武智正剛はDVで過去にスーマラ解散!久保田インスタ炎上動画で濱家の危機管理能力が高い

この記事は6分で読めます

出典:そうなんだNews

スポンサーリンク

 

「M-1グランプリ2018」決勝の審査をめぐり、SNSへの動画配信で、審査員だった上沼恵美子さんへの暴言を発して、多くの非難を浴びている「スーパーマラドーナ」の武智正剛さんととろサーモン久保田さんですが、今回はこの暴言事件や武智さんのDV疑惑などについて迫ってみたいと思います。

武智正剛が謝罪

スポニチアネックスほか、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

スポンサーリンク

 「M―1グランプリ2018」決勝の審査を巡り、インスタライブの動画配信で、審査員を務めたお笑いタレント・上沼恵美子(63)に対する暴言で騒動を起こした「スーパーマラドーナ武智正剛(40)は7日、大阪ミナミのなんばグランド花月での通常公演に出演。

登場してすぐ「お騒がせして申し訳ありませんでした」とファンへ謝罪。その後はいつも通りネタを披露した。この日は11時、14時半からの2公演に出演。普段使う通用口を避けて違う入り口から出入りするなど、事務所サイドも混乱を避ける措置をとった。

出典:スポニチアネックス

スポンサーリンク

問題の動画とは?

では、問題となっている動画とは一体どのようなものなのでしょうか?

こちらが、その削除されたとされている動画のフル動画です。

とろサーモン久保田・武智フルムービー

この動画内では、とろサーモンの久保田さんと動画を撮影しえているスーパーマラドーナの武智さんが猛烈に上沼恵美子さんを批判していることが伺えると思います。

「酔ってるからっていうのを理由に言いますけど、そろそろもう辞めてください」

「自分目線の、自分の感情だけで審査せんといてください。1点でヒトの人生変わるんで。理解してください」

「オバハン」

「多分、お笑いのマニアの方は分かってますわ。お前だよ、一番(の席)、お前だよ。分かんだろ、右側の(席)!」

「審査に格差が生まれたら違うやん。それを『私が好きー』とか言い出したら違うやん」

「右のオバハンやん! 右のオバハンには皆ウンザリですよ」

「ネタが『嫌いです』とかって言われたら更年期障害かと思いますよね」


スポンサーリンク

なぜこのような批判を?

そもそもとろサーモンの久保田さんはいわゆるクズキャラとして人気を博しており、先輩芸人からも性根が腐っているなどと言われているなどしている人物です。

また、お笑い賞レースなどに評価やジャッジにおいては多少過敏になっていたようですが、上沼恵美子さんをこのように猛烈に批判するきっかけとなったのは、とろサーモンが見事に優勝を果たした「M-1グランプリ 2017」の大会後にまで遡ります。

同大会では、とろサーモンは見事優勝を果たしたのですが、世間的には爆笑を多くかっさらっていた和牛の方が断然面白かったという意見があり、「明らかに和牛の優勝」という意見までも出ていたのです。

さらに、これに拍車をかけたのが上沼恵美子さんが自身のラジオで以下のような発言をしていたことのようです。

そちらの動画がこちらです。

これは、2017年12月4日に朝日放送より放送された「上沼恵美子のこころ晴天」という番組で、シャンプーハットのてつじさんや、北村真平さんなどをゲストに迎えた会であり、この時には「優勝に相応しいのはとろサーモンではなく和牛だったと確信している」や、「とろサーモンと和牛では3点ほどの差があり、私の中では3位のミキととろサーモンが同じ得点」などと発言をしているのです。

ちなみに、M12017の1stラウンドの結果がこちらであります。

とろサーモン⇒645

和牛⇒653

ミキ⇒650

かまいたち⇒640

スーパーマラドーナ⇒640

ジャルジャル⇒636

さや香⇒628

ゆにばーす⇒626

カミナリ⇒618

マヂカルラブリー⇒607

そして、ファイナルラウンドの結果がこちらです。

オール巨人→和牛

渡辺正行→とろサーモン

中川家礼二→とろサーモン

春風亭小朝→とろサーモン

博多華丸 大吉→とろサーモン

松本人志→和牛

上沼恵美子→和牛

この和牛の方がよかったという上沼恵美子さんの言動や、実際に和牛にあげているという点に関しても、納得がいっていないのでしょう。

スポンサーリンク

各界からの批判

この騒動を受けて、2人が所属するよしもとクリエイティブ・エージェンシーの先輩芸人ら多くの芸人さんが、苦言を呈しており、あれはアカンと批判を繰り返しております。

▼ナインティナイン 岡村隆史

・「キャラで久保田みたいなのもいいけど、こればっかりは申し訳ないけど何回動画見てもあかん。何回見ても悲しくなる。これはあかんと思ってしまう」

・「悪いのは完全に2人」

・「決勝に出るような人は本当に漫才が好き過ぎてM-1にかけ過ぎてるんで、話分かるんですけど、抑えるとこは抑えんといかんと思うんですよ。どういう経緯で上沼さんが審査員引き受けたのか、いろんな人が頭を下げてお願いした訳じゃないですか」

