紀平梨花の姉(紀平萌絵)もかわいい!Avex所属のプロダンサー志望で2ショット画像も

出典:ネタBOX

スポンサーリンク

圧倒的な技術で世界を驚かせた日本フィギュア界の新星、紀平梨花さん。その成功の陰にはご両親の手厚いサポートがあったようです。

ここでは一気に頂点へ昇りつめた紀平梨花さんのご家族、その才能を育ててきた中学・高校、そして海外の報道についてご紹介しましょう。

プロフィール

出典:https://img.jisin.jp

名前:紀平梨花(きひら りか)

生年月日:2002年7月21日

出身地:兵庫県西宮市

身長:154cm

スポーツの英才教育

出典:http://kinder-hyogo.or.jp

紀平梨花さんがアスリートとしての才能を開花させた原点は「広田幼稚園」に通園していた幼稚園時代にありました。

ヨコミネ式教育法という教育法を採用し、早期教育に力を注いでいた広田幼稚園に紀平梨花さんのご両親は共感をして紀平梨花さんを入園させました。

ヨコミネ式教育法とは、女子プロゴルファーの横峯さくら(33才)の伯父・横峯吉文氏が提唱する幼児教育法。北海道から沖縄まで全国約360の施設や学習塾に導入されている。そのモットーは「すべての子供が天才である」ことだという。

「子供のやる気を起こし、才能を開花させるために、『読み・書き・計算・体操・音楽』など幅広く指導。幼児期に足し算や引き算、九九に挑戦したり、大量の読書をすすめたりします。子供たちがけんかをしても、なるべく口は挟まない。自分たちで解決させ、正義感や道徳観といった心の成長を育むことを目指しているそうです」(教育関係者)

出典:NEWSポストセブン

出典:http://n-kobato.com

ヨコミネ式教育法によって紀平梨花さんはスポーツ面での才能を開花させました。その実力は幼稚園、年長組に在籍していた時点で9段の跳び箱を飛ぶことができていました。

5歳でフィギュアスケート

出典:https://iwiz-spo.c.yimg.jp

紀平梨花さんがフィギュアスケートを始めたのは5歳の時でした。しかし練習を始めたものの関西のスケートリンク事情に苦労も多かったようです。

出典:https://encrypted-tbn0.gstatic.com

常時氷を張り表面を整備しなければならないスケートリンクは莫大なコストがかかるため特に通年型のスケートリンクは少なく、紀平梨花さんの地元・兵庫県には「ひょうご西宮アイスアリーナ」だけでした。

その「ひょうご西宮アイスアリーナ」も施設維持費の問題で競技者が専用で利用できる時間は夕方6時以降と定められていました。

出典:http://www.city.takatsuki.osaka.jp

そのためあまり練習時間を確保することできなかった紀平梨花さんは小学生になると実績のある指導者も多く利用する「関西大学たかつきアイスアリーナ」へ練習の拠点を移しました。

ただ兵庫・西宮市から大阪・高槻市間を往復するのは容易ではなく紀平梨花さんの母親は自分の時間を費やしてまで紀平梨花さんに付き添っていたようです。

「お母さんは毎朝3時までに起きて、家族の朝ご飯を用意していました。朝5時には梨花ちゃんを車に乗せて大阪のリンクまで朝練へ。そのあと学校が始まる時間までに戻って、放課後になると再びリンクへ送る。帰りはいつも22時すぎでした」(前出・知人女性)

出典:女性自身

スポンサーリンク

関大中等部進学、高校は通信制

一家そろって引越

出典:http://jisin.jp

小学校卒業後、地元・西宮市立上ケ原中学校に進学した紀平梨花さんでしたが、中学校2年生の時に高槻市内の関西大学中等部に転校します。

紀平梨花さんが転校した理由は上ヶ原中学校が西宮の自宅から遠い場所にあり、通学にたくさんの時間がかかってしまうためでした。

小学校から高槻市で練習をしていた紀平梨花さんにとって通学時間に時間を取られてしまうことは練習時間を減らさなくてはならないということでした。

出典:https://www.shigaku.net

紀平梨花さんのご両親は練習時間が減るなら練習場の「関西大学たかつきアイスアリーナ」付近に引っ越すという決心をし、一家揃って関西大学付属の中等部のある高槻市近郊に引っ越しました。

