中村精寛(あきひろ)被告が懲役16年の理由がヤバい!「はい終わり」発言の真相も

あおり運転

出典:Twitter

 

大阪府堺市で昨年7月、あおり運転で車をバイクに追突させ、男子大学生を死亡させたとして殺人罪に問われた無職中村精寛(あきひろ)被告の裁判員裁判が行われ、懲役16年が確定しました。

今回は、なぜこの事件の判決が16年なのかということについて迫ってみたいと思います。

懲役16年が確定

共同通信ほか、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

スポンサーリンク

堺市で昨年7月、乗用車であおり運転した後に追突し、バイクの大学4年高田拓海さん=当時(22)、堺市=を死亡させたとして、殺人罪に問われた中村精寛被告(40)の裁判員裁判の判決で、大阪地裁堺支部は25日、懲役16年(求刑懲役18年)を言い渡した。

 起訴状などによると、昨年7月2日午後7時半ごろ、堺市南区の府道で車を運転中、バイクに追い抜かれて腹を立て、約1分間、追跡し追突。高田さんに脳挫傷などのけがをさせ、殺害したとしている。

出典:共同通信

スポンサーリンク

中村精寛被告について

こちらが逮捕された、中村容疑者のプロフィールです。

名前:中村 精寛(なかむら あきひろ)

年齢:40歳

職業:警備員

住所:大阪府堺市南区

中村被告は、堺市南区で2018年7月2日夜、乗用車に追突されたバイクの男性が死亡する事故があり、あおり運転で事故を引き起こしたとして逮捕・起訴された人物です。

この事故では、堺市西区の大学4年高田拓海さんが亡くなっているのですが、高田さんが死ぬかもしれないと認識しながら時速96~97km/hで追突し、殺害したとされる最悪の人物です。

また、この事故に関しての原因は飲酒をしての事故だったということで、飲酒による煽り運転で高田さんを殺害させたとされています。

スポンサーリンク

最悪の主張

そんな中村容疑者ですが、裁判中に以下のような最悪の主張を展開していたそうです。

「仕事で4トントラックを運転する。急ブレーキをかけると荷崩れするので、かける習慣がなかった。だから事故の時もかけなかった」

「スピード違反をごまかしたいと、60から70kmと言った」

「当時の記憶ではハイビームはしてないと思っていた」

 

これは明らかにドライブレコーダーの証拠動画が提出されたために、意見を二転三転している最悪の主張であり、決してあってはいけないことであります。

問題のドライブレコーダーには、中村被告の車が時速およそ100km/hで走行し、一気に車間距離を詰めた後、ブレーキをかけた2秒後、真後ろからバイクにぶつかる様子が映し出されております。

その後、その弾みでバイクは転倒しており、ガードロープの支柱に激突した際に、中村被告は運転席で「ハイ、これで終わりや」などと発言した様子がドライブレコーダーに残されているのです。

この主張に対して中村被告は「これで自分の仕事や人生が終わった」という意味の釈明をしているのですが、これは亡くなられた高田さんに対してのコメントで、自身の仕事や人生についてでは無いとされています。


スポンサーリンク

なぜ懲役16年なのか?

では、稀に見る殺人運転として大きな波紋が広がっているこん事件の判決が、なぜ懲役16年なのでしょうか?

中村被告が問われている、自動車運転処罰法違反というのは基本的に人身事故にしから適用されず、過失運転致死罪と危険運転致死罪の2つが存在しております。

無免許やアルコールによる飲酒運転で加重される加重類型の刑罰でもあります。

危険運転致死罪が適用されれば、その有期懲役刑の限度は20年でありますから、死亡事故を起こすと、最低1年、最長で20年間の懲役刑が科される他、飲酒運転など、他の罪と併合加重された場合、最高で30年の懲役刑を言い渡される可能性があるのです。

今回の場合、あおり運転であるにも関わらず、殺人罪が適用された異例中の異例でありますから、懲役16年は妥当であると考えられます。

初犯の殺人罪の場合、懲役刑は10年以上が妥当であると考えられ、情状酌量の余地が認められませんから、求刑は懲役18年でありました。

今回の場合、飲酒運転による危険運転致死で加重するような求刑の仕方をすれば、懲役刑は20年以上を超えたのでは無いかと考えられます。

スポンサーリンク

あおり運転で殺人罪の適用

今回、もっと懲役刑が長くなってもおかしくは無いと考えられますし、あおり運転でもあり殺人事件でもありますから、無期懲役などの刑が妥当なのかなと考えられます。

ですが、これまで危険運転やあおり運転による死亡事故の判例が少なく、殺人事件と判断されたのは異例中の異例でありますので、どの量刑が妥当なのかを判断するのは難しいと考えられます。

殺意ついては大阪地裁が”ある”と殺意を認めておりますので、運転中による殺人事件である側面も持っています。

殺人罪の適用が極めて異例となっていますのが、こうしたあおり運転を撲滅するためにも、今回の適応は抑止力になることも含めて止むを得ないと思われます。

しかしながら、現在40歳である中村被告が16年後の56歳の時には、出所できるということで、そう考えれば日本の法律や司法はとても犯罪に甘く、そして同時に恐ろしいと感じざるを得ません。

スポンサーリンク

1人の命を奪ったのに

今回、亡くなった高田拓海さんはこの中村被告という非人道的な人物によって殺害されてしまったわけですが、高田さんをしる近隣住民の話によれば、以下のようなことがあるのだそうです。

「拓海君は3人きょうだいの長男で、6歳ぐらいの時に両親が離婚し、女手ひとつで育てられ、お母さんには感謝しとった。家事から弟や妹の面倒までよう見とったわ。野球がうまくて高校では甲子園を目指しとったけど、肩を壊して断念し、マネジャーとしてチームを支えてた。息子が大好きなバイク関係の仕事に決まったいうて、お母さんも喜んどったのに。拓海君はお母さんが働いている介護施設でバイトしてて、2人が一緒になることもあったみたい。ホンマ、仲のいい親子やった」

出典:日刊ゲンダイ

これから社会に出て親孝行をしていこうと考えていたと思われますが、中村被告によって命を奪われてしまいました。

何も罪のない人物を、自分勝手な走行とイキリたいという思いだけで、殺害してしまうのはあまりにも被害者が不憫ですし、気の毒でなりません。

たった一つの大切な命を奪ったのに、加害者が16年という月日で出所できてしまうのは、あまりにも酷いと言えるのではないでしょうか?

いずれにしても、懲役16年という判決に多くの波紋が広がりそうな一件です。


スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

 

石橋和歩彼女写真の情報がこちら!パトカーにも煽り運転で「殴るために生きている」と発言
出典:JNN 神奈川県の東名高速であおり運転により停車させられた車がトラックに追突され夫婦が死亡した事故で、石橋和歩(いしばし かずほ)被告に対する裁判員裁判の第5回公判が7日行われました。

 

中村精寛(なかむらあきひろ)容疑者の顔画像を特定!犯行動機と現場などについても
出典:日テレニュース 堺市南区で2日夜、乗用車に追突されたバイクの男性が死亡する事故があり、自動車運転処罰法違反容疑で現行犯逮捕された乗用車の運転手があおり運転で事故を引き起こしたとして、大阪府警が殺人と道交法違反(ひき逃...

コメント

テキストのコピーはできません。