▼博多華丸大吉 博多大吉

・「リスナーの皆さんに宣言しますよ。僕史上最大級の雷を落としますわ、あの2人には」

・「ひき肉どころじゃ済まないですよ、もうこねて炒めて火通して……あの野郎本当に」

・「お任せください。コテンパンしてやります」

▼笑い飯 哲夫

・「今回もいろいろ話題になり、武智が変なことやったと(ニュースに)あって。インスタ配信は駄目ですわ。配信はアカン」

・「そして、声を大にして言いたい。その動画は見てないが、久保田や武智の発言をまとめた文章を読みました。ギャロップの林もゴニョゴニョ言ってるんすよ。この林にも注目してください。こいつも言ってるんですよ」

▼ケンドーコバヤシ

・「いいや、後ですげえ泥塗ったやつおんねん。吉本興業の偉い人が走り回ってるかも。おれは知らんけど」

・「俺なら、2人が目の前におったら、アッパーでアゴ割ってやるけどね。割って、ちょっと(一緒に謝罪)いこうかと。口から血流してたら、もうええと言うてくれるやろ」

▼オール阪神・巨人 オール巨人

・「年に一度の皆さん楽しみの、楽しまれた折角のM-1やのに、つまらん本当に情けない話が。僕として、触れない訳にはいかないので、…ですが、ここでどうのこうの、書けないし、書きませんが、しっかりした大人に成れって伝えました!」

・「先輩としてM-1に携わってるものとして、会った時にちゃんと話ししますので、ここは此くらいでご了承ご理解下さい!」

ちなみに、オール巨人師匠は、毎年のようにM1グランプリを審査しておられますが、必ず禁酒や断酒をして審査に臨のだそうで、今回も8日間も断酒していることを自身のブログで明らかにしております。

もはや吉本のトップであり、漫才を極めていると言っても過言ではないとされる巨人師匠ですらこのように襟をただして臨むというそれほど由緒正しき、緊張する部隊であるM1グランプリですが、酔った挙句に大先輩に暴言を吐いていた久保田さんや武智さんの愚かさがさらに際立った結果となったことは否めません。

スポンサーリンク

武智はDV癖がある?

武智正剛さんは、スーパーマラドーナというお笑いコンビを結成しているのですが、実は以前には解散をしている事が明らかとなっています。

スーパーマラドーナはもともと、2003年12月に結成をしているコンビでありますが、2007年に解散をしており、そのおよそ4ヶ月後に同じメンバーで再結成をするという事案があったそうです。

解散の理由なのですが、ボケである田中さんが「お笑いを辞めたい」と武智さんに話した事がきっかけのようですが、お笑いにストイックな武智さんが田中さんに言い寄ったり詰めたり、DVなどをしているせいで、辞めたくなったのではないかと考えられているのです。

同期芸人である南海キャンディーズの山里亮太さんは、ボケの田中さんが「武智に詰められたせいで、いなくなったことがある」と自身のラジオ番組でエピソードを話しております。

また、Twitterからは武智さんの DVについてこのような情報も。

スポンサーリンク

濱家の危機回避能力の高さ

今回の武智さんが撮影したとされるのとろサーモン久保田さんと武智さんの暴言炎上動画では、その場に居合わせたM1グランプリ2018に出場した「ギャロップ」の林健さんや、「トム・ブラウン」のお二人、「和牛」の水田信二さん、「かまいたち」の濱家隆一さんなどが映し出されていますが、濱家さんの危機管理能力の高さを褒め称える声も多く寄せられております。

とっさの判断なのか、それともただ単にお酒に酔いつぶれてしまったのか分かりませんが、濱家さんは机に突っ伏して顔が見えないようにしておりますし、愚痴などをこぼしている様子も見受けられません。

また唯一、吉本芸人ではないケイダッシュステージに所属しており、この場に参加していた「トムブラウン」のお二人も終始無言を貫いているのも好感が持てます。

何れにしても、このような騒動に発展してしまっている以上、武智さんと久保田さんの仕事へのスムーズな復帰は難しいのではないかと考えられます。

スポンサーリンク

あなたへのおすすめの記事

 

久保田かずのぶと武智が上沼恵美子に暴言で炎上!松本人志の顔に泥を塗り、SNSの使い方が最低

 
error: You never click here!!