宮崎勤の生い立ちと一族末路まとめ!現在の家族(父親/母親/妹)の様子や事件の真相も

事件

出典:佐伯まおのブログ

スポンサーリンク

1988年、激動の昭和時代の終わりに一つの事件が世間を震撼させました。それが東京・埼玉を中心に宮崎勤元死刑囚が起こした「連続幼女誘拐殺人事件」。

その宮崎勤元死刑囚が引き起こした4つの殺人事件と逮捕に至った経緯をまとめました。

事件の真相

宮崎勤

希に見る凶悪事件

宮崎勤元死刑囚は4人の女児を誘拐し殺害しました。犯行は残忍なものでしたが注目すべきは犯行後、殺害した女児の遺骨を遺族に送りつけたり、新聞社に堂々と犯行声明を出したりおおよそ普通では考えられないまさに「常軌を逸している」人物でした。さらに死刑判決後も最期まで反省の弁を述べることもなく、死刑直前に残した最期の言葉は鑑賞していたDVDを気にする内容でした。

宮崎勤元死刑囚のプロフィールについて以下ご覧ください。

宮﨑 勤 (みやざき つとむ、1962年8月21日 – 2008年6月17日)は日本の元死刑囚。東京・埼玉連続幼女誘拐殺人事件 – 警察庁広域重要指定第117号事件 の容疑者として逮捕・起訴され、死刑判決が確定し、刑死した人物である。

出典:Wikipedia 

ではまず宮崎勤元死刑囚が引き起こした残忍な4つ事件について見てみましょう。

 

第1の犯行

宮崎勤

異常な小児性愛

宮崎勤元死刑囚が起こした「東京・埼玉連続幼女誘拐殺人事件」で注目されたのは子どもを性的な対象とする性格、通称“ロリコン”でした。特に宮崎勤元死刑囚は女児に対し異常な性愛を事件当初から見せていたようです。

一つ目の事件が起きたのは1988年8月22日午後3時頃。

埼玉県入間市に出現した宮崎勤元死刑囚は歩道橋上の当時4歳だったAちゃんに声をかけ車に乗せて誘拐します。その後午後6時ごろに五日市町(現・東京都あきる野市)の山林でAちゃんを絞殺しました。

殺害したのと同時刻、Aちゃんの母親がAちゃんの姿がないことに気づき警察へ通報します。警察は通報を受け身代金目的の誘拐という線を考慮しAちゃんの自宅で私服警官を待機させます。

しかし宮崎勤元死刑囚は身代金目的で犯行に及んだわけではないので電話をかけることはありませんでした。

翌日、一斉捜査の末何も手掛かりが発見されなかったことから埼玉県警は捜査班を設置、公開捜査へと舵を切りました。

宮崎勤死刑囚はAちゃんを殺害後にしばらく経ってから死後硬直をしている遺体に乱暴しており、その様子を動画に撮影していまいた。

一方宮崎勤元死刑囚は殺害したAちゃんの遺体を弄び、その様子を動画で撮影するなどの恐ろしい行動をしていました。

第2の犯行

宮崎勤

Aちゃんと同様の手口

宮崎勤元死刑囚はAちゃんを殺害したことで味をしめたのか、同じ手口を用いてBちゃんを誘拐、そして殺害しました。

犯行に及んだのは1988年10月3日午後3時頃。

宮崎勤元死刑囚はAちゃんを誘拐した入間市からほど近い埼玉県飯能市の路上でBちゃんを誘拐します。その後Aちゃん同様に五日市町の山林でBちゃんを絞殺しました。

ただし宮崎勤元死刑囚はBちゃんを殺害した直後に遺体に暴行を加えています。まだ足が痙攣し僅かながらに息があったことを宮崎勤元死刑囚は法廷上で証言しています。

Bちゃんの行方がわからなくなってBちゃんの父親が午後10時40分に警察に通報します。

Aちゃんが行方不明になってから1ヶ月あまり、警察は事件の関連性を疑いながらも身代金目的の誘拐である線も考慮しAちゃん同様被害者自宅に私服警官を待機させました。

しかし当然ながら宮崎勤元死刑囚から電話がくるはずもなくBちゃんも公開捜査へ回されます。

 

