出典:YouTube

スポンサーリンク

 

私立松山聖陵高で、春の選抜高校野球大会に出場する野球部の男性監督が部員の頭を小突く体罰らしき映像がYouTube上に公開され、大きな話題となっています。

今回は、この体罰をしたとされる松山聖陵高校の荷川取秀明(にかどり ひであき)監督や動画などについて迫ってみたいと思います。

体罰動画がYouTubeに

サンケイスポーツほか、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

私立松山聖陵高(松山市)は28日、春の選抜高校野球大会に出場する野球部の男性監督(37)が部員の頭を小突く映像が動画投稿サイト「ユーチューブ」で公開されていると明らかにした。監督は同校の調査に「厳しい指導を反省する。今後は説諭する指導をしたい」と話したという。

同校によると、動画は昨年9月ごろ、松山市内の野球部宿舎で撮影されたとみられ、監督が1年生部員の顔をつかみ、頭を壁にぶつける様子が写っている。生活態度について注意していたとみられる。春の大会出場が決まった25日の夜、ツイッターに投稿された。

スポンサーリンク

同校は26日午前、動画を確認し、監督に聞き取り調査した。動画の削除依頼や投稿者の特定はせず、動画に写っていた部員への聞き取りもしない方針。県高野連には28日、報告した。

渡部正治校長は「暴力ではなく、指導の一環だ。ルール違反を繰り返す生徒への最も厳しい指導と捉えており、処分は高野連の判断に委ねる」と話しており、監督は野球部の指導を続けるという。

出典:サンケイスポーツ

スポンサーリンク

問題の動画とは?

では、問題のあった体罰動画は一体どのようなものなのでしょうか?

こちらが、その動画であります。

こちらの動画でが、監督らしき人物が、階段の中段あたりにいる生徒に対して頭を小突くような仕草を2回ほどしていることが伺えます。

スポンサーリンク

監督は誰?

では、監督は一体どのような人物だったというのでしょうか?

松山聖陵の野球部の監督であるということで、その監督は荷川取秀明(にかどりひであき)監督というのだそうです。

そして、こちらがその荷川取秀明監督のプロフィールです。

出典:沖縄タイムス

名前:荷川取 秀明(にかどり ひであき)

年齢:37歳

職業:監督/保健体育教員

所属:松山聖陵高校 野球部

学歴:沖縄尚学→筑波大学

出身:沖縄県

荷川取監督は、沖縄の甲子園名門校である沖縄尚学において「1番・サード」として1999年センバツに出場しており、好左腕として当時から有名であった現在の沖縄尚学監督の比嘉公也投手らとともに全国制覇を経験している人物としても知られています。

沖縄尚学を卒業したのち、筑波大卒業へ進学をした荷川取監督はそこで高校の教員免許を取得すると、2004年から愛媛県の松山聖陵高校の野球部監督に就任をし、選手たちと共に寮生活を送りながら「甲子園に行って、自分と同じ思いをさせてやりたい」とチームを鍛えてきた人物でもあります。

知人の紹介で松山聖陵へと赴任をしたという荷川取監督ですが、就任直後に一度退任をしているそうです。

しかしながら、副部長や部長を経て2010年から監督として再度指揮を執っており、学校では保健体育を指導する教員としての一面もあるのだと言います。

スポンサーリンク

本当に体罰なのか?

この体罰動画はおそらく松山聖陵の生徒と監督が一緒に生活をする寮で撮影されたものであると考えられますが、本当に体罰であったのでしょうか?

この松山聖陵の動画が出回るほんの2週間前の2019年1月18日前後には、東京都立町田総合高等学校において教師の暴力動画が拡散され大きな話題となりました。

しかしながら、この拡散された動画は切り取られたもので、ノーカット版では生徒側が教師を挑発し「Twitterで炎上させようぜ」と煽っていたことも明らかとなり、さらに波紋が広がったのです。

こうしたことを加味すれば、この体罰の動画も実はもっと長いノーカット版があり、そこで生徒が監督を挑発したような仕草があったからこそ、小突くような動作をしてしまったのではないかとも考えられるのです。

SNSやスマホが急速に発達した現代社会においては、誰しもがカメラマンになれますし、誰しもがメディアになることが出来るのです。

そのため、こうした動画も先生や監督を悪くでっちあげようと思えば、可能でありますし、現に町田総合高等学校でも発生しておりますから、生徒の悪巧みである可能性も十分に考えられるのです。

スポンサーリンク

それでも暴力は許されない

そんな暴力行為も容認できるような状況であった町田総合高校の事件を受けて、暴力は絶対にNGだとするタレントの武井壮さんは以下のような意見を述べています。

その上で「オレは教師も生徒も上司も部下も、指導者も選手も全員暴力はNOだと常々言っている、今回も変わりはない。先生を責めてる訳で無く、先生の拳も生徒の暴言もそのほかの人を傷付ける行為全てを含めてだ」と改めて主張。「無責任かも知れないけれど、理想的な誰もが笑顔と希望で溢れた学校を作る為に、僕はいつまでも暴力は反対だと言い続けます」と暴力反対の姿勢を貫いた。

「このツイートを打ちながら涙を何度も流しました。自分がもし希望を持って教壇に立ち、心無い生徒に全てを壊されたらと想像して」と武井。

それでも「どんな暴力的な言葉を浴びせられても折れません それは全教員の皆さんのため、全生徒たちのため、そしてこの国の未来のために、そして自分が学校、日本の教育から頂いた自分の人生を変えてくれた大きな財産への感謝のためにです」と声を大にし「オレが芸能界に来たのは、力の無かった自分がそんな夢みたいな事を叫んでひとりでも動かせたら、ひとりでも前に進ませられたら、ひとりでも救えたらと思ったからです。知名度を持った人間がするべき事をしたいと思います。だから、これからも全力で暴力のない世界をと叫びたいと思います」と決意を記した。

出典:サンケイスポーツ

スポンサーリンク

たとえ、生徒側に仕組まれたとしても、挑発されたとしても暴力を振るっていいなどという法律やしきたりはどこにもなく、決して許されるものではありません。

暴力や体罰をもって指導をするというのは、自分の指導力のなさをアピールしていることになり、そうした言葉ではなく力でのみしか支配や教育を出来ないということを自ら発しているのと一緒なのです。

今回の松山聖陵の件も、もしかすれば生徒が先生に舐めた態度をとったことも考えられますし、失礼な発言をしたために、こうしたことに発展したのかもしれませんが、どのような経緯があったとしても手を出すということは負けであり、教育者として失格であります。

兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で2019年3月23日に開幕する第91回選抜高校野球大会に出場が決定している松山聖陵高校ですが、監督は野球部の指導を続けるという決断に至っているということで、学校側によれば処分は検討しておりません。

しかしながら、この程度だから大丈夫などという考えがもしあるのであれば、これからエスカレートしてくことは間違いなく、日常的に暴力が振るわれるという可能性も十分に考えられるでしょう。

何れにしても、選抜出場校に起こった体罰問題であるだけに、一層の波紋が広がりそうな一件です。

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

 

おすすめの記事