山咲トオルの現在が衝撃的!消えた理由や天王洲アイルの自宅のカミングアウトについても

芸能NEWS

出典:https://www.ohtapro.co.jp/talent/yamazakitoru.html

現在は珍しくなくなったトランスジェンダーの芸能人。その先駆けとなりいわゆる”オネエブーム”の火付け役として活躍した山咲トオルさんですが、現在はその姿を見かけることは滅多になくなりました。

そのため一部では芸能界を干されたとも噂されています。

この記事では山咲トオルさんの経歴、芸能界から姿を消した真相、そして現在についてまとめましたのでご紹介します。

プロフィール

 

「山咲 トオル」の画像検索結果

出典:https://www.daily.co.jp/newsflash/gossip/2016/03/26/0008930258.shtml?pg=2

芸名:山咲トオル(やまざき とおる)

本名:中沢惣八郎(なかざわ そうはちろう)

生年月日:1969年8月23日

出生地:東京都港区

身長:170cm

体重:57kg

職業:漫画家、タレント

ジャンル:ホラー漫画

事務所:太田プロダクション

東京都港区で生まれ沖縄県で育った山咲トオルさん。学生の頃から端正なルックスをしていたため人気者だったようです。さらにオーディションを受けるなどアイドルを志していました。

出典:http://s3if1.storage.gree.jp/

高校卒業すると漫画家・楳図かずおさんに影響を受け漫画家を志望するようになります。そして1994年、ホラー漫画家としてデビューします。

その後ラジオ番組「青春‼タコ少女」に出演すると次第にタレントとしての活動へ重きを置いていき1999年には歌手としてもデビューします。

スポンサーリンク

カミングアウト

山咲さんはラジオ番組が終了すると本格的にテレビのバラエティ番組へ進出します。

番組の中では”女性が好き”であるとスタッフの指示を受け公言していましたがその後”男性が好き”であると同性愛者をカミングアウトしました。

その後はオネエタレントととしてブレイクし「トオルちゃん」の愛称で親しまれました。


スポンサーリンク

生意気だった?

出典:http://s1.dmcdn.net/

ブレイクして以降は段々と姿を見なくなっていった山咲トオルさん。

2016年に出演したバラエティ番組「ヨソで言わんとい亭」でテレビから”消えた”理由について「生意気だった」とご自身で振り返っています。

飛ぶ鳥を落とす勢いで売れっ子タレントとなったが、芸能生活も3年目に入ったあたりから「オネエキャラだから何か面白いことを言うのは当たり前」という前提で番組に呼ばれることに悩むようになった。そしてあるとき、ひな壇トークが展開されている中で、山咲が発言したあとシーンとなって流れを止めてしまったことがあり、「あそこらへんから、ちょっと葛藤が…私はヤバい、と」。

また、新たなオネエタレントたちが現れるようになり、毒舌を吐くわけでもない山咲は前へ前へとは行けず、「ただテレビの画面でチラッと映ってニコって笑ってるだけの自分が、つらい、というか(スタッフやプロダクションに)迷惑をかけてるな」と感じてしまい、マネージャーに相談。そこから丸3年、自らの意思でタレント活動を休業したという。

そうした経緯でテレビから“消えた”わけだが、3年間も休んでいると貯金残高がみるみる減り、マネージャーに「お金がなくなってる。お仕事ください」と言ったものの時すでに遅し。テレビの世界は「すでに(オネエタレントが)満席になるくらい…」の状況で、入る余地がなくなってしまったそうだ。

山咲は一連の過去について「生意気なことを言っていたんだなって、今、46歳になったら思う」と振り返った。

出典:ナリナリドットコム

押しが弱いため事務所に迷惑かけたくないという意味合いで3年間芸能活動を自主休止していた山咲さん。

しかし3年後、芸能活動に復帰しようとした時には山咲さんの戻る場所はなくなっていました。

スポンサーリンク

どん底時代

168出典:http://www.netanetacatch.com/

同2016年に出演した「しくじり先生 俺みたいになるな!!!3時間SP」ではテレビに引っ張りだこだった日々から貯金を全て使い切ってしまったどん底の時代についてすべてを語っていました。

