久保田武智インスタライブの削除された動画がこちら!上沼恵美子を批判した真相がヤバい

この記事は6分で読めます

出典:Twitter

スポンサーリンク

 

漫才の日本一を決める大会、M1グランプリが2018年12月2日に行われ、見事最年少コンビの霜降り明星が優勝を果たしました。

しかしながら、今回はスーパーマラドーナの武智さんと、とろサーモンの久保田かずのぶさんが審査員の上沼恵美子さんに対して「自分目線の、自分の感情だけで審査せんといてください」などと厳しく批判をし、炎上する騒ぎとなっています。

今回は、このとろサーモン久保田さんと武智さんのインスタライブの動画や、真相について迫ってみたいと思います。

続報:武智さんにDV癖がある事が明らかとなりました↓

武智正剛はDVで過去にスーマラ解散!久保田インスタ炎上動画で濱家の危機管理能力が高い

とろサーモン久保田が猛烈に批判

リアルライブほか、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

スポンサーリンク

2日に放送された『M-1グランプリ2018』(テレビ朝日系)で審査員を務めた上沼恵美子を、「とろサーモン」の久保田かずのぶが痛烈に批判した。

事の発端となったのは、今回7位で敗退したお笑いコンビ・スーパーマラドーナの武智が『M-1グランプリ』放送後に配信したインスタライブだった。動画に映った2017年チャンピオン・久保田は泥酔した様子で「酔ってるからっていうのを理由に言いますけど、そろそろもうやめてください」と発言。さらに、「自分目線の、自分の感情だけで審査せんといてください。1点で人の一生変わるんで。理解してください」と批判した。具体的な審査員の名前は口にしなかったものの、久保田らは「オバハン」と連呼。「たぶん、お笑いマニアの人は分かってますわ。お前だよ、一番、お前だよ。分かんだろ、右側の!」と、久保田はカメラに向かって威嚇した。

今回、一番右の審査席に座っていたのは上沼。また、審査員の中で女性は上沼しかいなかったことから「オバハン」は上沼のことだと推測される。

その後、久保田は「申し訳ないけど、審査するってことは、演者と一緒で同じ熱量で点数が同じだって思いたいやん」「これが格差が生まれたら違うやん。それを、『私が好きー』とか、言い出したら!」と言い放つと、足でテーブルを蹴った。画面の外からは笑い声が漏れ、「右のオバハンやん! 右のオバハンにはみんなウンザリですよ」「そんで『嫌いです』って言われたら更年期障害かと思いますよね」という声が聞こえた。久保田はそれに同調。「そやろ。『私は年だから分からへんねん』とか知らんねん!」と叫んだ。

上沼は今回の『M-1グランプリ』でハゲネタを盛り込んだ「ギャロップ」の漫才に対し「自虐ネタはあかん」と酷評し、89点をつけた。その後「大ファン」という「ミキ」が自虐ネタを披露すると、「自虐なんだけど突き抜けてる」と絶賛しつつ、98点と高く評価した。また、前回の『M-1グランプリ2017』では「マヂカルラブリー」に対し、「よう決勝に残ったな」と暴言を吐いて物議に。このことから上沼に対し不満を抱いていたお笑いファンも少なくなかったようだ。久保田の発言に関し、お笑いファンから「よく言ってくれた!」「みんなが思っていたことを代弁してくれてありがとう」「干される覚悟で言ったならすごすぎる」などと賞賛する声が集まる事態となっている。

一方の上沼は3日放送のラジオ番組『上沼恵美子のこころ晴天』(ABCラジオ)内で「私みたいなこんな年寄りがね、ポンっと座ってえらそうにしている場合ではないんですよ」と言い、「だからもう、私は引退します」と審査員引退を宣言。しかし、「審査員は引退しますけど、むしろ(出場者として)出たいですね」と冗談めかしていた。

波乱を巻き起こした『M-1グランプリ2018』。インスタライブで配信された動画はすでに削除されたものの、お笑いファンによって既に広く拡散されており、久保田の勇気を称える声が多く集まっている。

出典:リアルライブ

スポンサーリンク

続報:武智さんにDV癖がある事が明らかとなりました↓

武智正剛はDVで過去にスーマラ解散!久保田インスタ炎上動画で濱家の危機管理能力が高い

問題の動画とは?

