ビッグエコー唐揚げ炎上 バイト従業員2人の特定情報がこちら!名前や顔画像、逮捕の可能性についても

出典:ニコニコニュース – niconico

スポンサーリンク

 

カラオケチェーン店、ビッグエコーの店舗でアルバイト従業員が唐揚げを床に擦り付けたのちにフライヤーで揚げる動画が拡散され、大きな波紋が広がっております。

今回は、この唐揚げ動画の撮影者と実行犯の特定情報などを中心にまとめていきたいと思います。

昨年12月の動画が蒸し返される

BIGLOBE編集部ほか、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

第一興商が運営するカラオケチェーン店「ビッグエコー」のユニフォームを着用した人物による問題行為がSNSで拡散し、物議を醸している。第一興商に内容を確認したところ、昨年12月に問題の動画を把握し謝罪と調査状況を公表。現在は警察が捜査を行っているとのことだった。

問題の行為は、ビッグエコーのユニフォームを着た人物によるもの。この人物は、店内の調理場らしき場所でから揚げを袋から取り出し、しゃがんで床に擦り付け、そのままフライヤーに入れた。この動画はTwitterで拡散し、不衛生な行為に批判の声が多数寄せられている。

第一興商に取材したところ、同社は昨年12月にこの動画の存在を確認。実際にビッグエコーの調理場で従業員が行ったものか社内調査を行ったが、特定することはできなかったという。これを受けて、12月6日に「お客様には大変不安・不快な思いをさせてしまいましたことを深くお詫び申し上げます」と謝罪。事実関係の調査を進めながら警察へも相談するとしていた。その後、12月25日には警察へ被害届を提出したことを公表していた。現在は、「警察の捜査に協力している」とのことで、全店舗の従業員に対しては教育を徹底するとしている。

出典:BIGLOBE編集部

スポンサーリンク

問題の動画とは?

では、問題があった動画は一体どのようなものなのでしょうか?

こちらが、その動画であります。

スポンサーリンク

こちらの動画では、ビッグエコーの店員と思しき人物が唐揚げを袋から出した後に、それを床に擦り付けるなどした挙句、そのままフライヤーに入れるという様子が映し出されております。

すき家、くら寿司についでビッグエコーでもバイトの不適切な動画が公開されているだけに、かなりの波紋が広がっており、ユーザーが外食チェーン店に対する不信感を一層募らせているのも現状です。

スポンサーリンク

第一興商の対応について

この騒動に関し、ビッグエコーを運営する第一興商は自社のHPにおいて、2018年12月25日に以下の様な謝罪文を発表しております。

不適切な動画がインターネット上に掲載された件に関する対応について

2018 年 12 月 6 日にお知らせいたしました不適切な動画がインターネット上に掲載された件 に関する対応についてお知らせいたします。 弊社は本件に関する社内調査を進めてまいりましたが、本件が極めて悪質な行為であること から、警察へ被害届を提出し今後は警察の捜査に協力していくことと致しました。 弊社はこのたびの件を厳粛に受け止め、今後、このような事態が発生しないよう全店舗従業 員に対する指導教育の更なる強化徹底を図り、お客様が安心・安全にご利用いただけるお店 づくりに努めてまいります。 お客様にはご心配・ご迷惑をお掛けしましたことを深くお詫び申し上げます。

出典:第一興商

第一興商はすでに対応をしているということですが、2018年12月に終わったと思っていた一件が、ここへきて再び炎上するということとなってしまったために、手痛い騒動となったことでしょう。

もちろん、このアルバイト従業員が悪いのですが、それでも音沙汰なく落着していたと思われる騒動でありますから、ここ最近の不適切動画の風潮もあり、大きな損失となりそうです。

起こってしまった事は致し方のない事でありますが、こうも蒸し返されるように問題が発覚すると第一興商の担当者は非常に歯がゆい心境なのではないでしょうか?

