いわき海星で飲酒運転をした27歳男性職員の顔画像がこちら!名前や2等機関士についても

国内NEWS

出典:福島県立いわき海星高等学校

スポンサーリンク

 

福島県立いわき海星高校の男性職員が、同じ高校の男子高校生と一緒に飲酒をし、さらにそこで飲酒運転をして事故を引き起こしていた事が明らかとなりました。

今回は、このいわき海星高校の男性職員の名前や顔画像について迫ってみたいと思います。

飲酒運転で事故を引き起こす

朝日新聞デジタルほか、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

スポンサーリンク

福島県立いわき海星高校の男性職員(27)が同校の高校2年の男子生徒3人と一緒に酒を飲んだ後、車を運転し、同乗した生徒2人に重軽傷を負わせる事故を起こしたことが同校や県警への取材で分かった。県教委は3日夕、会見を開く。

いわき東署によると、職員は2日午前3時半ごろ、いわき市小名浜の県道で、酒を飲んで車を運転。カーブを曲がりきれず、道路沿いの建物に衝突した。この事故で同乗していた男子生徒(16)は腰の骨などが折れる重傷を負い、もう1人の男子生徒(17)と職員もけがをした。同署は自動車運転死傷処罰法違反(過失運転致傷)と道路交通法違反(酒気帯び運転)の疑いで調べている。

同校によると、職員は漁業実習船「福島丸」の2等機関士。男子生徒3人を連れて1日夜から午後11時ごろまで市内の居酒屋で一緒に酒を飲み、カラオケに移動して午前3時ごろまで歌った。その後、うち2人を車で自宅に送り届ける途中に事故を起こしたという。

出典:朝日新聞デジタル


スポンサーリンク

福島県立いわき海星高校について

こちらが、問題のあった福島県立いわき海星高校の詳細です。

いわき海星高校は、福島県いわき市小名浜に所在する県立高等学校であり、福島県に唯一存在する水産高等学校としても知られているほか、練習船「福島丸」を所有していることでも有名な高校です。

本校は、全国有数の港町にある福島県いわき市小名浜の風光明媚な県立三崎公園のふもとに位置しています。
福島県唯一の水産・海洋系高等学校として、創立84年の歴史があり、昭和9年4月、県内水産業界の人材養成の目的に、福島県水産試験場に福島県水産講習所が併設されたのが本校のはじまりです。その後、昭和18年に福島県小名浜水産学校、昭和23年に福島県小名浜水産高等学校、そして平成7年に、水産系の教育内容にマリンスポーツ・マリンレジャー系が加えられ、福島県立いわき海星高等学校と改名され、現在に至っています。その中で幾多の学科改変が行われ、現在は、本科に海洋科、食品システム科、情報通信科、海洋工学科の4学科12クラスと専攻科に海洋科、無線通信科、機関科の3学科6クラスを有しています。卒業生は、これまでに8674名になり、福島県の漁業の担い手として、あるいは地域産業の原動力として政界・官界・経済界で活躍し、地域に大きく貢献しています。

出典:いわき海星

全日制では海洋工学科、食品システム科、情報通信科、海洋科などがあり、専攻科では無線通信科、機関科、海洋科など海洋に関する幅広い知識を身に付ける事が可能となる学校であります。

総合無線通信士や海上無線通信士などの無線に従事した資格が取れるほか、海洋的な資格や工業高等学校では取れない資格などさまざまな資格が取れる事でも有名で、海洋科・海洋工学科は練習船の「福島丸」ではハワイ・ホノルル沖まで約2ヶ月をかけて遠洋航海実習をするなど、多くの知識と技術を身につけられる事でも知られています。

スポンサーリンク

男性職員の名前は?

では、男性職員の名前や顔画像などは公開されているのでしょうか?

報道機関の発表によれば、こちらの男性職員は27歳であるという事ですが、顔画像や名前などの情報は公開されておらず、また特定するにも至っておりません。

こちらに関しては、詳しい情報が入り次第、随時お伝えしていこうと思います。

ですが、逮捕された男性職員は練習船「福島丸」の2等機関士であるという事ですので、こちらにもしかしたら顔画像が掲載されている可能性も十分に考えられます。

福島丸船員顔画像

福島丸は主にマグロ漁船として知られており、水揚げされたマグロなどは地元のスーパーにて販売されるのだと言います。

スポンサーリンク

2等機関士とは

では、この男性職員が務めている2等機関士とはどのような職業なのでしょうか?

出典:いわき海星

機関及び機械類の運転・整備、燃料油・潤滑油、廃油、排水及びボイラ水の管理、電気及び冷暖房設備の整備、所属する備品・消耗品の管理、所属に係わる記録等を行う。

出典:いわき海星

機関士とは、機関部の中でも機関長と一等機関士に次ぐ位に位置している役職で、主には整備や運転などを担当する職業です。

これら甲板部や無線部、司厨部の全ての部がうまく機能しなければ、航海する事が出来ませんので、1人たりとも無駄な職業はないのですが、そんな大事な役職を担っている二等航海士が飲酒をして未成年に強要させ、さらに事故を起こすとは最悪の出来事です。

スポンサーリンク

原因は?

では、今回の事件の原因一体なんだったのでしょうか?

報道機関の発表によれば、飲酒をした際には居酒屋に生徒らを連れていったのだそうで、カラオケ店などにもはしごして一緒に飲酒を楽しんだと言います。

もちろん、未成年の飲酒・喫煙は法律で禁じられていますし、教育機関に携わる人物がそれを一緒になって楽しむとは言語道断なのですが、それでも地方ではこうした飲酒などはありえてしまうのかなと思います。

未成年が飲酒するだけあれば、厳重な注意で済んだかもしれませんが、さらに送り届けようと飲酒運転をしており、また事故を起こしてしまうなどこれは最悪の行為です。

やはり、一緒に飲んでいるうちに楽しくなったのか、そもそも昔から飲みに行く仲間で、たまたま今回だけ事故を起こしたからバレてしまったという可能性もあります。

何れにしても、未成年への飲酒強要などもあるという事で、一層の波紋が広がりそうな一件です。

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

 

山下真史(やましたなおちか)容疑者の顔画像を特定か!現場判明で事故原因についても
出典:NNN 2日午後5時20分ごろ、大阪府和泉市府中町7の市道丁字路で、近くに住む小学2年の山崎海音(やまざき みのん)さんが死亡するという事故が発生し、山下真史(やました なおちか)容疑者を逮捕しました。