第3の犯行

宮崎勤

異常事態の認知

Aちゃん失踪から立て続けに2人の女児が行方不明になったことで警察は「幼女連続行方不明事案総合対策本部」を設置し本格的な捜査に乗り出しました。

そのきっかけとなった第3の事件は1988年12月9日に発生します。

同日午後4時半頃、宮崎勤元死刑囚は川越市でA、Bちゃんと同様に声をかけ車に乗せてCちゃんを誘拐します。

その後宮崎勤元死刑囚は名栗村(現・埼玉県飯能市)にある県立少年自然の家にCちゃんを連れて行くとCちゃんの服を脱がせ全裸にします。宮崎勤元死刑囚はCちゃんの全裸を撮影しようしましたが、Cちゃんが泣き止まなかったことでCちゃんを殺害します。その後遺体は山中に遺棄しました。

Cちゃんの母親はこの数時間前に警察へ通報しており、このことより警察は同様の体制を取りながらも「幼女連続行方不明事案総合対策本部」を設置しました。

そして12月13日、県立少年自然の家の職員がCちゃんの衣類を発見しその後の捜査で警察がCちゃんの遺体を発見しました。遺体が発見されたことによって埼玉県警は川越署、飯能署に「Cちゃん誘拐殺人事件合同捜査本部」を設置しています。

その頃Aちゃんの自宅の前に不審な段ボールが置かれていました。その中身は殺害されたAちゃんの遺骨と思われるものでした。

そのうえ朝日新聞東京本社宛てに「今田勇子」という人物から犯行を仄めかす声明文が送られてきました。同様のものがAちゃんの自宅にも送られています。

「今田勇子」と名乗った宮崎勤元死刑囚の声明文は以下の通りです。

今野まりちゃん宅へ、遺骨入り段ボールを置いたのは、この私です。
この、真理ちゃん一件に関しては、最初から最後まで私一人でしたことです。
私がこうして真実を述べるのには、理由があるからです。
まず、あの段ボールに入った骨は、明らかに真理ちゃんの骨です。
その証かしを立てます。
<中略>
あの骨は、本当に真理ちゃんなのですよ。

出典:怖い話

出典先では宮崎勤元死刑囚が不妊で子どもを作れない「今田勇子」という人物像を築き上げています。捜査をかく乱するつもりだったのでしょうか。

さらに宮崎勤元死刑囚はAちゃんの葬儀が挙げられたことを報道で知ると再び声明文を送りつけます。

御葬式をあげて下さるとのことで、本当に有難うございました。
御陰様で、私の子、共々、やっと「お墓」に葬ってやれることができました。
子宮等の事情で、子宝に恵まれない方々に対して偏見をもたらせてしまいまし
たことを深くお詫び致します。
<中略>
私はできることなら、神にさからってでも、あと15年は捕まりたくないと思っ
ています。これは私の願いごとなのです。
私は、神に斗いを挑まなくてはなりません。

出典:怖い話

宮崎勤元死刑囚はこうして普通の人では思いつかない内容の声明文を作り上げました。声明文内「15年は捕まりたくない」というのは当時殺人罪の公訴時効であった15年は逃げ切ってみせるという意思の表れだったのでしょうか。

そして宮崎勤元死刑囚はついに第4の事件を起こします。

 

第4の犯行

宮崎勤

再びの凶行

1989年6月6日、宮崎勤元死刑囚は4つ目の事件を起こします。埼玉県から場所を移し、東京都江東区東雲に当時住んでいた5歳のDちゃんを狙いに定めました。

宮崎勤元死刑囚はこれまでと同様にDちゃんに声をかけ車に乗せました。その直後、近くの駐車場で停車し車内でDちゃんを絞殺します。

その後自宅にDちゃんの遺体を運ぶと宮崎勤元死刑囚は遺体に乱暴を働きその様子をビデオで撮影します。遺体は8日、自宅でノコギリを使ってバラバラに切断し二日後に埼玉県飯能市の宮沢湖霊園、五日市町の山中に遺棄しました。

