ソフトバンク通信障害はファーウェイ副社長の逮捕と基地局利用が関係か!スパイ認定の陰謀論についても

この記事は3分で読めます

出典:Twitter

スポンサーリンク

 

ソフトバンクの携帯電話が通信障害の影響で、使用出来なくなっており、多くのユーザに影響が出ております。

今回は、このソフトバンクの通信障害がファーウェイ副社長逮捕と関係しているという陰謀論などについて迫ってみたいと思います。

ソフトバンクで通信障害 復旧のめど立たず

FNNほか、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

スポンサーリンク

ソフトバンクの携帯電話サービスで、東京都心など、広範囲で通信障害が発生。

ソフトバンクによると、ソフトバンクとワイモバイルの携帯電話サービスで、6日午後1時39分ごろから、東京都心など、広範囲で通信障害が発生している。

北海道や大阪、兵庫などにも影響が広がっていて、利用者から、「つながりにくい」などと問い合わせが相次いでいる。

利用客は「今までなかったので、携帯の故障かなと思った。修理に持ってきたんですけど」、「インターネットで検索できないので、道とか調べられなくて困っている」などと話した。

今のところ、復旧のめどは立っていないということで、ソフトバンクは、原因の調査と復旧を急いでいる。

出典:FNN

スポンサーリンク

復旧のめどは?

では、復旧のメドは一体何時頃になるのでしょうか?

ソフトバンクでは、2018年12月6日午後18時現在で以下のようなコメントを発表しております。

いつもソフトバンクをご利用いただき、誠にありがとうございます。
本日午後1時39分頃より、一部の地域で携帯電話サービスがご利用しづらい状況が発生しており、詳細を確認しております。
ご利用のお客さまには、ご迷惑をお掛けしておりますことをお詫び申し上げます。

出典:ソフトバンク

また、「ソフトバンク」のほか、ソフトバンク回線を使用している格安ブランドの「ワイモバイル」や「LINEモバイル」、「マイネオ」でも、ソフトバンクの回線を使うプランで全国的につながりにくい状況となっているのだそうです。

現在のところ復旧のメドは立っておりませんが、ソフトバンクの現在の契約者数は全国に37,046,600人ほどいるとされており、これにソフトバンク回線を有する格安SIMを使用するユーザーを合わせると4千万人前後になるのではないかと考えられますので、大きな影響が出ることは間違いありません。

こちら、復旧のメドに関して、詳しい情報がわかり次第、随時お伝えしていこうと思います。

スポンサーリンク

ファーウェイ副社長逮捕との関係ある?

華為技術の孟晩舟最高財務責任者=会社ホームページから

出典:HUAWEI

通信障害が発生したとされる2018年12月6日という日付は、中国企業のスマホ通信機器大手である「ー華為技術ーHUAWEI(ファーウェイ)」の副社長が逮捕されたとしても大きな話題となっておりました。

カナダ司法省は5日、米当局の要請を受けて中国の通信機器最大手、華為技術(ファーウェイ)幹部を逮捕したと発表した。背景にあるのは米国政府・議会が急ぐ中国の通信・監視カメラなどハイテク企業を排除する動きだ。中国が通信機器を経由して米国の軍事技術情報を盗み取っていると見るためだが、対米関係を優先すれば、製造・部品調達の見直しにもつながるだけに企業には困惑も広がる。

出典:日本経済新聞

この逮捕がどのように関係しているのかと言えば、ファーウェイはアメリカでスパイ認定されており、それを使用してはいけないと通達があったと言います。

米国の政府や議会はファーウェイやZTEが中国政府のスパイ活動に使われていると警戒を強め、両社製品の政府調達を禁じた。米連邦通信委員会(FCC)も政府補助金を受ける通信会社に対し、2社の製品を使わないよう求めている。

ファーウェイは中国人民解放軍出身の任正非・最高経営責任者(CEO)が1987年創業した中国の通信機器大手。17年12月期の売上高は6036億元(約9兆9千億円)。売上高の5割を基地局など通信会社向け、4割をスマートフォン(スマホ)など一般消費者向けが占める。基地局の世界シェアは1位、スマホでは韓国サムスン電子に次ぎ2位。

出典:日本経済新聞

そして、このアメリカから使用してはいけないと言われており、スパイ認定されているファーウェイの企業の通信機器を基地局で使用しているのがソフトバンクなのです。

スポンサーリンク

通信障害との関係性は?

では、通信障害との関係は一体どのようになっているのでしょうか?

TOCANAによれば、以下のような陰謀論があるのだそうです。

米中貿易戦争が長引く中、アメリカは自国の情報が中国に流れることを防ぐため、サイバーセキュリティのリスクを考え、政府機関や通信業者にファーウェイの使用中止を求めていました。こうした一連の騒動と今回の障害が関係していると疑う声が上がってしまうのも当然です。今後、これ以上に物騒な事件が出てこないかが心配ですが……

出典:TOCANA

つまり、ファーウェイの副社長が逮捕されたタイミングで、ファーウェイの通信機器を基地局で使用しているSOFT BANKが、ファーウェイはアメリカからスパイ認定がされているために、サイバー攻撃を受け通信障害へと発展したのではないかとのことです。

アメリカの会議では、2012年頃からHUAWEIの機器が中国政府のスパイ行為に利用されるおそれがあると指摘されておりましたので、ここへ来た逮捕されたタイミング合致したのでしょう。

また、ソフトバンクは上場を間近にしておりましたので、それも関係しているのではないかとのことです。

スポンサーリンク

PayPayも関係している?

「paypay」の画像検索結果

出典:Yahoo!

ヤフーとソフトバンクの合弁会社で、QRコード決済を展開しているPayPay(ペイペイ)は12月4日、「期間限定の大規模ポイントバック施策100億円あげちゃうキャンペーン」をスタートさせました。

このPayPayですが、キャッシュレス化が急がれる昨今のサービスの中で、ソフトバンクが今後押していくシステムとして注力されていますが、このPayPayの普及を面白く思っていない人もいるはずです。

LINEPAYやPayPalなどのバーコード決済やキャッシュレス決済を主に扱っている企業の陰謀によって普及を妨害するためにサイバーテロを仕掛けたのではないかとの説も浮上しているのです。

いずれにしても、 多くのユーザーがいるソフトバンクの通信障害ということで、一層の波紋が広がりそうな一件です。

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

 

ソフトバンク復旧はいつ?過去の事例から分析!基地局次第で2ヶ月使用出来ない場合も!

 
error: You never click here!!