鈴木麗央(すずきれお)2等機関士の顔画像が流出!現場特定で事故原因や飲酒の動機が酷い

出典:NNN

スポンサーリンク

 

福島県教委は3日、県立いわき海星高校で未成年に飲酒強要をし、さらに飲酒運転で事故を起こした男性職員を鈴木麗央(すずきれお)2等機関士であると発表しました。

生徒と飲酒し、運転して事故

河北新報他、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

スポンサーリンク

福島県教委は3日、いわき海星高の職員鈴木麗央2等機関士(27)が飲酒の上に同校の男子生徒2人を乗用車に乗せて事故を起こし、3人が重軽傷を負ったと発表した。いわき東署が酒気帯び運転容疑などで捜査している。
県教委によると、鈴木機関士は「11月まで約2カ月続いたハワイ沖での遠洋航海実習の打ち上げで集まった。生徒3人と計4人で飲酒した」との趣旨の話をしているという。
東署などによると、2日午前3時半ごろ、いわき市小名浜の県道で、鈴木機関士の車が道路脇の建物のシャッターや止まっていた複数の車に衝突。鈴木機関士と生徒(16)がともに胸に大けがをした。別の生徒(17)は顔に軽いけが。
県教委の説明で、もう1人を含め生徒3人は海洋工学科2年生。鈴木機関士は3人と1日午後7時ごろから居酒屋で飲酒。自身の車でカラオケ店に移り、翌2日午前3時すぎまで飲酒した。事故は生徒1人を車で自宅に送り届けた後に起こしたという。
航海実習には生徒ら約50人が参加した。打ち上げと称した同様の行為について同校は県教委に「なかった」と説明したという。
記者会見した県教委の熊田孝政策監は「事実関係を確認して厳正に対処する。教育への信頼を裏切り、おわび申し上げる」と謝罪した。

出典:河北新報

スポンサーリンク

鈴木麗央2等機関士について

こちらが、ものすごい事故を起こしてしまった、鈴木麗央2等機関士のプロフィールです。

名前:鈴木麗央(すずき れお)

年齢:27歳

職業:2等機関士

在住:福島県いわき市小名浜大原

鈴木麗央2等機関士は、2日午前3時半ごろ、いわき市小名浜の県道で、酒を飲んで乗用車を運転し、その後カーブを曲がりきれず、道路沿いの工場のシャッターに突っ込み、同乗していた男子生徒が腰の骨などが折れる重傷を負わせたとして県教育委員会が懲戒処分を検討している人物です。

自動車運転死傷処罰法違反(過失運転致傷)と、道交法違反(酒気帯び運転)では書類送検される見込みであり、未成年者飲酒禁止法違反容疑での立件も視野に入れられているということです。

ちなみに鈴木2等機関士の顔画像などは公開されておらず、また、特定するにも至っておりませんので、こちらに関しては詳しい情報が入り次第、随時お伝えしていこうと思います。

出典:いわき海星

機関及び機械類の運転・整備、燃料油・潤滑油、廃油、排水及びボイラ水の管理、電気及び冷暖房設備の整備、所属する備品・消耗品の管理、所属に係わる記録等を行う。

出典:いわき海星

機関士とは、機関部の中でも機関長と一等機関士に次ぐ位に位置している役職で、主には整備や運転などを担当する職業です。

これら甲板部や無線部、司厨部の全ての部がうまく機能しなければ、航海する事が出来ませんので、1人たりとも無駄な職業はないのですが、そんな大事な役職を担っている2等機関士が飲酒をして未成年に強要させ、さらに事故を起こすとは最悪の出来事です。

逮捕された鈴木2等機関士は練習船「福島丸」の2等機関士であるという事ですので、こちらにもしかしたら顔画像が掲載されている可能性も十分に考えられます。

福島丸船員顔画像

スポンサーリンク

事故現場について

では、事故現場は一体どこなのでしょうか?

報道機関の発表によれば、こちらがその事故現場であるそうです。

出典:FNN

こちらをGoogleのストリートビューと地図で検索をしたところ、以下のような場所であることが判明しました。

事故があったのは、福島県いわき市小名浜古湊178−1にある田中鉄工所という鉄工所で、シャッターが大破しており、その前の縁石にも激しくぶつかっているということです。

地図をご覧になって頂ければお分かりかと思いますが、こちらは県道156号線であり、以下のストリートビューは事故を起こす直前に鈴木2等機関士がそうこうしていたとされる道路の様子です。

そして、この道路を真っ直ぐ走行して行けば、以下のようになるのですが、緩やかなカーブがあるとされており、そこを曲がりきれなくてその先にある田中鉄工所さんに衝突したのではないかと考えられているのです。

出典:Twitter

シャッターが大破している他、トラックがこの事故によって運転不能となっているために、しばらくは操業を休業しなければならないのだそうです。

スポンサーリンク

飲酒運転は減らない

2018年9月6日の午前6時57分、東京都にある山手通りの東中野駅近くで飲酒ひき逃げ事故を引き起こして逮捕・起訴され懲役2年執行猶予5年の判決が言い渡された吉澤ひとみ被告ですが、このような元国民的アイドルが飲酒運転をして大変な騒ぎを引き起こしているにも関わらず、全くもって飲酒運転は減る気配がありません。

自分だけは違うという思いがどこかにあるのだと思いますし、絶対に自分は大丈夫とたかをくくっているのでしょう。

振り込め詐欺の被害者にも共通していますが、基本的にこの手の人は「自分は大丈夫」とたかを括っており、他人の出来事を自分の出来事のように捉える人はなかなかおりません。

これは、人間は自分の生活や身の回りのことで精一杯であり、他人のことを気にかけている余裕などがないために、見て見ぬ振りをする傾向や事なかれ主義、また他人の気持ちになれないなど興味関心がないために引き起こされます。

自動車教習所に通っている際には、「飲酒運転は絶対にダメ」と、DVDや講義で口すっぱく言われていたと思いますが、それでも減らないのは学習能力がないか、それよりも自分に関係ないと心から思っている証拠でしょう。

何れにしても、このような事故が引き起こされてしまっていますので、一刻も早く再発防止策を感がる必要があるでしょう。

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

 

鈴木麗央(すずきれお/いわき海星職員)2等機関士の顔画像!現場判明で飲酒運転の動機がヤバい
...

コメント