ヤレる女子大学生ランキングとは?実践女子が1位の理由と記事全文がこちら

出典:Trend Journal

スポンサーリンク

 

性交渉をしやすい大学をランキング化した「ヤレる女子大ランキング」というランキングを扶桑社の週刊SPA!」が発表し、多くの波紋が広がっています。

今回は、この「ヤレる女子大ランキング」の学校やランキングの真相について迫ってみたいと思います。

ヤレる女子大生ランキングで謝罪

朝日新聞デジタルほか、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

スポンサーリンク

扶桑社が発行する「週刊SPA!」編集部は7日、昨年12月18日発売号の特集記事について、「読者に訴求したいがために扇情的な表現を行ってしまったこと、読者の皆さまの気分を害する可能性のある特集になってしまったことはお詫(わ)びしたい」などとするコメントを出した。朝日新聞の取材に対する回答。

この特集記事では、インターネットマッチングサービス運営者の見解として「ヤレる女子大学生ランキング」と題して首都圏5大学の実名などを掲載。これに対し、ネット上で「女性軽視だ」と批判の声があがっていた。ネット上の署名サイトでは4日に「女性を軽視した出版を取り下げて謝って下さい」と呼びかけがあり、7日までに2万5千人超の賛同が集まっていた。

呼びかけを始めた大学生でボランティア団体代表の山本和奈さん(21)は朝日新聞の取材に、「ツイッターで記事の画像を見て、『ヤレる』といった表現に加えて大学名の記名は衝撃でした。署名はここまで広がるとは思っておらずびっくりしました」と答えた。

「週刊SPA!」は「ヤレる『ギャラ飲み』」の特集を掲載。「ギャラ飲み」とは、男性が女性にお金を払って食事を共にする飲み会で、アプリなどを介してマッチングすることが多い。12月18日発売号の特集に対する批判について、「週刊SPA!」編集部が出したコメントは以下の通り。

本特集は「ギャラ飲み」という社会現象について特集したものです。ギャラ飲みの現場で何がおき、どういったやりとりが行われているのかを一般大衆誌の視点で報じております。その取材の過程で、ギャラ飲みの参加者に女子大生が多いということから、ギャラ飲みのマッチングアプリを手掛けている方にも取材を行い、その結果をランキングという形で掲載したものです。そのなかで「より親密になれる」「親密になりやすい」と表記すべき点を読者に訴求したいがために扇情的な表現を行ってしまったこと、運営者の体感に基づくデータを実名でランキング化したこと、購読してくださった読者の皆様の気分を害する可能性のある特集になってしまったことはお詫(わ)びしたいと思います。また、セックスや性にまつわる議論については、多種多様なご意見を頂戴しながら、雑誌として我々にできることを行ってまいりたいと思っています。

出典:朝日新聞デジタル

スポンサーリンク

ヤレる女子大生ランキングとは?

では、ここで取りざたされている「ヤレる女子大生ランキング」とは一体どのようなものなのでしょうか?

問題のあった「週刊SPA!」では、18年12月25日号に、「ヤレる『ギャラ飲み』実況中継」と題した特集を組んだのですが、ギャラ飲み後に性交渉に発展しやすい大学を「ヤレる女子大学生ランキング」として紹介したのが大きな問題となっているのです。

ギャラ飲みとは、男性が女性の食事代を負担し、さらに小遣いも渡すという飲み会のことですが、このギャラ飲みの後にヤレるつまり、性交渉に発展しやすい大学をランキングしているのです。

その際の記事とランキングがこちら。

出典:Twitter

  • 1位:実践女子大学
  • 2位:大妻女子大学
  • 3位:フェリス女学院大学
  • 4位:法政大学
  • 5位:中央大学

そして、このランキングに関しての根拠ですが、SPAによれば以下のようなことが前提であるのだそうです。

キャンパスが渋谷にあって遊んでるコが多い実践女子大学
男ウケ良さを磨いている大妻女子大学
横浜方面に住んでいて終電が早いフェリス女子大学院
あたりはヤレる率が高いと見ていいでしょう。

大企業を狙えるか狙えないかの中間に位置するMARCHの中でも
特に法政大学は就活相談で仲良くなれるチャンスが多いですね。

中央大学はキャンパスが遠いので、「都内に出て遊んで帰る」
マインドのコをよく見かけます。

出典:週刊SPA

大方、偏見による推測でのランキンでしょうが、中には法政大学や中央大学などの関東の名門私立大学もランクインしているだけに、物議を醸しています。

また、大学のブランドなど関係なく、ヤレる女子大学生の服装の特徴などについても以下のように解説がされてあります。

・前髪重めのセミロング
・メイクは目力が弱く、リップも薄め
・バッグはハンドバッグより大きめなサイズ
・靴はハイヒール低め
・肩に透け感のあるレース素材の服
・一見清楚に見えるモノトーン系の服の子は打率が高い
・肩を露出しているオフショルダーの子
・ニット素材のタイトワンピースの子

出典:週刊SPA

こうした服装をしている女子大学生など、上記の大学以外にも多数存在していると思いますし、上記の大学にも真面目な学生もいれば、こうした学生もいる可能性もありますので、一概にヤレると括ってしまうのは女性全体を蔑視していると捉えられても致し方ありません。


スポンサーリンク

過去にもこのような記事が

過去にも日刊SPAにはこのような偏見に満ちた記事が掲載されております。

出典:Twitter

この記事にも前述した記事にもランクインしている「大妻女子大学」は、週刊SPA!からすればものすごい尻軽な大学であるという見解なのでしょう。

もっとも偏見に満ちたありもしない話であると思いますが、こうした記事を書くことによってその大学の名に傷がつくことを想定したりしないのでしょうか?

スポンサーリンク

女性ばかりではない?

今回、問題となっているのが「ヤレる女子大学生」のランキンでありますが、似たようなランキングで「抱かれたくない男ランキング」という極めて迷惑なランキングもこの世に存在しております。

「抱かれたくない男 2018」の画像検索結果

出典:週刊女性PRIME

これは、主婦と生活社が出版している週刊女性の人気企画でありますが、週刊SPA !のランキングとなんら変わらない男性蔑視のようなランキンであります。

しかしながら、このランキングが取りざたされることなどなく、上位にランクインしている芸能人に対して「キモい。見た目が無理」、「なんか不潔」「モノを食べるときにクチャクチャ音を立てるところがダメ」など、ボロクソに叩いている回答者からの意見を掲載している記事を発表しているのです。

女性2000人にアンケートを取った意見ですから、如実に女性の意見が現れていることとなりますが、ヤレる女子大生ランキングが取りざたされて、この男性蔑視とも捉えられる「抱かれたくない男ランキング」が世の中に必要とされる風潮自体おかしなことだと考えられます。

スポンサーリンク

1つの記事に踊ろらされすぎている?

こうしたランキング形式の記事というのは、厚生労働省が実施している国民生活基本調査のようにソース(情報源)がしっかりとしている訳ではありませんので、本気で捉えるようなこと自体が間違っている考えられます。

もちろん、SPAも週刊女性も行きすぎた表現であることは間違いありませんし、SPAは今回の件に関して謝罪をしているのですが、視聴者のリテラシーがしっかりとしていれば、ここまで炎上するほどの騒ぎもならなかったような気もします。

SPAの記事は元々ゴシップよりの記事が多いですし、話半分くらいに見るエンターテイメントとして捉えるくらいでないと、これからの生活が息苦しくなってしまうのではないでしょうか?

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

 

 

 
おすすめの記事