高島武彦容疑者の顔画像がこちら!「ひま部」は未成年犯罪の温床で、動機についても

この記事は3分で読めます

出典:JNN

スポンサーリンク

 

女子中学生に乱暴したとして、警視庁少年育成課は4日、強制性交容疑で、東京都豊島区役所広報課長の高島武彦(たかしま たけひこ)容疑者を逮捕しました。

今回は、この高島容疑者の顔画像や経歴などについて迫ってみたいと思います。

豊島区広報課長が女子生徒に乱暴

産経ニュース他、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

スポンサーリンク

東京都内の中学1年の女子生徒(13)に乱暴したとして、警視庁少年育成課は4日、強制性交の疑いで、豊島区役所政策経営部広報課長、高島武彦容疑者(56)=練馬区西大泉=を逮捕した。調べに、「はっきり覚えていない」と容疑を否認している。

逮捕容疑は昨年10月23日夜、都内の駐車場に止めた車内で、女子生徒に体を押さえつけるなどの暴行を加え、乱暴したとしている。

少年育成課によると、2人は事件直前、スマートフォン向けアプリ「ひま部」を通じて知り合っていた。同アプリは、中高生の利用者が多く、高島容疑者は当初、高校生を装って女子生徒に接触。その後、アプリの通話機能などを使って、「本当は37歳で1人暮らし」と虚偽の説明をしていた。

高島容疑者が「会いたい」「ドライブに行かないか」などと女子生徒を誘い出し、女子生徒の自宅近くで待ち合わせたという。

豊島区の高野之夫(ゆきお)区長は4日、「衝撃を受けるとともに強い憤りを禁じ得ない。事実だとすれば区職員として許されない行為で、被害に遭われた方とご家族のみなさまに深くおわび申し上げる。事実関係を確認し厳正に対処する」とのコメントを発表した。

出典:産経ニュース

スポンサーリンク

高島武彦容疑者について

こちらが、逮捕された高島武彦容疑者のプロフィールです。

名前:高島武彦(たかしま たけひこ)

年齢:56歳

職業:広報課長

所属:東京都豊島区

在住:東京都練馬区西大泉3丁目

高島容疑者は2018年10月23日夜、普通乗用車に中学1年の女子生徒(13歳)を連れ込んで、都内の駐車場に止め、車内で乱暴した疑いで逮捕された東京都豊島区の広報課長を務める人物です。

ちなみに、こちらが高島容疑者の顔画像です。

出典:JNN

スポンサーリンク

犯行動機について

では、高島容疑者の犯行動機は一体何だったのでしょうか?

報道機関の発表によれば、「18歳ぐらいの女性と性交したと思うが、はっきり覚えていない」と容疑を一部否認する供述をしております。

18歳未満であれば、男女関係に関わらず性交すれば罪に問われるため、この言い訳まがいの供述そのものが間違っているような気もしますが、それでも覚えていないと言われればそれまでです。

ですが、後述しますが、この高島容疑者はひま部と呼ばれるチャットアプリにおいて男子高校生を装って女子生徒に近づいていることからも、明らかに未成年の女性を狙っているのが伺えますし、そうした女性との性交を成功体験としていきたかったものと考えられます。

男子高校生を装って登録して女性性と知り合った高島容疑者は、このサイトなどを通じて悩み相談を行なっていたといい、住所や電話番号、学校名なども聞き出していたというこです。

このやり取りの中で1人暮らしの37歳」と名乗っていたそうですが、随分中途半端な鯖の読み方となってしまったことでしょう。

スポンサーリンク

ひま部とは?

では、ひま部とは一体どのようなアプリなのでしょうか?

ひま部とは、全国の学生が集まる学生限定コミュニティアプリのことで、1日の投稿数は400万回を突破しており、国内No.1規模のシェア数を誇る中学・高校・大学生へ向けアプリとして知られています。

いわゆるチャット型のアプリであり、見ず知らずの人と繋がることが可能で、暇な人同時がトークを繰り広げられるのだそうですが、このように犯罪に巻き込まれるようなケースもあるといいます。

 警察庁によると、6月までに警察が検挙した児童ポルノに関する事件は1423件であり、年間の検挙数が過去最多だった去年同時期を281件上回っている。被害にあった18歳未満の子どものうち中高生は、全体の70%を超えている。また被害は、脅されたり騙されたりして自ら撮影した裸の写真などを送らされる「自画撮り被害」が全体の約40%を占めた。

被害にあったサービスは、もっとも多かったのが「Twitter」で全体の40%を占め、続いて「ひま部」が11%、「LINE」が5%などとなっている。2017年にSNSを通じて子どもが犯罪被害にあったサービスのうち、最多を占めたのはやはりTwitterだった。それ以外に挙がっていたのが、今回も登場している学生限定アプリ「ひま部」、チャット系アプリ「ぎゃるる」などだ。

出典:Cnet Japan

このひま部よりもTwitterの方が多いことは問題ではありますが、それでもやはりひま部によって児童ポルノの犯罪に巻き込まれたり、さらには出会って性的暴行を加えられるなどの犯罪に巻き込まれてしまってはその温床となっているアプリ側にも多少の問題はあるのかと思います。

Twitterなどでは利用者同士にその責任を全て投げており、プラットフォームのみを提供しているに過ぎないという見解でありますから、こうした問題への対策をあまりしておらず、ますまず未成年の男女の出会いの場や犯罪の温床となることは明白であります。

スポンサーリンク

ネットリテラシーの欠如も?

こうした問題では、やはり犯罪に手を染めてしまった容疑者の方が悪いのですが、それでもやはり出会い系アプリなどを利用する事件に関しては、ネットリテラシー(インターネットをしっかりと利用する能力)の欠如なども問題となってきます。

そもそも一人暮らしの37歳という時点で、中学生からしたら地雷でありますし、見ず知らずの男性に名前や電話番号、住所などを教えるという行為自体も大変危険でありますし、危機管理能力が著しく欠如していることであります。

こうした犯罪に巻き込まれたくないのであれば、危機管理能力やリスクヘッジなどしっかりと判断できないうちにはスマホなどを買い与えないということが重要で、犯罪に巻き込まれないようにしっかりとネットリテラシーを教育していくことが必要不可欠となってくるでしょう。

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

 

https://brandnew-s.com/2019/02/01/araihirohumi2/

 
error: You never click here!!