この引っ越しは西宮市内の自宅を売却するにまでに至り、紀平梨花さんのご両親の固い決意が伺えます。

N高校へ進学

出典:https://encrypted-tbn0.gstatic.com

紀平梨花さんは中学卒業後、内部進学ではなく通信制のN高校へと進学しました。

N高等学校は、沖縄県うるま市伊計島に所在する通信制の私立高等学校。

授業やレポート提出はインターネットを通じて行われるが、通学コースも存在している。また、課外授業として、日本各地の自治体と連携した職業体験や、学校行事として、ドワンゴが主催するリアルイベントであるニコニコ超会議、ニコニコ町会議、ニコニコ超パーティ、闘会議と連携したN高文化祭など催しを実施している。

出典:N高等学校

出典:https://open-takatsuki.jp

紀平梨花さんが中等部でトラブルに遭った可能性もありますが、高校進学後も「関西大学たかつきアイスアリーナ」を拠点に練習しているためその可能性は低いと考えられます。

高校進学と同時期にシニアでのデビュー戦が決まっていた紀平梨花さんはN高校に進学した理由についてもっとフィギュアスケートの練習に取り組むことのできる環境を優先したかったと同高校のインタビューで語っています。

―今年の初めにN高の説明会に来てもらいましたが、進学先をN高にしようと思った決め手は何ですか?

 

学校生活とスケートを両立できる学校がなかなかなくて、N高は合間の時間を有効活用して勉強ができたり課題ができたりするので、スケートにも集中できるというのがすごい良かったです

出典:学校法人角川ドワンゴ学園 N高等学校

スポンサーリンク

家族

サラリーマンの父

出典:https://banbi-eye.com

紀平梨花さんの父・紀平勝巳さんは大阪府羽曳野市の出身で職業はサラリーマンのようです。

出典:https://i.ytimg.com

1967年生まれの勝巳さんは伊藤みどりさんの活躍に日本中が湧いた1990年代のフィギュアスケートブームを経験していましたが、実際にフィギュアスケートをした経験はなかったようです。

しかし紀平梨花さんのためにスケートクラブの情報を集めたりして紀平さんの練習を献身的に支える父親でした。

紀平は、小学5年生から現在の濱田美栄コーチ(59才)の指導を受けているが、コーチを探してきたのは、サラリーマンでスキー指導者の資格を持つ父親だった。

「お父さんは紀平選手に、より高いレベルの指導を受けさせるために、好成績を上げているチームの選手を大会ごとにチェックし、情報を収集。濱田コーチに白羽の矢を立て、フィギュアスケートクラブ『関西大学KFSC』を選びました」(フィギュア関係者)

出典:zakzak

スポンサーリンク

転職した母

紀平梨花さんの母・紀平実香さんは兵庫県西宮市出身です。

実香さんは結婚、出産後も事務職の正社員として働いていましたが紀平梨花さんが本格的にフィギュアスケートに取り組むようになるとスケートリンクへ送迎のためにデパートの販売へ転職しました。

「お母さんは正社員としてフルタイムで働いていたのですが、『これだと送り迎えができないから』と言って退職を決意。融通の利く仕事にシフトしたんです」(前出・知人女性)

出典:女性自身

西宮市から高槻市の「関西大学たかつきアイスアリーナ」に紀平梨花さんを送迎していた時は朝3時起きだったそうです。そのため引っ越し後は実香さんの負担も随分軽減されたと思われます。

1971年生まれの実香さんは2018年現在で47歳頃とみられます。段々と無理ができなくなるお母を想い遣って紀平梨花さんは通信制のN高校に進学したのかもしれません。

プロダンサー志望の姉

ご両親の他、紀平梨花さんには萌絵さんというお姉さんがいます。

萌絵さんもフィギュアスケートをやっていたようですが、現在はプロのダンサーを目指して「エイベックス・アーティストアカデミー」に通っています。

妹が世間から脚光を浴びてしまったことで姉妹の仲がギクシャクしたという話はよく耳にしますが、紀平梨花さんと萌絵さんの2人はSNSにツーショット画像を投稿するなど仲の良さが伺えます。

進む道は違えど夢を追う立場の2人は互いにその姿勢を尊敬しているということなのでしょう。


スポンサーリンク

実家の経済状況

フィギュアスケートは一人の選手をオリンピックの選手までに育成するのは1億円以上のお金が必要と言われています。

番組には、プロフィギュアスケーターの荒川静香、高橋大輔、鈴木明子がゲストとして出演し、フィギュアスケートの裏事情を紹介していった。その中で、「フィギュアスケートはめちゃくちゃお金かかる」として、読売新聞の調査結果が取り上げられる。5歳からフィギュアスケートを始め、20歳で五輪に出場したと仮定しても、年間約840万円、総額約1億3500万円もかかるというのだ。

