小松崎幹夫(こまつざきみきお)容疑者の顔画像がこちら!12歳への犯行動機がヤバい

この記事は3分で読めます

出典: FNN

スポンサーリンク

 

13歳未満と知りながら、中学1年の女子生徒と性交したとして、群馬県警少年課などは6日、強制性交等の疑いで、小松崎幹夫(こまつざき みきお)容疑者を逮捕しました。

中学生に強制性交の警察庁職員を逮捕

朝日新聞デジタルほか、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。


スポンサーリンク

中学1年(12)の少女と性行為をしたとして、群馬県警は6日、警察庁職員小松崎幹夫容疑者(44)=水戸市平須町=を強制性交等の疑いで逮捕し、発表した。「性的欲求を満たすためだった。12歳だと聞いていたと思う」と容疑を認めているという。

少年課によると、小松崎容疑者は6月3日午後1時45分ごろ、群馬県伊勢崎市内のラブホテルで、同県東部の少女と性行為をした疑いがある。

小松崎容疑者は関東管区警察局茨城県情報通信部機動通信課の係長。5月ごろ、SNSで少女と知り合い、やりとりを重ねて休日に誘い出した上、車に乗せてホテルへ向かったという。少年課は、金銭のやりとりはなかったとみている。7月、少女やその家族が警察署に相談し、発覚した。

強制性交罪は、相手が13歳未満と知りながら性交をした場合は、暴行や脅迫がなくても成立する。

出典:朝日新聞デジタル

スポンサーリンク

小松崎幹夫容疑者について

こちらが、小松崎幹夫容疑者のプロフィールです。

名前:小松崎幹夫(こまつざき みきお)

年齢:44歳

職業:係長

所属:関東管区警察局茨城県情報通信部機動通信課

在住:茨城県水戸市平須町

小松崎容疑者は、は6月3日午後1時45分ごろ、群馬県伊勢崎市内のホテルで、13歳未満の少女と知りながら、同県東毛地域に住む中学1年の少女(当時12歳)と性交したとして逮捕された人物です。

ちなみに、こちらが小松崎容疑者の顔画像です。

出典:FNN

スポンサーリンク

犯行動機について

では、小松崎容疑者の犯行動機は一体何だったのでしょうか?

報道機関の発表によれば、小松崎容疑者は「性的欲求を満たすため」と供述をしているのだそうで、これが主な犯行動機なのではないかと推測されます。

性欲を満たしたいのであれば、それ専門のプロのお店に頼むなどの方法がありますし、わざわざ12歳の少女に手を出す必要などなかったのではないかと考えられます。

ということは、ただ単に性欲を満たしたいのではなく、やはり未成年とりわけ15歳以下の少女が好きであったということになり、そういう人にしか興味がなく興奮しなかったのではないかとも考えられます。

小松崎容疑者がそうした性癖であることは実行に移さなければ大丈夫であると思いますが、やはり実際に犯してしまってはダメでしょう。

さらに、小松崎容疑者は警察庁の職員ということで、普段こうした犯罪を取り締まる立場にある人物による犯罪ということもなおよくない点であると言えます。

スポンサーリンク

関東管区警察局について

では、関東管区警察局とは一体どのような組織なのでしょうか?

こちらが、その組織の構成であります。

関東管区警察局組織図

出典:関東管区警察局

総務監察部

警務課

会計課

首席監察官

監察課

監察官(三人)

広域調整部

広域調整第一課

広域調整第二課

高速道路管理官(五人)

災害対策官

情報通信部

通信庶務課

機動通信課

通信施設課

情報技術解析課

通信支所

茨城県情報通信部

千葉県情報通信部

群馬県情報通信部

栃木県情報通信部

埼玉県情報通信部

神奈川県情報通信部

新潟県情報通信部

山梨県情報通信部

長野県情報通信部

静岡県情報通信部

そして、関東管区警察局の主な仕事内容がこちらであります。

  • 警察予算
  • 大規模災害対策
  • 広域警察事案対策
  • 広域的な交通規制、指導、取締り
  • 警察教養
  • 警察通信
  • 情報技術の解析

主に全国の警察官を取りまとめる警察庁という組織の中に属しているのですが、都警察本部である警視庁及び警察庁の附属機関である皇宮警察は関東管区警察局の傘下ではないということです。

スポンサーリンク

どのような罪に問われる?

今回、この小松崎容疑者は強制性交等の疑いで逮捕されているのですが、そもそも強制性交罪とは、刑法177条から180条に定められる性犯罪の中で最も重い犯罪とされるもので、準強制性交罪と強制性交罪が存在します。

準強制性交罪は,人の心神喪失・抗拒不能に乗じるか,心神喪失・抗拒不能にさせて,わいせつな行為をするという罪ですので、”準”がつくからといって罪が軽くなることは決してありません。

「心神喪失」とは,意識喪失(睡眠・泥酔など)や、高度の精神障害などによって性的行為につき正常な判断ができない状態にあることをいいますので、この黒澤容疑者の場合は、泥酔した女性を無理やり性交しようとしている可能性があるために、準強制性交未遂罪が適用されるのです。

この二つの罪は仮に未遂であったとしても、今回のように適用されます。

準強制わいせつという犯罪もありますが、わいせつな行為とは性行為を含まず、体などを触る行為であるとされていますので、性犯罪の中で最も重いとされているのが、この強制性交罪および準強制性交罪なのです。

つまり、今回は性犯罪の中でもっとも重い罪を犯しておりますし、未成年とりわけ12歳ということで大きな波紋が広がることでしょう。

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

 

坂口杏里の現在がヤバい!なぜAV女優になったのか?復帰や知的障害などについても

 
error: You never click here!!