中村外士雄(なかむらとしお)容疑者の顔画像がこちら!幸神クリニックの評判がヤバい

この記事は3分で読めます

出典:rkb

スポンサーリンク

 

福岡県警は5日、北九州市の自宅で昨年4月、痛み止めとして局所麻酔薬を投与した妻の体調が悪くなったのに放置し死亡させたとして、中村外士雄(なかむら としお)容疑者を逮捕しました。

妻に局所麻酔を投与で殺害

産経ニュース他、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。


スポンサーリンク

福岡県警は5日、北九州市の自宅で昨年4月、痛み止めとして局所麻酔薬を投与した妻の体調が悪くなったのに放置し死亡させたとして、保護責任者遺棄致死の疑いで北九州市八幡西区幸神、幸神クリニック(同区)院長で医師の中村外士雄容疑者(69)を再逮捕した。

再逮捕容疑は昨年4月1日未明、当時住んでいた自宅で、肩などの痛みを訴えた妻、直美さん=当時(63)=に局所麻酔薬リドカインを多量に投与、容体が急変したのに適切な処置を取らず急性リドカイン中毒で死亡させた疑い。

中村容疑者は今年8月、自身の医院で診療報酬などを架空請求したとして詐欺の疑いで2回逮捕。その後起訴され、現在公判中。

出典:産経ニュース

スポンサーリンク

中村外士雄容疑者について

こちらが、逮捕された中村外士雄容疑者のプロフィールです。

名前:中村外士雄(なかむら としお)

年齢:69歳

職業:医者

在住:福岡県北九州市小倉北区

中村容疑者は、昨年4月1日未明、当時住んでいた自宅で、肩などの痛みを訴えた妻直美さんに局所麻酔薬リドカインを多量に投与し、容体が急変したのに適切な処置を取らず急性リドカイン中毒で死亡させた疑いで逮捕された人物です。

ちなみに、こちらが逮捕された中村容疑者の顔画像です。

出典:nnn

スポンサーリンク

犯行動機について

では、中村容疑者の犯行動機は一体なんだったのでしょうか?

報道機関の発表によれば、中村容疑者は警察の調べに対して「妻が肩などの痛みを訴えたので、数年前から注射していた。異変を感じたが、寝てしまった」との供述をしておりますが、容疑の認否に関しては明らかにしておりません。

おそらくこの歳になって妻を殺害するというのは、よっぽどのトラブルなどがあったものと考えられますし、腹が立っていたのでしょう。

殺害の方法も、鈍器のようなもので殴ったり刃物で殺害をするというものではなく、医師らしく薬を投与しているという点も納得することが出来ます。

しかしながら、妻を殺害する動機に関しては金銭面か不倫などの男女トラブル以外は考えられませんがどうなのでしょうか?

スポンサーリンク

幸神クリニックの評判が最悪

そんな中村容疑者ですが、福岡県北九州市八幡西区 幸神2丁目1−21 AスターBLD 2Fにある「幸神クリニック」という病院で、院長を務めているのですが、そこの評判があまりにも酷いとして話題にもなっているのです。

まずは、幸神クリニックの詳細です。

名称:医療法人幸神クリニック

診療科目:内科 小児科 呼吸器内科

電話(日中)093-642-4151

休診日:日・祝

幸神クリニックはこの事件がある前から、非常に評判が悪いことでも知られておりました。

こちらは、とある掲示板に書かれていた幸神クリニックの噂です。

388:名無しでよか?(2016/11/21(月) 03:09:08 ID:TZv1Mwug)
幸神クリニックの院長について良くない話しを聞いて驚いて検索してたのですが、病院としても評判良くないんですね。
聞いた話は、院長の話と院長の今の奥さんの話で、医療には直接関係ないので書かないことにします。
私の姉が最近まで息子を通わせていたのですが、看護師さんの対応が良くなかったそうで院長は普通だったそうです。
私が通った話としては、、、幼い頃に通っていて最後に行ったのは10年程前の高校生でしたが、その時唇が少し荒れていて(唇の荒れを見てもらいに行った訳ではありません)それを院長から激しいキスでもしたの?と聞かれて心底うんざりした記憶があります…。
他の診察とかは特に良くも悪くも無く普通だったのですが…うーん…自分の子供は連れていかないな。

出典:まちBBS

医療関係者であってもこのような冗談はよくありませんし、そこまで面白いものでもありませんから不適切な発言であると言えます。

スポンサーリンク

リドカインとは?

では、今回殺害に使用されたとされるリドカインとは一体どのようなものなのでしょうか?

出典:rkb

リドカインとは、世界で最も広く使用される局所麻酔薬と知られており、抗不整脈薬としても広く親しまれています。

また、神経痛や手足のしびれの症状の一部にも有効であることから、幅広い医療の現場で使用されることがあるのだそうです。

白色から微黄色の結晶あるいは結晶性の粉末でmメタノール又はエタノールに極めて溶解しやすいために、多くは「リドカイン注射液」として使用されることがあるのだと言います。

表面麻酔、浸潤麻酔、伝達麻酔、脊椎麻酔、硬膜外麻酔に用いられる他、市販でも点鼻薬や外用薬などの成分の一部として使用されていることもあるのだと言います。

主な副作用として、中毒、眠気、不安、興奮、霧視、眩暈、悪心、嘔吐、過敏症、蕁麻疹、皮膚症状がある他、投与の具合によっては以下のようなことがあるのだそうです。

・ショック

・徐脈、

・不整脈

・血圧低下

・呼吸抑制

・チアノーゼ

・意識障害

・心停止

・アナフィラキシーショック

・振戦

・痙攣

・中毒症状

・運動障害

・一過性異常感覚

・持続的異常感覚

・疼痛

・知覚障害

・膀胱直腸障害

・神経学的疾患

・頻脈

・血圧変動

・急激な体温上昇

・筋強直

・血液暗赤色化

・過呼吸

・発汗

・アシドーシス

・高カリウム血症

・ミオグロビン尿

・ポートワイン色尿

・重篤な悪性高熱

いずれにしても、亡くなった奥さんには心よご冥福をお祈り申し上げます。

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

 

有岡大貴と彼女 松岡茉優の熱愛自宅マンションを特定!山田涼介のスクープと同じ場所か

 
error: You never click here!!