Dちゃんの母親はDちゃんが殺害された当日の夜警察に通報しています。埼玉県警はDちゃん誘拐と過去の事件の関連性を並行して捜査を始めました。

Dちゃんの遺体は11日、宮沢湖霊園の簡易トイレ裏から首と両手足が切断された胴体部分の遺体が発見されました。

両腕は見つかることはありませんでした。宮崎勤元死刑囚は「Dちゃんの両手は焼いて食べた」と法廷で証言していますがこれは精神の異常性をアピールするための虚偽の証言だとみられています。

連続して女児が被害に遭う事件に世間は震撼しました。警察は女児を執拗に狙う犯罪性に注目し、過去のわいせつ事件被疑者を総ざらいする地道な捜査を続けていました。

しかし事件の幕引きは意外なところで迎えます。1989年7月23日、宮崎勤元死刑囚は東京都八王子市内で幼い姉妹を狙っていたところ、姉が宮崎勤元死刑囚から逃亡を図り父親に助けを求めたことから宮崎勤元死刑囚は父親に取り押さえられました。

この父親は取り押さえた男が世間を震撼させている「東京・埼玉連続幼女誘拐殺人事件」の犯人だったことを後で知り驚愕したそうです。

 

宮崎勤という男

宮崎勤

特に異常な性格

小児性愛嗜好と猟奇的殺人という組み合わせの事件は過去度々起きています。しかし宮崎勤元死刑囚は起こした事件に対して罪悪感を覚えることなど一切なく、死刑執行の直前には「いいことができてよかった」と口にする異常性を見せています。

警察は逮捕後の捜査で宮崎勤元死刑囚の自宅から大量のビデオテープ、漫画、雑誌を押収しました。また裁判中も憮然とした態度を取り、ノートに何かを書き続けるなどの行為が見受けられました。しかし一連の物事からは宮崎勤元死刑囚が犯行に至った動機が判明することはありませんでした。

その後宮崎勤元死刑囚は死刑判決が言い渡され、東京拘置所内で2008年に刑が執行されました。

犯行声明や法廷での証言から精神の異常は間違いないと思われましたが、精神鑑定では「統合失調症の可能性はあるが人格障害の範囲に留まる」という結果が出ています。

この結果から宮崎勤元死刑囚には責任能力は充分だったとされています。

では宮崎勤元死刑囚はどのような人物だったのでしょうか。

 

経歴と家族構成

宮崎勤

裕福な家庭

世間の一般的なイメージでは犯罪者は貧しい家庭で育った経歴の人物であると思われがちですが、実際は凶悪殺人犯の多くは富裕層で育った人物が多いようです。

宮崎勤元死刑囚も家庭は父親が五日市町で新聞会社を経営、母親も働きに出るなど裕福な家庭で育ちました。

しかし両親ともに多忙だったため、宮崎勤元死刑囚の面倒を見ていたのは両親が雇った知的障害者の男性と祖父でした。

宮崎勤元死刑囚は祖父に懐いていたようで法廷でも「犯行に及んだのは祖父を復活させるため」と証言しています。

家族構成は祖父、祖母、父、母、2人の姉妹、2人の兄弟から成る9人家族でした。幼少期から内気で大人しい性格だった宮崎勤元死刑囚は祖父から可愛がられていたようです。

 

宮崎勤

両親の愛情の欠如

大所帯で育った宮崎勤元死刑囚、しかし誰からも愛情を注がれて育ててもらえなかったということはなかったようです。

しかし宮崎勤元死刑囚は生まれつき掌を上に向けられない「両側先天性橈尺骨癒合症」という病気を患っておりました。

この病気により宮崎勤元死刑囚は幼少期に苦労したようです。しかし両親は息子に身体障碍者のレッテルを貼らせるわけにはいかない、と手術を受けさせませんでした。宮崎勤元死刑囚は世間体を気にした両親を恨み続けていたのかもしれません。

