南青山児童相談所反対住人がヤバい!常識がなく中途半端なセレブ気取りで、自警団を作るなど過激な発言も

国内NEWS

出典:FNN

 

南青山に建設されると話題の、児童相談所ですが、ここへきて大きな波紋が広がっております。

今回は、この南青山児童相談所の問題をわかりやすく解説していきたいと思います。

ブランドが落ちる

日刊スポーツ他、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

東京・港区は15日、南青山の一等地に児童相談所(児相)を含む複合児童施設の建設を計画している件で、前日14日に続き大規模説明会を開いた。説明会は計6度となるが、近隣住民が「ブランドイメージが落ちる」などと建設に強く反発。終了時間で質疑を打ち切ろうとした区の担当者に「まじめに答えろ」と怒声が飛ぶシーンもあった。

「青山のブランドイメージをしっかり守って欲しいし、世界に発信していく町。土地の価値を下げないでいただきたい」。南青山在住の3児の母は強く言い切った。児相の建設予定地は骨董通りから1本入った路地で面積は3200平方メートル。建設費用について区は、国から土地買い受けに70億円超、建物に約30億円で総額100億円超としている。この点にも出席者から「バブルのやり方」と批判が上がった。

両日とも、質問が殺到し終了時刻を超過。会場の外では、付近の不動産会社に事務局を置く団体による反対署名の活動も行われた。

一方、児相の充実は急務だ。虐待を受けた疑いのある子供は、今年上半期で3万7113人と過去最多。16年の児童福祉法改正で、東京23区の児相設置が可能となり、22区が設置の方針。説明会では反対派からも「児相自体は必要」との声が複数あり、区も住民も難しい判断を迫られている。

出典:日刊スポーツ

スポンサーリンク

児童相談所とは?

では、港区が建設を予定している児童相談所とは一体どのようなものなのでしょうか?

港区では、「子育てが楽しい」「子ども達の笑顔がうれしい」「子ども自身が自分の未来に夢を抱ける」というコンセプトのもと、「港区子ども家庭総合支援センター」という児童相談所を建設するという計画を立てております。

設置の目的としては、児童福祉法が改正され、平成29年4月以降、特別区においても児童相談所を設置が可能となったため、児童虐待や児童の問題を地域と一緒に考えるために子ども家庭支援センター、児童相談所(一時保護所含む)、母子生活支援施設の全てを複合した施設を建設する必要があると考えているのだそうです。

そして、建設予定地となっているのがこちらです。

延べ床面積で3,200平方メートルの土地で、閑静な立地で、親子連れが安心して相談や各種サービスを利用することも可能であるということで、この土地が港区によって選ばれたのですが、平成29年より何度も住民に説明会が行われたにも関わらず、「ブランドが落ちる」として厳しい反発がされているのです。

さらに周りには「Dolce&Gabbana」や「PRADA」、「MARC JACOBS」、「Miu Miu」、「BALENCIAGA」などの高級ブランド店が軒を連ねており、ここに児相はそぐわないのではないか?という意見も飛び交っているのです。

港区としては、この児相を2021年4月に建設完成を予定しており、来年度から建設工事を始めるのだそうです。

港区長は多くの反発がある中で「計画的に進めていく」ということを明言しております。

スポンサーリンク

なぜ反対されているのか?

まずは、反対している南青山の住民のおかしな言い分から見ていきましょう。

「土地の価値を下げないでほしいと思っております」

「もうちょっと活用できることがあるのに、なんでそういう施設を建てるのかっていうのが疑問」

「私たちは必死に働いて、安くないお金を払って、安全で安心なこの場所に住んでいます。それが急におびやかされれば、拒否反応は出るでしょう」

「ランチ単価が1600円のところで、なんで親が子どもを施設に連れてくるんですか」

「騒音公害はどうなさるんですか? 子どもの声っていうのは本当によく響くんです」

「(児童相談所の子どもが)休日なんかに(外に)出ると、あまりにも幸せな家族、ベビーカー、着飾った両親、カフェなどでおしゃれにあれして(過ごして)いる……そういう場面と自分の家庭を見たときのギャップというのをどう思うか」

「子供も習い事もたくさんしていて、レベルも高いです。もし(施設の)子たちがお金ギリギリで(南青山の)青南小学校にいらっしゃるとなった時に、とてもついてはこられないし、とてもつらい思いをされるのではないかと、むしろちょっとかわいそうなのではないかなと思います」

つまり、簡単に言えば「南青山に住んでいるの私たち住人はお金持ちであるから、児相に通うような子供を持つ貧乏家庭にはきてほしくない」と言う極めて傲慢な意見を主張しているのです。

自分らがお金を持っていて南青山に住んでいるというだけで、ものすごく上から目線で話おりますし、このように陰湿に反対意見を喚く方がよっぽどブランドが落ちるのではないでしょうか?

