今西貴大の嫁は事件当時、妊娠中にも関わらずパチンコ店通い!生い立ちや韓国籍の噂も

事件

出典:Facebook

スポンサーリンク

 

2歳の子供を暴行し、死亡させたとして父親の今西貴大(いまにし たかひろ)容疑者が2018年12月逮捕・起訴されましたが、性的暴行を加えていたとして再逮捕されました。

今回は、今西容疑者の嫁のパチンコ店通いや今西容疑者の生い立ちなどについて迫ってみたいと思います。

性的暴行で再逮捕

日刊スポーツ他、メディア各局が以下の様なニュースを報じ、話題となっています。

スポンサーリンク

阪府警は6日、大阪市東淀川区で2歳だった長女に暴行を加え、死亡させたとして傷害致死罪で18年12月に起訴された父親の職業不詳今西貴大容疑者(30)を、17年11~12月、娘を性的に虐待したり、暴行を加えたりしたとして、強制性交致傷と傷害の疑いで再逮捕した。

捜査1課によると、同容疑者は調べに「意味が分からない」「一切、心当たりがありません」などと容疑を否認している。

再逮捕容疑は、17年11月、自宅周辺で長女の左足に何らかの打撃を加え、全治3カ月の骨折を負わせ、同12月に自宅で長女に性的暴行を加え、全治1週間のけがを負わせた疑い。長女は17年12月23日に死亡。今西容疑者は18年11月27日に殺人容疑で逮捕され、同12月8日に傷害致死罪で起訴され、同26日に保釈されていたが、一貫して「全く関係ない」と容疑を否認していた。

捜査関係者によると、長女は今西容疑者が17年9月に結婚した妻の実子で、同12月に養子縁組していた。長女の遺体に性的暴行を加えた形跡があり、捜査1課は複数の医師の意見を聞き、慎重に捜査を進め、今回の再逮捕に踏み切った。

出典:日刊スポーツ

スポンサーリンク

今西貴大容疑者について

こちらが、逮捕された今西貴大容疑者のプロフィールです。

出典:MBS

名前:今西貴大(いまにし たかひろ)

年齢:29歳

職業:電気工(※自営業)

在住:大阪府寝屋川市

今西容疑者は、昨年12月16日夜、当時の自宅だった大阪市東淀川区の集合住宅の一室で、長女の希愛(のあ)ちゃんの頭に何らかの方法で衝撃を加え、殺害したとして逮捕された人物です。

再逮捕容疑は17年11月、当時住んでいた東淀川区の集合住宅か周辺で、養子の娘に暴行して左脚を骨折させ、同年12月には性的虐待でけがを負わせた疑いなどがかけられています。

スポンサーリンク

今西貴大の生い立ちは?

Googleなどの検索エンジンにおいて「今西貴大」と検索をすれば、サジェストワードに「韓国」というワードや「生い立ち」というワードが出てきます。

サジェストワードとは検索エンジンで検索をしやすくするようにユーザーが最も検索をかけているワードを推奨するサービスのことで、ユーザーさんにとって有益である情報と検索エンジン側が判断した際に、勝手に表示されたり、検索ボリュームが多い時に表示されるものです。

つまり、今西貴大容疑者の生い立ちや出身が韓国人であるということを思っているユーザーが一定するいるということになるでしょう。

生い立ちに関しては、大阪府寝屋川市において電気工をしているという職歴以外は発見されておらず、また、韓国籍かどうかについても特定できる情報は公開されておりません。

一定数いるというのは逆を返せば、これほどの事件を起こす人はきっとこうに違いないと決めつけて検索をかけているパターンも考えられますので、根も葉もない憶測がサジェストワードに浮上したということも十分に考えられるでしょう。

スポンサーリンク

亡くなった希愛ちゃんと嫁について

今回、 亡くなったとされるのは今西容疑者の娘である今西希愛(のあ)ちゃんであり、当時は2歳と4ヶ月という非常に幼い年齢であっといいます。

出典:MBS

出典:FNN

このように幼い命を平気で暴行をして奪うことは決して許されるべきではないのですが、今西容疑者の奥さんすなわち希愛ちゃんのお母さんはどのような心境なのでしょうか?

事件当時外出中だったということですが、帰宅するやいなや愛娘が息をしておらず、ましてや犯人が旦那となれば、かなりの疑心暗鬼に陥ることは否めませんし、離婚などは確実なのものと思われます。

そして、奥さんと今西容疑者と希愛さんと一緒に写っている家族写真がこちらです。

出典:Facebook

可愛らしい写真ではありますし、家族水入らずのディズニー旅行の写真であると考えられます。

こちらは、2017年6月11日に投稿されておりますが、そこからおよそ半年経過した2017年12月になって暴行・おおび虐待をして殺害をしているのということで、サイコパスなのではないでしょうか?

