元田壮(もとだそう)容疑者の顔画像を特定か!妻殺害の犯行動機が酷すぎる

国内NEWS

出典:FNN

スポンサーリンク

 

妻の首を電気コードで絞め殺害したとして、大阪府警豊中署は18日、殺人容疑で夫の府立高校教諭元田壮(もとだ そう)容疑者が逮捕されました。

妻を電気コードで絞めて殺害

毎日新聞他、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

スポンサーリンク

大阪府豊中市の集合住宅の一室で17日夜、住人の女性が遺体で見つかった事件で、府警豊中署は18日、夫で府立支援学校教諭の元田壮容疑者(28)を殺人の疑いで逮捕した。

 逮捕容疑は15~17日、豊中市西泉丘3の自宅で妻の理子さん(26)を何らかの方法で殺害したとしている。「電気コードで首を絞めた」と容疑を認めており、府警は今後、司法解剖して詳しい死因を調べる。

 豊中署によると、元田容疑者は理子さんと2人暮らし。理子さんの親族から「連絡が取れない」と通報があり、自宅を訪れた署員が遺体を見つけた。元田容疑者も浴室で首をつっており、体に複数の切り傷があった。救急搬送されたが、18日午後に退院し、間もなく逮捕された。

出典:毎日新聞

スポンサーリンク

元田壮容疑者について

こちらが、逮捕された元田壮容疑者のプロフィールです。

名前:元田壮(もとだ そう)

年齢:28歳

職業:教師

在住:大阪府豊中市西泉丘3

元田容疑者は、2018年12月15日午後4時か17日午後8時20分ごろまでの間に、自宅で妻の理子さんを殺害したとして逮捕された人物です。

ちなみに、元田容疑者の顔画像などは公開されておらず、また、特定するにも至っておりませんので、こちらに関しては詳しい情報が入り次第、随時お伝えしていこうと思います。

スポンサーリンク

犯行動機は?

では、犯行動機は一体なんだったのでしょうか?

報道機関の発表によれば「妻の首を絞めて殺したが、首を絞めた理由は分からない」と容疑を一部否認する供述をしていると言うことです。

しかしながら、元田容疑者は、亡くなった理子さんを刃物のようなもので切り刻み、さらにその上で電気コードで首を絞めて殺害しており、自らも首を吊っていると頃を発見され緊急搬送されたのだと言います。

すなわち、無理心中であった可能性が高いのです。

28歳と26歳の夫婦でありますから、年齢も若く、将来に対して不安があったのかもしれませんし、その不安を払拭することが出来ずに殺害に至ってしまったのではないかと考えられています。

無理心中を試みようと考えた結果、とっさに首を絞めてしまっており、理由は分からないとしている供述にも納得がいきます。

また、精神的に病んでおり、それが原因で殺害に至ったのではないかとも推測されますが、2人は先月、結婚式の衣装をめぐり口論になったとして警察署に相談していたということで、もしかすれば結婚式の衣装問題がこじれて殺害されたという可能性も十分に考えられるでしょう。

スポンサーリンク

若くして亡くなってしまった

今回、殺害された理子さんは26歳と言う若さで亡くなってしまいました。

26歳というのは、これから人生が楽しくなってきますし、酸いも甘いも嚙み分けるまでにはまだまだこれからとったところだったはずです。

結婚もしてお子さんがいるのかはわかりませんが、結婚した当初は幸せな家庭生活を夢見て生活をしていたはずでしょうし、こんな最期になるとは夢にも思わなかったでしょう。

26歳という若さでこの世を去ってしまい、しかもそれが自分が愛した夫のてよって奪われてしまった命となれば、ものすごく残念でありますし、親御さんなどは悔やまれるでしょう。

この事件が発覚した際も理子さんの親族が「豊中市西泉丘の集合住宅に住む娘夫婦と連絡が取れない」と連絡をしたことがきっかけで発覚してるのですから、この訃報を聞いた際にはショックを隠しきれなかったでしょう。

何れにしても、教師による犯行であると言うことで、一層の波紋が広がりそうな一件です。

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

 

岩井二郎さん殺害事件の犯人の情報がこちら!名前や顔画像、マスコミが報道しない理由も
...

コメント