そもそも、この児童相談所が完成されれば騒音公害が発生したり、ヤンキーのたまり場になるなど南青山の住民は勘違いをしているのですが、これはあまりにも無知で常識知らずであると言えます。

児童相談所が出来たからといって、ヤンキーの溜まり場になるわけではありませんし、治安が悪くなったり安心安全な場所の提供が脅かされることはまずありません。

それよりも、高級ブランド店に爆買いに来る中国人や韓国人をはじめとして諸外国人の方が、よっぽど秩序を乱しており、騒音の原因になると言えるのではないでしょうか?


スポンサーリンク

自警団を作る

問題となった住民説明会で、南青山の住人は「非行少年からの自衛手段がないので自警団を作り正当防衛をしたい」「一流ブランドやかわいい服があるから絶対に万引きをする」などと偏見に満ちた発言を数多くしているのですが、これがものすごい批判を浴びているのです。

そもそも、非行少年が来たからといって万引きをするとは限りませんし、基本的に地元で悪さをしますから、わざわざ南青山の児童相談所まで行って周辺で万引きしたり暴力事件を起こす訳がありません。

それを理解していない時点ですでに常識がないのですが、ブランドの価値が下がるなどと意見をしている割には、自警団を作成して正当防衛の手段を取るというのは戦前の発想であると言えます。

スポンサーリンク

南青山について

では、ここで青山という地域の歴史を見ていきましょう。

もともと青山という街は、徳川家康の重臣であった青山家の広大な下屋敷(現在に於ける別荘に該当)にちなみ、この付近一帯の町名につけられた名前であります。

江戸の街外れとして大名の下屋敷や庶民の町屋そして、雑木林などが広がる地域だったのですが、明治以降は中流の住宅街として発展するなど地道にその知名度を上げていきます。

1964年に行われた東京オリンピックに合わせて、青山通り(国道246号)の整備が行われており、それ以後は段々と個人商店や民家・アパート、オフィスビル、マンション、高級ブティック、飲食店、美容院などが大名屋敷や庶民の町屋の変わりとして建設されていきました。

青山は”庶民”の住宅街として長年の歴史がありますが、南青山に住んでいる児相の反対住人は地元民ではありませんので、声を荒げて反対すること自体おかしなことです。

我がもの顔でさぞ昔から住んでましたばりの態度で反対をしておりますが、庶民町として発展した歴史があるにも関わらず「私たちは必死に働いて、安くないお金を払って、安全で安心なこの場所に住んでいる」という発言をしているのであれば、古参ではなく新参者であり、発言をする立場にもないことは明白です。

スポンサーリンク

ブランドの価値は下がるのか?

では、そもそも児相が建設されればブランドの価値は下がるのでしょうか?

過去には、東京都が運営をする青山葬儀所という施設が建設されるという際に、周辺住人から猛烈な反対が起きたのですが、葬儀場建設を強行した結果、地価への影響はなく、周辺住人は何事もなかったかのように葬儀場を利用するという事案もあります。

つまり、今回の児童相談所を建設したところで、絶対にブランドの価値が下がるわけではありませんし、ここの住人も何事もなかったかのように生活をするのは目に見えていることでしょう。

スポンサーリンク

中途半端なセレブ気取りが透けて見える

被害妄想といき過ぎた偏見により集団でヒステリックを引き起こしている哀れな南青山の住人ですが、中途半端なセレブを気取っているからこそ、このような意見が出てくるのでしょう。

本当のセレブというのは、このような問題には寛容であり、自分のことしか考えられない常識のない南青山の住民よりはよっぽど上品であると言えます。

身なりやステータスばかりを気にし過ぎて心が醜くなってしまい、本来人間が持っていないければならない思いやりの部分などは大幅に欠如しているため、そうした南青山の住人の子供がこの児童相談所にお世話になるかもしれません。

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

 

404 NOT FOUND | BrandNewS
ココロに届く新鮮な話題をお届けします

 

青山学院(青学) 爆破予告の犯人の実際の書き込みがこちら!動機特定で名前や顔画像についても!
...

コメント