石橋和歩彼女写真の情報がこちら!パトカーにも煽り運転で「殴るために生きている」と発言

この記事は4分で読めます

出典:JNN

スポンサーリンク

 

神奈川県の東名高速であおり運転により停車させられた車がトラックに追突され夫婦が死亡した事故で、石橋和歩(いしばし かずほ)被告に対する裁判員裁判の第5回公判が7日行われました。

かなりの数の交通トラブルを引き起こしていた

毎日新聞ほか、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

スポンサーリンク

神奈川県の東名高速であおり運転により停車させられた車がトラックに追突され夫婦が死亡した事故で、自動車運転処罰法違反(危険運転致死傷)などの罪に問われた石橋和歩被告(26)=福岡県中間市=に対する裁判員裁判の第5回公判が7日、横浜地裁(深沢茂之裁判長)であり、被告の車に同乗していた元交際相手の女性への証人尋問があった。女性は「罪をつぐない、二度としないでほしい」と語った。

死亡したのは静岡市清水区の萩山嘉久さん(当時45歳)と妻友香さん(同39歳)。検察側によると、被告は昨年6月5日夜、東名パーキングエリアで嘉久さんに注意され、夫婦や娘2人が乗る車を追跡。あおり運転で高速道路上に停車させ、そこに後続のトラックが衝突し、夫婦が死亡、娘2人もけがをした。

同乗女性の証言によると、一家の車に向かっていく被告に、女性は「やめて、危ないから」と止めたが、反応はなかった。被告が嘉久さんにつかみかかると、子供の泣き声が聞こえた。女性が「子供がいるからやめて」と制止すると、暴行をやめた。証言を聞く中、被告はメガネを外し、目元をぬぐうような仕草をみせた。

石橋被告は昨年10月に逮捕されたが、女性は「事故から逮捕までの数カ月間に(被告は)10回以上、交通トラブルを起こしていたと思う」と語った。

出典:毎日新聞

スポンサーリンク

石橋和歩被告について

こちらが石橋被告のプロフィールです。

名前:石橋和歩(いしばし かずほ)

年齢:25歳

職業:建設作業員

在住:福岡県中間市扇ヶ浦

家族構成:父と母が高2の時に離婚し、男ばかり3兄弟の真ん中として育つ

学歴:地元の公立中学出身→高校中退

石橋被告は、神奈川県大井町の東名高速道路で昨年6月、あおり運転を受けて停車させられた夫婦が追突され死亡した事故で、自動車運転処罰法違反(危険運転致死傷)などの罪に問われていた人物です。

白色のホンダストリームに乗り、亡くなった萩山嘉久さんと妻の友香さんの2人とその娘さんが乗る車の進路を妨害し、その弊害によって後ろ来たトラックに追突され、萩山嘉久さんと妻の友香さんの2人は死亡しているのです。


スポンサーリンク

事故に至った経緯は?

では、一体どうしてこのようなおぞましい事故に至ってしまったのでしょうか?

石橋被告は「なぜ萩山さんの車をわざわざパーキングから追いかけたのか?」という質問に以下のように答えています。

取材記者「なぜPAから追いかけていった?」

石橋被告「やっぱり言われたらカチンとくるけん。(中井PA)から普通に高速に出よったから抜かしていったら後ろから煽られて。止まれってことだよねって思ったらそこ(追い越し車線)で止まった感じです」

取材記者「2人も亡くなっていますが?」

石橋被告「やっぱりそれは悪いことしたなって思います」

取材記者「悪いことしたなった言うと?」

石橋被告「そこ(追い越し車線)に止まったから」

つまり石橋被告は、注意されたことに腹を立てたために、嫌がらせのつもりで追いかけたが、そのあとは萩山さん一家の車に煽られたと主張しているのです。

この見解は、良識のある一般人の回答とは思えず、どう考えても福岡県の地元のヤンキーか、DQNであるという見解が強いようです。

スポンサーリンク

直筆の手紙がヤバい

そんな石橋被告ですが、産経新聞の記者宛に直筆で手紙が届いており、その内容があまりにも酷すぎとして大きな話題となっているのです。東名夫婦死亡 石橋和歩 手紙に関連した画像-03

