栗原なぎさ(心愛さん母親)容疑者の顔画像がこちら!DV暴力と転校の関係についても

国内NEWS

出典:NNN

スポンサーリンク

 

千葉県野田市立小4年の栗原心愛(みあ)さんが自宅浴室で死亡した事件で、県警は4日、父親の勇一郎容疑者と共謀し、心愛さんに暴行したなどとして、同容疑で母親の栗原なぎさ容疑者を逮捕しました。

今回は、この栗原容疑者の顔画像などについて迫ってみたいと思います。

母親も逮捕

YOMIURI ONLINEほか、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

千葉県野田市の小学4年栗原心愛みあさん(10)が1月に自宅で死亡し、父親の栗原勇一郎容疑者(41)が傷害容疑で逮捕された事件で、県警は4日、母親の栗原なぎさ容疑者(31)を傷害の疑いで逮捕した。捜査関係者への取材で分かった。

なぎさ容疑者は県警の任意の調べに対し、事件当日は自宅におり、勇一郎容疑者が心愛さんに暴行を加えているのを知っていたと話したという。県警は、暴行を把握しながら止めなかったことで共犯関係が成立するとして、逮捕に踏み切った。

スポンサーリンク

 捜査関係者によると、なぎさ容疑者は勇一郎容疑者とともに、1月24日午前10時頃から午後11時20分頃までの間、自宅で長女の心愛さんに服の上からシャワーで冷水を浴びせたり、首付近をわしづかみにしたりするなどして、けがを負わせた疑い。

 24日深夜、勇一郎容疑者の通報で駆けつけた救急隊員が、浴室で倒れている心愛さんを見つけたが、既に死亡していた。勇一郎容疑者は25日に逮捕された。なぎさ容疑者が直接、心愛さんに暴行を加えた形跡はないものの、県警は、勇一郎容疑者を制止しなかった責任は重いと判断した。

 心愛さんは2017年8月、沖縄県糸満市から野田市に転居した。同年11月の学校のアンケートで勇一郎容疑者からの虐待を訴え、千葉県柏児童相談所に一時保護された。保護は同年12月に解除され、心愛さんは親族宅を経て18年3月、自宅に戻った。

 アンケートを巡っては、野田市教育委員会が18年1月、コピーを勇一郎容疑者に渡したことが問題視されている。

出典:YOMIURI ONLINE

スポンサーリンク

栗原なぎさ容疑者について

こちらが、逮捕された栗原なぎさ容疑者のプロフィールです。

名前:栗原なぎさ

年齢:31歳

職業:不明

在住:千葉県野田市山崎

出身:沖縄県糸満市

栗原なぎさ容疑者は、父親の栗原勇一郎容疑者が殺害したとされる栗原心愛さんが自宅で勇一郎容疑者から暴行を受け死亡した1月24日、自宅にいたということで、共謀に当たると判断され逮捕された母親の人物です。

ちなみに、こちらが栗原なぎさ容疑者の顔画像です。

出典:JNN

心愛さんの入学式の様子なのでしょうか?

なぎさ容疑者が心愛さんの手を手を取り、歩いている姿もカメラに残されております。

スポンサーリンク

栗原勇一郎容疑者について

こちらが、逮捕された栗原勇一郎容疑者のプロフィールです。

出典:JNN

名前:栗原勇一郎(くりはら ゆういちろう)

年齢:41歳

職業:会社員(※自称)

在住:千葉県野田市山崎

栗原容疑者は、24日午前10時~午後11時20分ごろまでの間、自宅で心愛さんの頭髪を引っ張って冷水を掛けたほか、首付近を両手でわしづかみにするなどし、擦過傷を負わせた疑いで逮捕された人物です。


スポンサーリンク

度々あった暴力と転校の関係

そんな栗原容疑者夫妻ですが、千葉県野田市の住む前は、なぎさ容疑者の地元である沖縄県糸満市に一家で住んでいたのだといいます。

2017年8月まで糸満市に在住していたのだそうですが、一家が千葉県野田市に転居する際に、糸満市は野田市に対して、栗原勇一郎容疑者がなぎさ容疑者に支配的であるとした上で、「外出や携帯電話のチェックをしている」などとしてDVが疑われるとの情報を提供していたのだそうです。

そうしたことがあったにも関わらず、野田市に移っても暴力がされてしまったといいます。

糸満市で栗原容疑者夫妻の近所に住んでいた人物の話によれば、

心愛さんが小さいときから母親はふさぎ込みがちだった。(勇一郎容疑者は)結婚前は優しかったのに、結婚後、急に様子が変わったことが原因だと聞いた

出典:iza

とのことです。

つまり、結婚を機にDV男へと変貌してしまった可能性が非常に高くなることでしょう。

そして、野田市に移っても暴力が激しくなったことで、亡くなっ心愛さんは「お父さんに暴力を受けている」というアンケートを残した際には、父親の勇一郎容疑者がアンケートを見せるように詰め寄り、同行したなぎさ容疑者のみアンケート内容を認めたのだといいます。

そして転校せざるを得なくなった心愛さんは、到底子供の足ではとても歩いて通えない距離の小学校まで通うこととなり、そこまでなぎさ容疑者が車で送り迎えをしていたといいます。

スポンサーリンク

インフルの仮病を使ってまで虐待

テレビ朝日のテレ朝ニュースなどによれば、栗原勇一郎容疑者は、仮病を使ってまで心愛さんに虐待をしなければならなかったのだといいます。

会社員の栗原勇一郎容疑者(41)は先月24日、長女の心愛さんに冷水のシャワーを掛けるなどしてけがをさせた疑いが持たれています。心愛さんは浴室で死亡していました。その後の捜査関係者への取材で、栗原容疑者は先月21日に「インフルエンザだ」と言って職場を早退し、事件前日の23日には「今週いっぱい休みます」と職場に連絡していたことが分かりました。取り調べに対し、栗原容疑者は事件当日に「午前10時ごろから娘を立たせたりしていた」と話しています。警察は栗原容疑者が長時間、自宅にいたことで虐待がエスカレートした疑いもあるとみて調べています。

出典:ANN

すなわち、インフルエンザだとわざわざ嘘をついてまで、心愛さんを虐待しようとするのはよっぽど虐待をしたかったのでしょうし、サイコパスであると言っても過言ではないでしょう。

一緒にいることで、自分の苛立ちがさらにエスカレートしていくことと思いますし、そうした感情を持つようにするためにあえて仮病を使ったということも考えられます。

スポンサーリンク

親として

自分が親になった時に、真っ先に思い出すのが自分の両親からは一体どのように教育や育てられ方をしたのかということです。

幼ながらに覚えていることもあれば、すっかり忘れていることもあるかもしれませんが、子供は潜在意識的に自分の親の言葉を記憶しておりますし、愛情を持って育てられたかどうかなどは肌を持って感じることがあるはずです。

そうして親に立派に育ててもらった自分の体で、自分の子供に虐待をするというのはあまりにも不憫でなりませんし、傲慢な考え方であるとみて間違いないでしょう。

いずれにしても、母親のなぎさ容疑者の逮捕であるだけに、一層の波紋が広がりそうな一件です。

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

 

栗原勇一郎容疑者の顔画像を特定!栗原心愛さんは過去に虐待で保護されていた!
出典:FNN 千葉県野田市山崎のマンションから24日午後11時すぎ、「娘と風呂場でもみ合いになった」と110番通報があったという事件で、警察は栗原勇一郎(くりはら ゆういちろう)容疑者を逮捕しました。 今回は、この栗...