深谷諒(ふかやりょう)さん死亡事故の原因がヤバい!現場判明で大学生8人死傷の真相も

国内NEWS

出典:NHK

スポンサーリンク

 

26日午前6時40分ごろ、栃木県さくら市下河戸の県道で、中型トラックと軽乗用車2台の計3台が絡む衝突事故があり、前の車に乗っていた深谷諒(ふかや りょう)さんが頭を強く打って死亡しました。

今回は、この事故の原因や事故に至った経緯について調べてみたいと思います。

大学生8人が死傷

NHK NEWS WEB他、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

スポンサーリンク

26日朝、栃木県さくら市の県道で車3台が関係する事故があり、2台の軽自動車に分かれて乗っていた大学生8人のうち1人が死亡し、7人が重軽傷を負いました。

26日午前6時40分ごろ、栃木県さくら市下河戸の県道で、前後にならんで走っていた2台の軽自動車が、対向車線を走っていた4トントラックと次々に衝突し、2台の軽自動車ははずみで左側のガードレールに衝突しました。
2台の軽自動車には、栃木県内の同じ大学に通う友人8人が乗っていましたが、この事故で前の車に乗っていた栃木県大田原市

の大学生、深谷諒さん(20)が車から投げ出され、頭を強く打って死亡しました。
また、前の車を運転していた20歳の男子学生が右腕を切断する大けがをしたほか、6人が頭を打つなどの軽いけがをしました。
トラックの運転手は、けがはありませんでした。
現場は、片側1車線の道路の見通しのよい緩やかなカーブで、警察が事故の原因を調べています。

出典:NHK NEWS WEB

スポンサーリンク

事故現場は?

では、事故現場は一体どこなのでしょうか?

報道機関の発表によれば、こちらがその事故が発生した現場であるということです。

出典:JNN

現場となったのは、栃木県さくら市下河戸にある県道48号線沿いの道路で、片側一車線であり、右側部分にはみ出しての追い越しが禁止されている道路でもあります。

制限速度は50km/hとなっておりますが、周りには田畑しかなく、住宅地も点在していることから、ものすごく見通はよく視界は良好であると考えられます。


スポンサーリンク

亡くなった深谷諒さんについて

こちらが、この事故で亡くなってしまった深谷諒さんのプロフィールです。

名前:深谷諒(ふかや りょう)

年齢:20歳

職業:大学生

在住:栃木県大田原市

深谷さんは、南進してきた大田原市小船渡のトラック運転手、清水勇さんのトラックと、北進してきた高崎さんの運転する軽乗用車が衝突した事故で車外に飛ばされ、亡くなってしまった人物であります。

大学生ということで、これからの人生を謳歌したかっただけに、非常に悔やまれる死であることは間違いありません。

ちなみに、深谷さんには関しては顔画像などの情報は公開されておらず、また、特定するにも至っておりませんので、こちらに関しては詳しい情報が入り次第、随時お伝えしていこうと思います。

スポンサーリンク

事故原因は?

では、事故の原因は一体なんだったのでしょうか?

報道機関の発表によれば、この事故で大破した軽自動車には県内の同じ私立大学に通う男子学生8人が乗車していたということで、楽しいドライブの最中であったことは間違いありません。

大学生のドライブというのは、ワイワイできて楽しいですし、時にはハメを外せるなどして盛り上がることもあるのだと思いますが、それが運転の過信につながり、事故へと発展してしまった可能性も十分に考えられるでしょう。

現場前述した通り、片側1車線の緩やかなカーブとなっておりますから、そこで盛り上がりすぎてスピードの出し過ぎによって反対車線にはみ出してしまい、トラックにぶつかって後続の車も巻き込まれたということもあり得ます。

また、トラックの運転手側が対応車線にはみ出したということも十分に考えられますし、ドライバーの飲酒運転による判断ミスの事故ということも視野に入れていいでしょう。

スポンサーリンク

運転手は?

この軽自動車を運転していた人物は、一体誰なのでしょうか?

産経新聞によれば、高崎隼輔さんであるということです。

26日午前6時40分ごろ、栃木県さくら市下河戸の県道で、中型トラックと軽乗用車2台の計3台が絡む衝突事故があった。2台の軽乗用車には、県内の同じ私立大学に通う男子学生8人が乗っており、同県大田原市末広、深谷諒(りょう)さん(20)が死亡し、同市新富町、高崎隼輔(しゅんすけ)さん(20)が右腕切断の重傷となった。ほかの6人も打撲などの軽傷を負った。

県警さくら署によると、現場は片側1車線の緩いカーブ。南進してきた大田原市小船渡、トラック運転手、清水勇さん(56)のトラックと、北進してきた高崎さんの運転する軽乗用車が衝突。さらに後方を走っていた軽乗用車もトラックと衝突した。トラックと衝突した軽乗用車2台は弾みでガードレールにもぶつかり、前部が大破した。

出典:産経ニュース

つまり、この産経ニュースの報道が正しければ、高崎隼輔(たかさき しゅんすけ)さんがこの車を運転をしていたということです。

同じ大学に通う仲間を、自分が運転する車が原因で死亡させてしまうというのは、あまりにもショックであるでしょうし、今後運転することが不可能となるほどの強い衝撃があると考えられます。

ハンドルを握るとフラッシュバックしてしまうかもしれません。

事故原因が明らかとなったわけではありませんが、過失割合はあると思われますし、何より自責の念が働くと考えられますから、そうなれば一生自分を責め続けることとなってしまいす。

スポンサーリンク

若くして運転するのは危険?

免許を取り立ての頃などは、運転をするというのは非常に楽しいものですし、ましてや仲間同士でのドライブなどは非常に盛り上がるものでついついスピードを出し過ぎてしまうことでしょう。

しかしながら、このような死亡事故を引き起こす可能性もありますしので、慎重に運転をするということが大切になってきます。

若い頃というのは、何をやっても怖くないとう恐怖心のようなものがありませんから、ものすごく危険なのです。

いずれにしても、亡くなった深谷さんに関しては心よりご冥福をお祈り申し上げます。

スポンサーリンク

あなたんおすすめの記事

 

馬場智也(ばばともや)さん死亡事故の原因はスピードの出し過ぎか?事故現場や当時の状況についても
出典:NNN 鹿児島県日置市吹上町今田の路上で、車が土手に転落するという事故が発生し、車に乗っていた馬場智也(ばば ともや)さんが死亡するという事故が発生しました。 今回は、この事故の原因などについて迫ってみたいと思...