加藤君子(かとうきみこ)さん死亡事故の原因がこちら!救急車の追突事故は回避できた?

国内NEWS

出典:FNN

スポンサーリンク

 

27日午後2時ごろ、登米市東和町米谷の三陸自動車道上り線で、負傷者を搬送中の救急車が路肩に寄せていたトラックに追突するという事故が発生し、負傷者に付き添いで乗車していた会社員の加藤君子(かとう きみこ)さんが亡くなりました。

今回は、この事故の原因などについて迫ってみたいと思います。

救急車が事故

毎日新聞他、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

スポンサーリンク

27日午後2時ごろ、宮城県登米市東和町米谷の三陸自動車道で、患者を搬送中の救急車がトラックに追突した。この事故でトラックの男性運転手(52)を含む6人が病院に運ばれ、救急車に乗っていた付き添いの同県気仙沼市、会社員、加藤君子さん(56)が内臓損傷で死亡した。他の5人は意識があるという。

 宮城県警高速隊などによると、救急車は気仙沼市の気仙沼消防署古町出張所所属で、階段から転落してけがをした同市の男性(68)を同県石巻市の石巻赤十字病院へ搬送する途中だった。救急車には男性と同じ会社に勤めていた加藤さんのほか、救急隊員3人の計5人が乗車。トラックには男性運転手1人が乗っていた。

 現場は片側1車線の直線で路面は乾いていた。救急車の左前部とトラックの右後部がぶつかった。事故の影響で三陸自動車道は三滝堂インターチェンジ(IC)―登米東和IC間(2・1キロ)が約2時間、通行止めとなった。

 気仙沼消防署を管轄する気仙沼・本吉地域広域行政事務組合消防本部の森浩一消防次長は「同様の事故を起こさないよう再発防止に努めたい」とコメントした。

出典:毎日新聞


スポンサーリンク

事故現場は?

では、事故が発生した現場は一体どこなのでしょうか?

報道機関の発表によれば、こちらがその現場であるそうです。

出典:FNN

この現場は、宮城県登米市東和町米谷の三陸自動車道であるということで、こちらがそのストリートビューであります。

現場は三滝堂インターチェンジ(IC)から登米東和ICに向かう片側1車線の下り坂の緩い左カーブであるということです。

スポンサーリンク

事故原因は?

では、事故原因は一体何だったのでしょうか?

報道機関の発表によれば、救急車の接近に気付いたトラックが、道を譲ろうとスピードを落としたところに救急車が追突したということです。

現場は、前述した通り片側一車線の道路でありますから、緊急車両が通過する場合には、左側によって路肩に一時停止するか、一方通行で左側が空いていない場合には、右側に停車することも必要となってきます。

緊急車両を妨害すると、交通違反の点数で1点が加算される他、反則金として以下のような金額が徴収されるため、決して道を譲らないとうことをしてはいけません。

違反内容大型車普通車二輪車小型 特殊車原付車
緊急車妨害等7,000円6,000円6,000円5,000円5,000円

もっとも、善良な市民であれば、緊急車両は命に関わったり、容疑者を追跡したり、消火活動の現場に急行したりと、一刻を争うということを認識しておりますので、道を譲らないということはありえません。

今回のケースでは、救急車の前方を走行するトラックが路肩に寄せようとスピードを落とした結果、そのトラックに衝突して事故が発生しておりますので、不運な事故であったことは否めません。

スポンサーリンク

加藤君子さんについて

こちらが、この事故で亡くなってしまった加藤君子さんのプロフィールです。

名前:加藤君子(かとう きみこ)

年齢:56歳

職業:会社員

在住:気仙沼市入沢

加藤君子さんは、この事故で亡くなってしまった人物であり、負傷して搬送されていた会社員の伊藤実さんとは勤務先の同僚であったということです。

2018年27日午前11時50分ごろ、気仙沼市内の会社で伊藤さんが階段から転落したとの119番を受けて救急車は出動をしており、その救急車に会社の同僚として付き添ったのがこの加藤さんだったということです。

階段から転落した伊藤さんも、緊急搬送されている間に事故に巻き込まれているということで、胸に重傷を負うなどの二次災害を食らっているのですが、それでもやはり、命を落とすという最悪の出来事に巻き込まれてしまった加藤さんがあまりにも不憫でなりません。

いずれにしても、亡くなった加藤さんには心よりご冥福をお祈り申し上げます。

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

 

サイレンが聞こえてない?救急車の進路妨害をする一般車の様子がこちら
...

コメント