では、問題となったインスタライブの動画は一体どのようなものなのでしょうか?

こちらが、そのインスタライブの動画です。

この動画内では、とろサーモンの久保田さんと動画を撮影しえているスーパーマラドーナの武智さんが猛烈に上沼恵美子さんを批判していることが伺えると思います。

「酔ってるからっていうのを理由に言いますけど、そろそろもう辞めてください」

「自分目線の、自分の感情だけで審査せんといてください。1点でヒトの人生変わるんで。理解してください」

「オバハン」

「多分、お笑いのマニアの方は分かってますわ。お前だよ、一番(の席)、お前だよ。分かんだろ、右側の(席)!」

「審査に格差が生まれたら違うやん。それを『私が好きー』とか言い出したら違うやん」

「右のオバハンやん! 右のオバハンには皆ウンザリですよ」

「ネタが『嫌いです』とかって言われたら更年期障害かと思いますよね」

続報:武智さんにDV癖がある事が明らかとなりました↓

武智正剛はDVで過去にスーマラ解散!久保田インスタ炎上動画で濱家の危機管理能力が高い

スポンサーリンク

なぜこのような批判を?

そもそもとろサーモンの久保田さんはいわゆるクズキャラとして人気を博しており、先輩芸人からも性根が腐っているなどと言われているなどしている人物です。

また、お笑い賞レースなどに評価やジャッジにおいては多少過敏になっていたようですが、上沼恵美子さんをこのように猛烈に批判するきっかけとなったのは、とろサーモンが見事に優勝を果たした「M-1グランプリ 2017」の大会後にまで遡ります。

同大会では、とろサーモンは見事優勝を果たしたのですが、世間的には爆笑を多くかっさらっていた和牛の方が断然面白かったという意見があり、「明らかに和牛の優勝」という意見までも出ていたのです。

さらに、これに拍車をかけたのが上沼恵美子さんが自身のラジオで以下のような発言をしていたことのようです。

そちらの動画がこちらです。

これは、2017年12月4日に朝日放送より放送された「上沼恵美子のこころ晴天」という番組で、シャンプーハットのてつじさんや、北村真平さんなどをゲストに迎えた会であり、この時には「優勝に相応しいのはとろサーモンではなく和牛だったと確信している」や、「とろサーモンと和牛では3点ほどの差があり、私の中では3位のミキととろサーモンが同じ得点」などと発言をしているのです。

ちなみに、M12017の1stラウンドの結果がこちらであります。

とろサーモン⇒645

和牛⇒653

ミキ⇒650

かまいたち⇒640

スーパーマラドーナ⇒640

ジャルジャル⇒636

さや香⇒628

ゆにばーす⇒626

カミナリ⇒618

マヂカルラブリー⇒607

そして、ファイナルラウンドの結果がこちらです。

オール巨人→和牛

渡辺正行→とろサーモン

中川家礼二→とろサーモン

春風亭小朝→とろサーモン

博多華丸 大吉→とろサーモン

松本人志→和牛

上沼恵美子→和牛

この和牛の方がよかったという上沼恵美子さんの言動や、実際に和牛にあげているという点に関しても、納得がいっていないのでしょう。

続報:武智さんにDV癖がある事が明らかとなりました↓

武智正剛はDVで過去にスーマラ解散!久保田インスタ炎上動画で濱家の危機管理能力が高い

スポンサーリンク

久保田・武智が謝罪

そんな渦中のとろサーモン久保田さんとスーパーマラドーナの武智さんですが、以下のように謝罪をしております。

お笑いコンビ、とろサーモン・久保田かずのぶ(39)とスーパーマラドーナ・武智(40)が4日、自身のツイッターで2日夜に行われた若手漫才師日本一決定戦「M-1グランプリ2018」で審査員を務めた上沼恵美子(63)に謝罪した。

久保田と武智は大会後、居酒屋らしき場所からインスタライブ(現在は削除)を配信し、酒に酔った久保田は「自分の感情だけで審査せんといてください。1点で人の一生が変わるんで、理解してください。お前だよ。右側のな」と上沼を批判。武智も「右のおばはんには、みんなうんざりしている」と続いた。