出典:Livedoorニュース

そのためフィギュアスケートの歴代オリンピック選手の中には親が実業家、医者といった職業の選手たちが多いようです。

紀平梨花さんのご両親は前述の通り共働きの会社員家庭です。

サラリーマン家庭と一括りにしても経済事情は様々です。しかし紀平梨花さんはバレエやピアノといった他の習い事もしていました。

また高槻市へ転居する際に西宮市の持ち家を売却していますので、住宅ローンは返済を完了していたことが考えられます。

その上各種ローンや私立中学に通う子どもたちの教育費用の支払いに苦しむ様子もないことから経済的にはとても恵まれていた家庭だったようです。

スポンサーリンク

海外の声

GPF2018で優勝

紀平梨花さんは2018年12月、ISU主催のグランプリファイナルで平昌オリンピック金メダリストのザキトワを抑え、日本女子選手史上3人目となる優勝を果たしました。

2013年の浅田真央さん以来5年ぶりのグランプリファイナル優勝に日本中の注目が紀平梨花さんに注ぎ、テレビで放送された女子フリーの平均視聴率は17.4%の高視聴率をたたき出しました。

9日夜にテレビ朝日で放送されたフィギュアスケートグランプリファイナル世界一決定戦「女子フリー」(後9・00〜11・10)の平均視聴率が17・4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが10日、分かった。

出典:SPONICHI ANNEX

紀平梨花さんの武器は伊藤みどりさんや浅田真央さんの代名詞でもあった「トリプルアクセル」です。その大技を受け継ぐ形になった紀平梨花さんにはフィギュアスケートのファンから天才との声が集まっています。

スポンサーリンク

海外メディアも称賛の声

ジュニアの時代から「全日本選手権」3位になるなど国内では実力を振るっていた紀平梨花さんですが、「世界ジュニア選手権」「ジュニアグランプリファイナル」などの国際的な大会ではことごとく表彰台を逃していました。

そのためシニア参戦後初となるグランプリファイナルで紀平梨花さんが頂点に輝いたことは世界のフィギュアスケートファンを驚愕の渦に陥れました。

特にSPの演技で当時世界最高となる82.51点をたたき出したことに世界中から賞賛の声が上がっています。

「これはやばすぎるぞ、リカ・キヒラ。衝撃です。明らかにいい意味で」
「リカ・キヒラは2022年五輪チャンピオンということでいいよね」
「アリーナを今倒せるのは彼女だと本当に確信したんだ」
「なんて美しいスケートなの、リカ・キヒラ。あまりにも可愛らしい」
「フリーが間違いなく楽しみ。そして、もう1回、リカ・キヒラのファンタスティックなプログラムを見なければ…」
「ドビュッシーの調べに乗せたリカ・キヒラのトリプルアクセルは必見。何てSPなんだ」
「キヒラがフィギュアスケートの新時代の幕を開けた。芸術性や細部を犠牲にすることなしにトリプルアクセルを見せる。コンビネーションの着地も、スケートも疑いなく美しい」
「リカ・キヒラをどれだけ愛しているのか、表現できないよ」

出典:Livedoorニュース

米メディア「ロッカースケーティング」などは紀平梨花さんを2022年北京五輪をはじめとした国際大会で女子フィギュア界をリードする世界女王候補として早くも評価を出しています。

「キヒラが輝く」と小見出しを打った記事では「ショートプログラムでリカ・キヒラはアンストッパブルだった。なぜなら彼女はトリプルアクセルを決め、自動的にほぼ全員に対して基礎点で5点のアドバンテージを得たからだ」と絶対的な武器を持つ16歳を高く評価。「キヒラと、ゲームチェンジャーとなる彼女の3本のトリプルアクセルは3月の世界選手権でも頂点に立つことができるだろう」とし、「もし2つのプログラムをクリーンに演じれば、今の彼女は無敵だ」と早くも世界選手権本命に挙げた。

出典:THE ANSWER

 

まとめ

幼い頃からフィギュアスケートに魅了されてきた紀平さんですが、中学校・高校時代には練習場が関係して大変な思いをされていたようですね。

ご両親が共働きであるにも関わらず、何事もなくフィギュアスケートを続けられているのも姉を含めた家族の関係性の良さが影響しているのではないでしょうか?

トリプルアクセルを武器に過去最高点を記録するまでになった紀平さんには期待の声が多数上がっています。

出典:https://encrypted-tbn0.gstatic.com

続々と期待の若きアスリートが誕生している日本スポーツ界。日本が得意とする女子フィギュア界にも期待の新人が誕生しました。

ここまで2大会連続でオリンピックの表彰台から遠ざかっているだけに紀平梨花さんにかかる期待は大きそうです。

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

 

ザギトワがかわいい!インスタ画像や羽生結弦との関係性についても!平昌オリンピックフィギュア女子SPで世界記録をマーク

 
おすすめの記事