スポンサーリンク

ビッグエコーについて

そもそもビッグエコーには大きく分けて2つの種類があり、カタカナで表記される「ビッグエコー」とアルファベットで表記される「BIG ECHO」があります。

それぞれに特徴があるのですが、カタカナ表記の「ビッグエコー」はカジュアルに使えて学生に人気の店舗であり、ドリンクバーなどやフリータイムの料金が安いなど比較的学生向けのような店舗であります。

一方でアルファベットの「BIG ECHO」に関しては、ラグジュアリーな雰囲気が持ち味の店舗で、部屋も少々高級感があり、フードや飲み物、設備などが充実してるため価格もやや高く、社会人や大人向けの店舗であります。

そのほかにファミリーカラオケの「祭一丁&ビッグエコー」や、セルフカラオケで飲食物持ち込みOKの「ハッピーパーティー」、四国4県のみに展開しているバナナクラブとのコラボ「バナナクラブ&ビッグエコー」、滋賀県を中心に西日本に展開している「MUSE・R2」とのコラボ「ミューズ&ビッグエコー」、姉妹店の「カラオケCLUB DAM」などがあります。

それぞれの店舗に特徴があり、LIVE STAGEを楽しめるLIVEルームや女子かにおすすめのエレガントルーム、お子さんも楽しめるキッズルーム、飲食店のような形状のレストランルーム、振り付けを練習できるフリカラルーム、質の良い本格的なレコーディングを楽しめるレコーディングルームといったコンセプトルームが多いのもビッグエコーの特徴です。

もちろん、カラオケといえばフードやドリンクなのですがこちらも居酒屋並みに充実しており、麺類からおつまみ、揚げ物、サラダ、カフェメニュー、デザートなど幅広く展開をしているほか、各種カクテルやビール、焼酎、日本酒、ワインに至るまで様々なドリンクも取り扱っている事で知られています。

問題となっている唐揚げなのですが、おそらくビッグエコーのグランドメニュー内にある「Tapas」のゾーンの獲の唐揚げなのではないかと考えられます。

出典:ビッグエコー

ちなみにTapasとはスペイン人の生活に欠かせない居酒屋兼軽食堂、バル(bar)にて提供される小皿料理の総称のことを言います。

スポンサーリンク

撮影者と実行犯について

では、この問題の動画を撮影した人物や、実行した人物は一体誰なのでしょうか?

ネット上にはこうした炎上動画や画像を晒された際に、その個人を特定する「特定班」と呼ばれるユーザーが一定数いると言われており、その特定班の活躍によってこの顔画像や名前、ひいては高校名や自宅住所までもが晒されるという事案も多く発生しております。

どの様な手段で特定するのか定かではありませんが、おそらくは当事者と関係性のある人物からのリークや、服装、髪型、店舗情報などからあらゆる手段を駆使して特定していくものだと考えられます。

今回のビッグエコーの件に関しては、2018年の動画でありますし、顔もはっきりと映っていないほか、肉声も聞き取れず実行犯が茶髪の髪型ということしか分かっておりませんので、現時点では特定されておりません。

今後、こちらの情報に関しては特定されていくことでしょう。

しかしながら、ビッグエコーを運営する第一興商はこの撮影者と実行犯について特定をすることが出来なかったそうで、警察に被害届を出すという形で犯人の特定を急いでいるということです。

スポンサーリンク

逮捕もあり得る?

このアルバイト従業員がネットによる拡散という威力を持って業務を妨害したと見なされれば、威力業務妨害罪などで逮捕される可能性も出てきます。

ここでいう威力とは、威力とは、人の意思を制圧するような勢力のことを指しますので、ネットという強力な勢力はそれに該当して然るべきです。

もしも刑事罰に問われることとなれば、3年以下の懲役または50万円以下の罰金が課されるわけですが、おそらく示談交渉が進むのではないかと推測されます。

しかしながら、この第一興商が展開するビッグエコーに対して消費者が負の感情を抱き、客足が遠のくことがあれば機会損失はバカにならず、その損害賠償は数億円にも及ぶ可能性も考えられます。

第一興商の発行済み株式数は2018年9月30日現在で、57,234,200でありますが、この騒動を受けてか90円ほど株価が下落しており、時価総額にしておよそ51億円もの損害を被ったことになります。

いずれにしても、こうしたアルバイト従業員による不適切動画やバイトテロと呼ばれる行為が後を絶ちませんので、このビッグエコーの件も大きな波紋が広がることが予想されます。

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

 

ビッグエコーの唐揚げ炎上動画は2018年に公開!今になって拡散された理由がヤバい
...

 

くら寿司炎上 バイト従業員2人の現在が悲惨すぎ!逮捕間近で、名前や顔画像も特定される
...