久保田は「この度は私の不徳の致すところで、上沼恵美子さまに失礼極まりない言動をしてしまい申し訳ございませんでした。今後は二度とこのような事がないよう深く反省しお詫び申し上げます」。武智も「昨日の僕の醜態について、上沼恵美子さん、M-1に携わる方々、すべての方々にお詫びしたいです。申し訳ございませんでした」とともに謝罪した。

出典:サンケイスポーツ

ほぼ同時刻に謝罪をすると言う点が、あまりにも不思議でなりません。

M1グランプリでは2017年も2018年も向かって右側の席には決まって上沼恵美子さんが審査をしており、2017年には決勝に進出してきたマヂカルラブリーに対して「よう決勝に残ったな」と生放送中に猛烈な批判をして物議を醸したということもありました。

そうした批判が相次ぐ中で、2018年のM1でも決勝に残っているギャロップに対して自虐が面白くないとした上で、上沼さんが溺愛するミキの自虐ネタには「突き抜けて芸になっている」と贔屓とも捉えられる評価をしており、このような好き嫌いで判断していると捉えられない評価の仕方に久保田さんは怒りを抑えきれなかったのでしょう。

この問題の居酒屋にいたメンバーも止めるべきだった思いますし、一緒になって笑っているスーパーマラドーナの武智さんも同罪であると言えるでしょう。

ちなみに、スーパーマラドーナの武智さんは、2016年12月にノンスタイルの井上裕介さんがタクシーに当て逃げをして謹慎を食らうと言う不祥事の際に、井上さんの車に同乗をしており井上さんに降りた方がいいなどと諭していたのですが、仕事が激減したといい、「いざ復帰したら、怒とうのテレビ出演。だんだん腹が立ってきた。なんやこの差は」などと不満を口にしておりました。

続報:武智さんにDV癖がある事が明らかとなりました↓

武智正剛はDVで過去にスーマラ解散!久保田インスタ炎上動画で濱家の危機管理能力が高い

スポンサーリンク

芸人なら笑いに変えなければ

上沼恵美子さんは度々M1の審査に関して、偏りがあるだとか、好き嫌いでジャッジをしているなどと批判され、審査委員をやめた方がいいと言われるのも現状です。

お笑いの賞レースというのはスポーツなどと違い明確な判断基準があるわけではありませんから、採点する審査員のさじ加減に委ねられている部分が多くあると思います。

もちろん、長年お笑いの世界でしのぎを削っているプロがジャッジするわけですから、素人よりは見ているところや観点が違うかもしれませんが、それでも笑いのツボは人それぞれであり、どこで笑うかというのを客観的に判断するというのは非常に難しいと考えられます。

お笑いの素人でありながらもM1グランプリの審査員に不服や批判をしている人物は、自分が応援しているコンビが上沼恵美子さんや他の審査員によって批判されたことが気に食わないと思われますし、好き嫌いという感情で点数を大幅に変えていると捉えているから、大きな批判をされるのでしょう。

もちろん、上沼さんがリップサービス的に生放送中にする、ヒヤヒヤするような厳しいダメ出しにも疑問を呈している人もいるかもしれません。

一般の視聴者が批判をするのはまだ分かりますが、同業者もしかも大先輩である上沼恵美子さんをただの暴言(更年期やオバハンなどの容姿を罵倒する意見)で批判をするのはもはや、お笑い芸人のやる所業ではありません。

ジャッジに不服であれば、そのことをバネにして誰も文句を言わないような漫才を仕上げて見返すことも重要ですし、宴会の場でインスタライブをするのであれば少なくとも笑いに変えていかなければならないでしょう。

プロとして失格でありますし、上沼さんに噛み付くのであれば、M1の審査をした全員の審査員にも噛み付いた方がよっぽど健全で度胸のある芸人であると評されるかもしれません。

何れにしても、後味が悪くなってしまったM1グランプリですが、とろサーモンとスーパーマラドーナは仕事が激減してしまうのではないでしょうか?

続報:武智さんにDV癖がある事が明らかとなりました↓

武智正剛はDVで過去にスーマラ解散!久保田インスタ炎上動画で濱家の危機管理能力が高い

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

 

武智正剛はDVで過去にスーマラ解散!久保田インスタ炎上動画で濱家の危機管理能力が高い

 
error: You never click here!!