宮崎勤元死刑囚の稀に見る異常性はこの経験が元になっている可能性があります。

 

小学校時代

宮崎勤

順風満帆

小学生の宮崎勤元死刑囚は成績優秀でアニメに出てくる怪獣に夢中になっていたようです。その怪獣知識はとても広いもので「怪獣博士」と呼ばれていました。

クラスの中では人気者というわけではありませんでしたが、小学生から一目置かれる知識を持っていたようです。

科目では英語、算数が得意だったらしく宮崎勤元死刑囚の母親はそのことを周囲に自慢をしていました。

順風満帆の小学生時代を過ごしてきた宮崎勤元死刑囚ですが、思春期を迎える頃からその異常性の片鱗を見せ始めます。

 

中学校時代

宮崎勤

負けず嫌い
負けず嫌いという人は多く存在しますが、宮崎勤元死刑囚の負けず嫌いという性格は普通とは異なっていたようです。

中学校に上がった宮崎勤元死刑囚は1、2年生時は陸上部、3年生時は将棋部に所属していました。

しかし将棋部に所属していた時、将棋で負けるとその相手を倒すために攻略本を読み漁りとにかく勝利することに固執していたようです。

また通信教育で空手を習っていた宮崎勤元死刑囚は、その空手の型を同級生相手に披露するなどしていたようで自分を誇示したい性格この時点で見え始めていました。

スポンサーリンク

高校時代

宮崎勤

男子校を選んだ

宮崎勤元死刑囚はやはり手の病気のことで異性からの目を気にしていたのでしょうか。中学を卒業すると男子校の明治大学付属中野高等学校に進学をします。

高校まで実家から片道2時間もかかる学校を進学先として選んだことに母親は英語教師になるためだと思い違いをしていました。

しかし精神鑑定で「成人女性への性的興味を諦めた代わりに小児愛に目覚めた」とされています。つまり手の障害を女子生徒に見られたくない一心で男子校を選んだ可能性があります。

高校時代の宮崎勤元死刑囚は性格も暗く目立たない存在でした。優秀だった成績も悪くなり、付属の明治大学への進学は叶いませんでした。

この挫折は宮崎勤元死刑囚に「手の障害で何をやっても駄目だ」と将来を絶望させたのかもしれません。

 

短期大学時代

宮崎勤

存在感が無い

明治大学に進学できなかったことで自信喪失したのか、宮崎勤元死刑囚は短大に進学しても目立たない存在でした。

宮崎勤元死刑囚は東京工芸大学短期大学部画像技術科に進学しました。その同級生には俳優の川崎麻世さんがいました。

川崎麻世さんは事件後のインタビューで当時クラスは80人程度しか在籍していなかったため忘れるはずがないが、宮崎勤元死刑囚については記憶がないと語っています。

やはり宮崎勤元死刑囚は手の病気を気にしてか短大内でも目立たないよう過ごしていたようです。

しかし宮崎勤元死刑囚は短大時代にパズルの自作にのめり込みます。専門誌に投稿して名前が掲載されるほどの腕前があったようで趣味については相変わらず没頭するようでした。

またNHKの番組『YOU』のスタジオ収録に友人と一緒に参加しており、一人っきりで短大時代を過ごしているというわけではなかったようです。しかし収録中、アナウンサーが近づいてくると出演者の後ろに隠れる素振りを見せていました。

