上田純史(うえだじゅんじ/いわくにバス社長)の顔画像とメールの内容がこちら!会社は悪評ばかりだった?

国内NEWS

出典:YouTube

スポンサーリンク

 

路線バスなどを運行する山口県岩国市の「いわくにバス」の上田純史(うえだ じゅんじ)社長が、運転士の態度に苦情を訴えた客に対し、「ハンマーで運転士を殴っていいです」などと返答していたことが明かとなりました。

今回は、いわくにバス社長の上田純史社長の顔画像や、メールの内容などについて迫ってみたいと思います。

続報:第三セクターについてはこちらから↓

上田純史社長の経歴と顔画像がこちら!第3セクターの意味とメールの内容についても

ハンマーで殴っていいですよ

朝日新聞デジタルほか、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

スポンサーリンク

山口県岩国市を中心に、路線バスや高速バスなどを運行する「いわくにバス」の上田純史社長(37)が、運転手の態度に苦情を訴えた客に対し、「ハンマーを使って運転士殴っていいです」などとメールで返答していたことが19日、分かった。全額出資する市は「不適切な言葉だった」として社長に口頭で注意した。

市などによると、路線バスの客から14日未明、運転手の態度に関する苦情がバス会社にメールで寄せられた。上田社長は同日朝、「運転席の近くに点検用のハンマーがあります。それを使って割とマジで、次から運転士殴っていいです。赤ちゃんと同じなので、その場ですぐ叱らないと理解しません」などと返信した。

市側に情報提供があり、市の担当者が17日、電話で上田社長に口頭注意した。上田社長はその際、「今後は気をつけていきたい」などと答えたという。

いわくにバスは「担当者が不在で答えられません」と話している。

上田社長は別のバス会社に勤めていたが、2012年7月、公募で社長に就任した。

出典:朝日新聞デジタル

スポンサーリンク

続報:第三セクターについてはこちらから↓

上田純史社長の経歴と顔画像がこちら!第3セクターの意味とメールの内容についても

上田純史社長について

こちらが、上田純史社長のプロフィールです。

出典:YouTube

名前:上田純史(うえだ じゅんじ)

年齢:37歳

職業:代表取締役

所属:いわくにバス株式会社

在住:山口県岩国市

上田社長は、2018年12月14日にいわくにバスの乗客から運転手の態度が不愉快だとメールで苦情があったそうなのですが、そのメールに対して「運転席の近くに点検用のハンマーがあります。それを使って割とマジで、次から殴っていいです。赤ちゃんと同じなので、その場ですぐ叱らないと理解しません」などと返信をしたとして大きな話題となっている人物です。

そして、こちらがいわくにバスで奮闘する上田社長の動画であります。

スポンサーリンク

続報:第三セクターについてはこちらから↓

上田純史社長の経歴と顔画像がこちら!第3セクターの意味とメールの内容についても

メールの内容は?

では、実際に送ったとされるメールの内容は一体どのようなものだったのでしょうか?

こちらが、公開されたメールの内容とされる文章です。

スポンサーリンク

出典:Twitter

CCに「info@iwakuni-bus.com」というアドレスを入れており、社内全員に共有していた可能性も考えられます。

社長自らこのようなメールを送るというのは、どこか常軌を逸していると考えられます。

そもそも、運転士の態度が悪いというのは教育不足でありますし、その責任を負わずにハンマーで殴っていいなどいう発言をするのは不適切であると考えられます。

スポンサーリンク

続報:第三セクターについてはこちらから↓

上田純史社長の経歴と顔画像がこちら!第3セクターの意味とメールの内容についても

いわくにバスについて

こちらが、渦中のいわくにバスの会社の詳細です。

<社名>
いわくにバス株式会社

<所在地>
〒740-0014
山口県岩国市日の出町3-10

<設立>
平成21年(2009年)10月26日

<運行開始>
平成22年(2010年) 4月 1日

<事業内容>
一般乗合旅客自動車運送事業
一般貸切旅客自動車運送事業

<経営理念>
お客さまに「安全・安心・やさしさ・選ばれる」バスサービスを継続的に提供します

<安全網領>
安全は輸送業務の最大の使命である
安全の確保は規程の遵守及び執務の厳正から始まり不断の修練によって築きあげられる
確認の励行と連絡の徹底は安全の確保に最も大切である
安全の確保のためには職責をこえて一致協力しなければならない
疑わしいときは手落ちなく考えても最も安全と認められるみちを採らなければならない

<資本金>
9千万円 (岩国市 100%出資)

<役員>
代表取締役  上田 純史

<社員数>
79名

出典:いわくにバス

いわくにバスとは、山口県岩国市の公営バス事業者であった岩国市交通局の危機的状況を打破するという目的のもと、岩国市交通局が全額出資をするという形で「法人形態の公企業」として設立された会社であり、2010年4月1日より路線バスの運行を開始したことでも知られる岩国市民なら誰もがしるバスであります。

2016年には、交通系ICカードのICOCAの取り扱いも行なっており、住民に寄り添った素晴らしいバスの運行を目指していることでも知られております。

スポンサーリンク

続報:第三セクターについてはこちらから↓

上田純史社長の経歴と顔画像がこちら!第3セクターの意味とメールの内容についても

いわくにバスは悪評だらけ?

そんな、いわくにバスですが、Facebookには以下のような投稿がされており、運転士の態度などが悪いと悪評が相次いでいるようです。

運転士の態度がものすごく悪い。中にはいい運転士もいるのだが、2,3人くらいししかいない。

圧倒的に態度の悪い運転士しかいない。いつも利用しているが、他のお客さんも不平不満だらけだと思う。

あまりにも頭にきたから社長に直接電話しようと思った。

だけど実際に社長に電話した知人によると「文句ばかり言うなら由宇までバスを走らせない」などと言われたと言うのを聞いた。

「70歳以上は100円で乗せてあげとるんじゃ」というような上から目線の態度に見受けられる。

岩国はバス会社が一社しかないからそのような態度で強気にできるのだろうけれど二社、三社あったら絶対に誰も乗らないだろう。

運転士に本当に注意しているのか。

全く改善されていない。

社長はこの状況をどう考えているのか。

社長に言っても無駄だと思うのでさらに上に言うしかないと思った。

出典:Facebook

もしもこの投稿が本当であるとすれば、よっぽどいわくにバスの運転士は態度が悪いのでると思いますし、さらに言えばそれを教育する立場の上田社長は職務怠慢であることも伺えます。

この苦情をあげた人物は、上田社長に言っても意味がないと訴えておりますが、実際に今回の事例のようにメールにて苦情を訴えたところ「ハンマーで殴っていい」とトンチンカンな返答が返ってきたのです。

いずれにしても、岩国市に1つしかない路線バス会社の社長の不祥事であるだけに、一層の波紋が広がりそうな一件です。

スポンサーリンク

続報:第三セクターについてはこちらから↓

上田純史社長の経歴と顔画像がこちら!第3セクターの意味とメールの内容についても

あなたにおすすめの記事

 

上田純史社長の経歴と顔画像がこちら!第3セクターの意味とメールの内容についても
...

コメント