安斎美智代(あんざいみちよ)容疑者の顔画像がこちら!犯行動機と遺体放置の理由が酷い

国内NEWS

出典:FNN

 

福島・いわき市の住宅で高齢の女性の遺体が見つかった事件で、警察は、53歳の安斎美智代(あんざい みちよ)容疑者を逮捕しました。

2年も母親の遺体を隠す

河北新報他、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

スポンサーリンク

福島県いわき東署は12日、実母の遺体を2年以上にわたって自宅に隠していたとして、死体遺棄の疑いで、いわき市小名浜上神白、自称パート従業員安斎美智代容疑者(53)を逮捕した。
逮捕容疑は2016年9月ごろ、同居していた実母マサ子さん=当時(85)=が自宅で死亡しているのを認識しながら、遺体を自宅内に隠して遺棄した疑い。東署によると、遺体は箱のような物に入れられており、白骨化していた。目立った外傷はなく、東署は司法解剖して死因を調べる。
東署によると、容疑者はマサ子さんと2人暮らし。親族が11日、2人の所在が分からないと届け出て、署員が12日、自宅で遺体を発見。茨城県内にいた容疑者に事情を聴くと容疑を認めたという。

出典:河北新報

スポンサーリンク

安斎美智代容疑者について

こちらが、逮捕された安斎美智代容疑者のプロフィールです。

名前:安斎美智代(あんざい みちよ)

年齢:53歳

職業:パート従業員(※自称)

在住:福島県いわき市小名浜上神白

安斎容疑者は、2016年9月ごろ、同居していた実母マサ子さんが自宅で死亡しているのを認識しながら、遺体を自宅内に隠して遺棄した疑いで逮捕された人物です。

ちなみに、こちらが安斎容疑者の顔画像です。

出典:FNN

スポンサーリンク

犯行動機について

では、安斎容疑者の犯行動機は一体なんだったのでしょうか?

報道機関の発表によれば安斎容疑者は警察の調べに対して「お母さんが亡くなったのにそのままにした」「死んだのが分かっていてもそのままにしていた」などと容疑を認める供述をしているのだそうです。

おそらくですが、死因の特定には至っていないものの、お母様が亡くなったのは事実で、それを隠しきらなければならない何かがあったのではないでしょうか?

つまり、自分で殺害したもしくは死に至るような何かをしてしまった結果、このような最悪の結末を迎えてしまったということになるでしょう。

人が亡くなった場合には、死亡の事実を知った日から7日以内に死亡届というものを提出しなければなりませんので、それを怠ったということは何らかの原因がそこに存在しているのでしょう。

スポンサーリンク

自宅に2年間も隠している心情とは

この安斎容疑者は、実の母親の遺体をおよそ2年もの間隠しているということが明らかとなっています。

やはり、2年間も隠しているということで、それなりのストレスや精神的不安などがあったのだと思います。

どこかに「いつバレるのだろう」などのやましさや後ろめたさなどがあったと考えられますし、自分を育ててくれた母親の遺体をこのように放置しているのはものすごく可哀想で気の毒であります。

そうしたこと全く気にも留めないサイコパス的な人々もいますが、それでもやはり人の心を持っていると考えられますので、しっかりと反省して更生してもらいたいものです。

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

 

熊沢義信容疑者はイケメン元ホストで実家はいわき市!交際は勘違いでストーカーだった?
...

コメント