出典:俺的ゲーム速報@JIN

逮捕直後は「(被害者夫婦に)あおられたり、パッシングされたりしたため停車した」と供述をしていたのですが、目撃証言やドラレコ動画などから供述が虚偽であることが判明しており、石橋被告は「現場近くのパーキングエリアで駐車場所を注意され頭にきて追いかけた」などとコメントを変えているのです。

さらに、産経の記者に送った内容がこちらです。

俺と面会したいなら30万からやないと受けつけとらんけん

それが無理なら諦めたがいいよ

人の事ネタにするのにタダで面会してもらうとか考え甘いばい

出典:産経ニュース

人2人を死亡させておいて、この期に及んで30万円からの金額を要求するとは心底性根が腐っているとしか考えられないのですが、なぜ30万という金額に設定したのかも分かりません。

スポンサーリンク

パトカーにも煽り運転

そんな非常識な男として知られている石橋被告ですが、パトカーに対しても煽り運転をしていることが明らかとなったのです。

石橋被告が別の車を追尾中だったパトカーを「警察のくせに速度を守っていない」と追いかけ、パトカーに急接近するなどの危険運転行為をしていたことも明らかにした。

出典:産経ニュース

さらに、殴るために生きているという発言も見受けられました。

また、強要未遂事件の男性被害者=当時(44)=らに対する証人尋問も行われた。男性は石橋被告のあおり運転を受けて車をバイパス上で停車させた際、警察官を呼ぶと、石橋被告が「殺すぞ」「俺は人を殴るために生きている」などと叫んでいたと証言した。

出典:産経ニュース

今現在、石橋被告は殴ることが出来なくなっているわけですから、生きている価値や意味がないと考えられますが、なぜ石橋被告は生きているのでしょうか?

煽り運転をこれほどまでに繰り返しており、2017年5月に石橋被告に煽り運転の被害に遭われたという男性の証言では、

(石橋被告は)車から降りてきて、車のドアをがんがん殴るなり、『出てこい!けんかするぞ!』みたいな感じで脅してきた。私も怖いなと思ったので、車の鍵を閉めて外に出ないようにして、横のガラスなり、フロントガラスをグーで割るのではないかという勢いでどんどん殴ってきた

出典:TBSニュースi

という、あまりにも非常識な内容であるとのことです。

罪を償い、2度としないことは当たり前なのですが、「子供がいるからやめて」という発言に制止をするという少しは人間らしい一面も垣間みえていただけに、女性の前でイキリたがる性格さえなければ、このような悲惨な事故は起こらなかったでしょう。

ちなみに、石橋和歩被告の車に同情していた彼女とされる人物なの名前や顔画像に関しては詳しい情報が公開されておらず、また、特定するにも至っておりませんので、こちらに関しては詳しい情報が入り次第、随時お伝えしていこうと思います。

スポンサーリンク

女性の前でかっこつける心情

女性の前でかっこをつけたがるというのは、日常茶飯事であったということです。

「『お前はなんてことをしたんや!』って怒ったんよ。そしたら彼は、『悪かったと思っとる』と言っとった。『向こうから絡んできたんや。思わずカッとなった』と弁明の言葉もあったち。うちら普段のあいつを知っとるけ、想像つかん部分もあるっち。近所の子供が熱出た時に車だしてくれたり、出張いうたら駅まで送ってくれたり。運転すると豹変する男もおるけど、和歩は違うち。いつも安全運転やったけ、同乗してた女にかっこつけようとしたんと違うか」

出典:女性セブン

もはや、このようにかっこをつけるだけの男性を交際をしている女性の心情も疑ってしまうほど、謎なのですが、一体石橋被告のどこに魅力を感じたのでしょうか?

車に乗れば煽り運転を繰り返し、殴るために生きているなどと公言をしているなど、まるで人とは思えない人物でありますので、なぜ交際をしたのかが疑問に残ってしまいます。

いずれにしても、亡くなった2人には心よりご冥福をお祈り申し上げます。

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

 

石橋和歩(いしばしかずほ)の直筆の手紙がヤバい!現在は反省を全くしていない

 
error: You never click here!!