出典:NNN

スポンサーリンク

 

11日午前5時半ごろ、東京都渋谷区初台の住宅に強盗が入り、現金数千万円と宝石などを奪って逃走するという事件が発生しました。

今回は、この初台の強盗事件の犯人などについて迫ってみたいと思います。

初台で強盗事件発生

NHK NEWS WEB他、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

スポンサーリンク

11日未明、東京 渋谷区の住宅に覆面をした男3人が押し入り、高齢の夫婦を縛ったうえ、現金や宝飾品などを奪って逃走しました。被害額は数千万円に上るとみられ、警視庁は強盗傷害事件として捜査しています。

警視庁によりますと、11日午前2時半ごろ、東京 渋谷区初台の住宅に覆面をした男3人が押し入ったということです。

この家に住む90代の男性と80代の妻を縛ったうえ、現金や宝飾品などを奪って逃げたということです。

およそ3時間後に男性が自力で逃げ出し、近所の人に助けを求めて通報したということで、警視庁によりますと、被害額は数千万円に上るとみられるということです。

夫婦はいずれも軽いけがをしているということです。

現場は京王線の初台駅からおよそ300m離れた住宅街で、商店街や幹線道路が近くにあり、人通りも多い地域です。

警視庁は強盗傷害事件として逃げた男らの行方を捜査しています。

出典:NHK NEWS WEB

スポンサーリンク

現場は?

では、事件が発生した現場は一体どこなのでしょうか?

報道機関の発表によれば、場所は渋谷区初台であり、京王線初台駅の南東およそ300m付近であるということです。

そして、初台の地図がこちらです。

初台とは、山手通りや甲州街道に挟まれた場所であり、新宿からは甲州街道で徒歩およそ20分ほどで到着することができる他、京王新線に乗車すれば、一駅で着くことができる場所であります。

東京オペラシティや新国立劇場など多くの芸術施設が立ち並んでいる他、NTT東日本の本社やロッテの本社があるなど、ビジネス街としても名高い場所であります。

道を一本入れば住宅街も多く、地域密着型の商店街などを通じて安全・安心なまちづくりを目指している自治体でもあります。

また、近所の住民の話によれば「朝5時台に男の人の声がして外を見てみたら警察が来ていてびっくりしました。ふだんは住民くらいしか通らず静かな場所です。夫婦とはあいさつくらいしかしたことはありませんが、優しそうな方でした」 とのことですので、非常に暮らしやす街であることには変わりありません。

スポンサーリンク

犯人について

では、犯人は一体どのような人物だったのでしょうか?

報道機関の発表によれば、3人はいずれも覆面をつけ、日本語を話していたということで、日本人による犯行なのではないかと推測されます。

また、この事件が発生する数日前には、被害者宅に振り込め詐欺の電話がかかってきたということで、詐欺グループによる強行犯である可能性も十分に考えられるでしょう。

現在のところ、犯人については顔画像や名前などの情報は公開されておらず、また、特定するにも至っておりませんので、こちらに関しては詳しい情報が入り次第、随時お伝えしていこうと思います。

スポンサーリンク

逃走経路と現在の居場所について

犯人は3人組ということもあり、おそらくですが逃走には車を使用した可能性が十分に高いと考えられます。

現場から少し車を走らせれば、甲州街道と山手通りという大きな道路にぶつかりますので、そこを左折して中野方面に逃げた可能性もありますし、あるいは右折して目黒方面への逃走も考えられます。

また、甲州街道を新宿駅方面に直進をして四谷方面へと車を走らせ、新宿通りから外堀通りへと左折し、市ヶ谷方面へ逃げた場合や、逆側に向かって世田谷や調布の方まで足を運び、姿をくらましたのではないかとも推測されます。

現場付近に防犯カメラなどが設置されている場合には、そのカメラから逃走車両を割り出すことが出来れば、犯人特定にも繋がると思いますが、こうした強盗犯の場合には逃走車両をいくつも用意しており、盗難車である可能性やどこか途中で乗り捨てている場合もありますので、早めに動かなければ捜査は軟膏するでしょう。

いずれにして静かな住宅地で発生した事件でありますので、一層の波紋が広がりそうな一件です。

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

 

おすすめの記事