ここまでの経歴を見てみると内気な青年としか見えません。しかし宮崎勤元死刑囚の心中では手の病気による自信の喪失と葛藤が渦巻いていたのでしょう。

スポンサーリンク

社会人時代

宮崎勤

出典:https://twitter.com/

社会性の無さ

学生まで両親の元で育った宮崎勤元死刑囚でしたが、短大を卒業し一人暮らしをしながら社会に出るとその常識のなさが露呈します。

1983年4月、短期大学を卒業した宮崎勤元死刑囚は東京都小平市にある印刷会社に叔父のコネで就職し、印刷オペレーターとして働き始めます。

しかしこの時の宮崎勤元死刑囚の勤務態度が非常に悪く、同僚からもいい印象を持たれていませんでした。

悪態を取り続けた宮崎勤元死刑囚は1986年に神奈川県へ転勤を命じられます。しかし、宮崎勤元死刑囚はこの転勤を断り自己都合で退職します。

その後実家へ戻りますが、両親の家業を手伝う呼びかけにも応じず宮崎勤元死刑囚は自室に引きこもるようになりました。

宮崎勤元死刑囚は己の社会性の無さを痛感していたのかもしれません。

引きこもりを始めてから半年経った頃、宮崎勤元死刑囚は得意先に原稿を受け取りに行く簡単ものですが家業を手伝い始めました。

 

宮崎勤

出典:https://twitter.com/

完全な孤独

宮崎勤元死刑囚は引きこもりの生活を送りながらも漫画、アニメの同人誌作成を始めました。しかし共同していた仲間から嫌われ同人誌の発刊はたったの1回で終了したようです。

同人誌の発刊を諦めた宮崎勤元死刑囚は次にビデオサークルに所属します。そのサークルで全国のユーザーが録画したアニメ、特撮ドラマなどのビデオテープを手に入れたものの宮崎勤元死刑囚は所有欲だけ満たされたようで鑑賞まではしていませんでした。

またそのビデオサークルでも宮崎勤元死刑囚は無理な要求を繰り返したため嫌われていたようです。

1988年5月16日に大好きだった祖父が死去したことで宮崎勤死刑囚は同年8月22日に第1の犯行を起こしました。

その生活も1988年5月に可愛がってもらっていた祖父が死去いたことで宮崎勤元死刑囚は完全に孤立してしまいます。

社会から拒絶され孤独感を募らせた宮崎勤元死刑囚は自暴自棄の果てに1988年8月、凶行に走ってしまったのでしょうか。

 

最後まで保身を考えていた

宮崎勤

中身は子ども

逮捕後の精神鑑定では幼少期の孤独感が宮崎勤元死刑囚の精神を子どもじみさせてしまったと結論付けらえています。

1992年に鑑定医が最終的に下した診断は一人は統合失調症、二人は解離性同一障害と診断しています。


スポンサーリンク

宮崎勤

強姦は否定

これまで起きた小児性愛者による殺人は強姦を目的に起こされた事件が多かったようです。しかし宮崎勤元死刑囚は女児殺害後いたずら目的で全裸の写真を撮影しましたが強姦目的という点は否定しています。

精神鑑定で下された診断通りであるならば中身が子どもの宮崎勤元死刑囚は成人男性がもつ性的欲求は持ち合わせないようです。

しかし知性は劣っているわけではなく、「今井勇子」という架空の人物を作り上げたことやこれまで進学校に通っていた経歴を見るとむしろ知性の高さが伺えます。

 

死刑制度を批判

宮崎勤

死刑は避けたかった

社会に絶望しいていた宮崎勤元死刑囚でしたが、公訴時効の15年間を逃げ切る発言や死刑制度を批判する発言をした点から生きることには絶望してなかったようです。

東京拘置所に入所後、宮崎勤元死刑囚は雑誌『創』の編集長に300通ほどの手紙を出しています。その内容はほとんどが鑑賞したDVDや漫画についてでしたが、死刑の方法に対する批判も綴られていたようです。

その他知人にも死刑が執行されるまで2000通ほど手紙を出しています。宮崎勤元死刑囚は話すのは苦手なようですが、文字で表現するというは得意だったようです。

宮崎勤元死刑囚は現行の死刑方法を「踏み板が外れて落下する間は恐怖のどん底に陥れられるのである」と人権侵害であると批判し、比較的楽な死に方とされる薬物を使った死刑を望んでいたようです。

現行の死刑を批判する理由は「死の恐怖のあまり反省や謝罪について考えられなくなる」というものでした。しかし宮崎勤元死刑囚は死刑が執行される直前、「あのビデオまだ途中なのに」と反省の欠片もない言葉を残しています。