ホラー漫画家として活躍しながら、“オネエタレント”の先駆けとしてブレークした山咲は、’01年頃はバラエティーに引っ張りだこだったという。最盛期の年間テレビ出演本数は255本で、最高貯金額は6500万円だったと告白。

しかし、現在は漫画の連載もなく、テレビ業界からも干されてしまった山咲。’15年の民放キー局のテレビ番組出演はわずか3本、現在の貯金額は48万円とほぼ底を尽きかけていると明かす。

山咲は、この原因について“自意識過剰なめんどくさい性格”にあると分析。アイドル歌手志望だった山咲がホラー漫画家としてデビューし、さらにバラエティーで活躍するようになった経緯をたどり、自意識過剰な性格故に多くのNG条件を突き付けてきた過去を語る。

出典:マイナビニュース


スポンサーリンク

また同番組内では山咲さんの面倒くささを山咲さんのマネージャーや姉の中沢初絵さんが証明していました。

山咲トオルをよく知る人が解説。マネージャーの千葉浩行さんは「温泉番組とか出ると、肌を出すのはイヤだ、などとすごくこだわるので本当にめんどくさい」、山咲トオルの姉の中沢初絵は「前に、パチンコ屋さんがいろいろ機種を出したとき、弟に話がきた。チャンスよ、と話をしたら、イメージが壊れるから、と言われた」「飲んで喧嘩になったとき、口で言っても聞かないし、嘘をつく。だんだんイライラしてきて殴ると、”お巡りさん呼んでくる”と言い出し、2回呼ばれた」と話した。

出典:TVでた蔵

その他、大御所芸人である明石家さんまさんの冠番組「踊る!さんま御殿」への出演を断ったこともあったようです。

その理由は「私には私のプランがありますので」と答えた。でも結局は出演した。その結果3か月先までスケジュールが真っ黒になった。その当時は「バラエティなんてナヨナヨしながら話してれば大丈夫」とナメた考えを持っていた。そんなある日「あれ?私スベってます?」と感じるようになった。2007年にIKKO、はるな愛が現れる。一緒に出演するも日の当たらない日々、めんどくさい私は芸能界を休業するという方法をとってしまう。人気商売なのに努力をせずに仕事から逃げ出してしまった。

出典:TVでた蔵

スポンサーリンク

現在の活動

出典:http://is2.storage.gree.jp/

現在山咲トオルさんは沖縄県に活動の拠点を移しています。沖縄ではローカルテレビ番組やラジオのレギュラーを持つまでになりました。

その他千葉テレビでも姉の中沢初絵さんと共に番組に出演しています。

 

現在の様子を告白?

日刊ゲンダイデジタルによれば、山咲トオルさんは現在、以下のような暮らしをしているとのことです。

「お声がかかったら、いつでもすぐに昔の姿で対応できるように、と心掛けています。といっても、お顔は850円の乳液だけ。48キロの体重と体形は18歳から維持していますけど、運動らしいことはしていません。住んでいる12階まで上るのに階段を使っているのがいいのかも」

天王洲アイルの2DKのUR賃貸に、月15万円超を払い一人暮らしだ。

「食事は、近所の居酒屋『和民』に通い、腹六分目、温野菜を意識して取っているのも太らない理由かしら。人に見られる? どこ吹く風ね。時間がある時は、中学のクラスメートのやっている飲食店を手伝って、お客さまに驚かれることもありますよ」

出典:日刊ゲンダイデジタル

芸能界の華々しい生活を送ってきており、酸いも甘いも知っている山咲トオルさんは2DKの賃貸に家賃15万円ほどと、とても芸能人とは思えない、質素な暮らしをしているのではないかと思われます。

スポンサーリンク

まとめ

ここまでオネエタレントの礎を築いた山咲トオルさんについてまとめてきました。

山咲さん自身オネエタレントとしてブレイクしましたが、次第に番組へ注文が多くなりそれと同時に他のオネエタレントの台頭によって芸能活動を自粛しました。しかし復帰してみると自分の居場所がなく結果テレビから”消えて”しまったようです。

現在、マツコ・デラックスさんやIKKOさんのように前に出るオネエタレントが多いので逆に山咲さんのようなおしとやかなオネエタレントが受けるのではないかと思われます。

今後山咲トオルさんの再ブレイクに期待します。

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

 

[getpost id=”23955″]

コメント

テキストのコピーはできません。