷を負わせた疑いで逮捕された人物です。

ちなみに、服部容疑者の顔画像などの情報は公開されておらず、また、特定するにも至っておりませんので、こちらに関しては詳しい情報が入り次第、随時お伝えしていこうと思います。

スポンサーリンク

犯行動機は?

では、犯行動機は一体何だったのでしょうか?

報道機関の発表によれば、警察の調べに対して服部容疑者は「そんなに強くやっていない。2人目の子どもなので雑になってしまった」などと容疑を一部否認するような供述をしているとのことです。

雑になったということですが、むしろ2人目の子供は慎重になるのが普通であり、雑に扱うこというのは意図的に行っていたのではないかと推測されます。

被害にあった息子さんが痙攣をしていたということから、母親が異変に気づいて通報したということですが、もしもこれが異変に気がつかずに痙攣していたままであればそのまま帰らぬ人となっていた可能性もあり、雑になったという言い訳では済まされないこととなるでしょう。

スポンサーリンク

勤務先は?

では、服部容疑者の勤務先は一体どこなのでしょうか?

報道機関の発表では服部容疑者は横浜市西区老松町に在住であるということですし、さらには飲食業に従事していることからもこの付近のもしくは横浜市内の飲食店で勤務していたのではないかと考えられています。

こちらに関しては詳しい情報が入ってきておりませんので、わかり次第随時追記いたします。

スポンサーリンク

母親は?

母親が今回の事件を通報したということですが、母親は24歳ということで32歳の服部容疑者とは8歳も離れている極めて年の差がある夫婦であることは間違いありません。

後述しますが、日常的に暴力を振るっていた可能性もあるとのことで、それに気がつかなったのは母親も服部容疑者のからのDVに耐えていたか、自分もやってしまっていたということも考えられます。

母親ですから、子供を揺さぶったりするのはまずないと考えられますが、夫の言いなりとなっていた場合には考えられるかもしれません。

今後母親からも事情を聞くこととなるでしょう。

スポンサーリンク

日常的に虐待していた?

FNNによれば、日常的に虐待があったという兆候が見られるのだと言います。

男の子の体には、あざや骨折があり、警察は、日常的な虐待があったとみて捜査している。

出典:FNN

こうした兆候があるということは、日常的に虐待をしていたとして間違いないでしょう。

あざや骨折というのは、ゆさぶるよりももっとひどい暴行を加えていた可能性も考えられますし、殴る蹴るなどをしていたのではないでしょうか?

いずれにしても、こうした虐待のニュースが絶えないだけに、一刻も早く無くなってほしいものです。

 

あなたにおすすめの記事

 

 

おすすめの記事