スポンサーリンク

一族の末路

宮崎勤

悲惨な家族

宮崎勤元死刑囚の家族は世間から批判の目に晒されました。

宮崎勤元死刑囚の刑の執行は2008年6月17日に行われました。
この刑の執行まで2年かかりましたが現在死刑執行までの期間が平均7年5ヶ月かかっていますので宮崎勤元死刑囚の死刑執行は異例の早さでした。
それほど宮崎勤元死刑囚が世間に与えた影響は大きく、今後類似の犯罪を出さないための見せしめだったのかもしれません。

結局のところ宮崎勤元死刑囚の口から被害者に対する謝罪は一切聞くことがありませんでした。そのため遺族、社会の憎悪は宮崎勤元死刑囚の家族に向けられました。

 

一族への社会的抹殺

宮崎勤

父親は自殺

犯罪者の家族が罪悪感から自ら死を選ぶということは珍しくありません。宮崎勤元死刑囚の父親も自殺をしたといわれています。

宮崎勤元死刑囚の起こした「東京・埼玉連続幼女誘拐殺人事件」後、宮崎勤元死刑囚の家族の元には「お前らも死ね」「殺してやる」などが書かれた手紙が多く届いたようです。

社会的な圧力が宮崎勤死刑囚の家族、一族を襲い、住めなくなったことから家族は1年後に自宅を空けて引越しをしています。

社会の圧力に苛まれた宮崎勤元死刑囚の家族一行は夜逃げするように転居しました。

その頃父親の元に息子である宮崎勤元死刑囚から私選弁護士を付けるよう要請がありました。しかし父親はこの要請を拒否すると4年後に自宅を売却し、そのお金を被害者遺族に送付します。その後父親は多摩川にかかる橋から投身自殺を図りました。

この自殺は作家の佐木隆三さんから「現実逃避であって遺族を顧みない行為」と批判されています。また宮崎勤元死刑囚に私選弁護士を付けなかったことで国費で弁護士が付いたことも批判されています。

生前の父親は「家族が批判されるのは理解できるが仕事を失って悩んでいる」とインタビューで語っていたようです。

 

宮崎勤

泣きっ面に蜂

父親以外にも宮崎勤元死刑囚の家族は悲惨な目に遭っています。

宮崎勤元死刑囚の姉で長女は辞職、次女は婚約破棄に至っています。

2人の兄弟も辞職に追い込まれ、叔父も5つの会社の役員を全て辞職しています。

また宮崎性を捨てるために叔父は妻と離婚までしています。

一方母親方の兄の息子までも職を失っています。

スポンサーリンク

宮崎勤の死後

宮崎勤

オタク趣味に強い偏見

宮崎勤元死刑囚が小児性愛者でホラーマニアだったことをマスコミが報道したため、この趣味を興じる人に偏見の目が向けられました。

宮崎勤元死刑囚の場合は普通の小児性愛者ではないとされていますが、マスコミは宮崎勤元死刑囚の趣味と似たような趣味を一斉に批判しました。その結果これらに該当する雑誌やアニメが有害図書指定されるなど社会に影響に及ぼしました。

僕の親、「オタク=宮崎勤」みたいな何年前だよってレベルの偏見があるらしく、PCの壁紙見られたときとか夏コミのときとかに蔑むような顔をされたのが悲しかった

— zo‘e(ぞへ) (@zohe_alak) 2017年11月7日

出典:Twitter

 

スポンサーリンク

まとめ

宮崎勤元死刑囚が引き起こした「東京・埼玉連続幼女誘拐殺人事件」をここまでまとめてきました。

日本の犯罪史上類を見ない凶悪性は常人には到底理解の及ばないものですが、宮崎勤元死刑囚は社会に対して一種の憎悪を抱いていたことは疑いようはありません。

今日、無差別大量殺人事件が度々起きていますが事件の被害者が一人でも減ることを願うばかりです。

 

あなたにおすすめの記事

 

少年A(酒鬼薔薇聖斗)の現在の画像や居場所がヤバい!結婚した嫁や子供の情報、本名についても

コメント