今西容疑者は妻と希愛ちゃんの3人暮らしだったそうですが、今西容疑者は昨年9月に現在の奥さん(23歳)と結婚しており、奥さんが前の旦那さんとの間にもうけた希愛ちゃんを養子にしていとたと言います。

つまり、希愛ちゃんとは血縁関係にないのだそうで、結婚相手の嫁の連れ子に愛情が沸かない事が犯行動機となったのではないかと推測されています。

スポンサーリンク

嫁はパチンコ店通い?

そんな、今西容疑者の嫁さんですが、パチンコ店に通うのが趣味であったということです。

今西容疑者は妻と希愛ちゃんの3人暮らしだったそうですが、今西容疑者は昨年9月に現在の奥さん(23歳)と結婚しており、奥さんが前の旦那さんとの間にもうけた希愛ちゃんを養子にしていとたと言います。

つまり、希愛ちゃんとは血縁関係にないのだそうで、結婚相手の嫁の連れ子に愛情が沸かない事が犯行動機となったのではないでしょうか?

事件発生時もA子さんはパチンコ店にいて、今西容疑者は犯行後、「(希愛ちゃんの)様子がおかしいんや。早く帰ってきてくれ」とA子さんに電話し、自ら119番通報した。

 急いで帰宅したA子さんはひどく取り乱した様子だったが、今西容疑者は何食わぬ顔をしていたという。“サイコ野郎”と言う他ないが、希愛ちゃんは心肺停止の状態で病院に運ばれ、すでに頭蓋内で出血していたため、府警は今西容疑者が関与したと判断し、捜査を進めていた。

「A子さんが前夫と離婚したのは3年前です。その後、今西容疑者と一緒になった。自営の電気工といっても店は構えておらず、手広くやっていたわけでもない。A子さんは、まさか夫が希愛ちゃんを虐待しているとは疑ってもいなかった。実はA子さんと今西容疑者との間には、生後4カ月になる女の赤ちゃんがいます。事件当時、A子さんはすでに妊娠していた。希愛ちゃんが亡くなったのはもちろんショックだろうが、今の生活のことを考えると、複雑な心境でしょう」

(ー中略ー)

出典:日刊ゲンダイDIGITAL

ここでいうA子さんというのが、前述し23歳の嫁であり、自分の連れ子を今西容疑者に押し付けてまでパチンコ店に通うという事で、2歳の子供を持つ親としての資格はないと考えられます。

ましてや今西容疑者の虐待や亡くなった希愛ちゃんの異変に気づいてあげられないのは母親失格なのではないでしょうか?

パチンコ店に通うのが悪いわけではありませんが、事件当時妊婦でありましたし、当時2歳の娘を放ったらかしてまでパチンコ店に行くというその神経は考えられません。

スポンサーリンク

虐待の兆候があった?

MBS毎日放送の報道によれば、今西容疑者に関しては虐待の兆候があったという事です。

捜査関係者によりますと、希愛ちゃんの左ほほには殴られたようなアザがあり、事件の約1か月前には今西容疑者と希愛ちゃんが2人きりでいる際に左足を骨折、1か月後に希愛ちゃんが意識を失って救急搬送された際もギプスをつけた状態だったということです。警察は、こうしたけがについても今西容疑者の犯行かどうか関連を調べています。

出典:MBS毎日放送

事件が発生する1ヶ月も前に2人きりでいるところで骨折をしたりと、緊急搬送の際にもギプスを装着しているなど、兆候があったのです。

しかしながら、これに気がついてあげる事が出来ずに、最悪の事態に陥ってしまったのは最悪の出来事です。

こちらは、未然に防ぐ事が可能だったと思われますし、周りの人間がもっと注意を持って察する事が出来れば、希愛ちゃんは亡くなることはなかったでしょう。

2018年1月には「してないです。しゃべるだけで涙が出る。悲しい俺は。そっとしておいてほしい」と逮捕前にインタビューに応じておりますが、やはりサイコパスだったのではないかと考えられます。

いずれにしても、亡くなった希愛ちゃんには心よりご冥福をお祈り申し上げます。

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

 

今西貴大は今西希愛ちゃんに性的暴行をしていた!嫁の顔画像判明で自宅も特定か?
...

コメント