谷本泰稔(たにもとやすとし)容疑者の顔画像を特定か!覚せい剤使用の動機が酷すぎる

国内NEWS

出典:NNN

スポンサーリンク

 

東京・新宿区歌舞伎町の路上で覚醒剤を所持していたとして、外務省の課長補佐の谷本泰稔(たにもと やすとし)容疑者が逮捕されました。

外務省の課長補佐が覚せい剤所持で逮捕

朝日新聞デジタルほか、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。


スポンサーリンク

東京・歌舞伎町で覚醒剤を所持したとして、警視庁が外務省旅券課の課長補佐谷本泰稔容疑者(46)=川崎市多摩区=を覚醒剤取締法違反(所持)の疑いで24日に現行犯逮捕していたことが、新宿署への取材で分かった。「日頃のストレスがあり、使うために持っていた」と容疑を認めているという。

署によると、逮捕容疑は24日午後5時20分ごろ、東京都新宿区歌舞伎町1丁目の路上で覚醒剤0・6グラムを所持したというもの。警察官が職務質問し、財布の中から発見した。「インターネットで購入し、2週間くらい前に使用した」と話しているという。

出典:朝日新聞デジタル

スポンサーリンク

谷本泰稔容疑者について

こちらが、逮捕された谷本泰稔容疑者のプロフィールです。

名前:谷本泰稔(たにもと やすとし)

年齢:46歳

職業:旅券課 課長補佐

所属:外務省

在住:川崎市多摩区

谷本容疑者は、は24日午後5時20分ごろ、東京都新宿区歌舞伎町1丁目の路上で覚醒剤0.6gを所持していたとして逮捕された、外務省旅券課の課長補佐の人物です。

ちなみに、顔画像などの情報は公開されておらず、また、特定するにも至っておりませんので、こちらに関しては詳しい情報が入り次第、随時お伝えしていこうと思いまます。

スポンサーリンク

犯行動機は?

では、犯行動機は一体何だったのでしょうか?

報道機関の発表によれば、警察の調べに対して谷本容疑者は「2週間前に使った。色々とストレスがたまっていた」と容疑を認める供述をしております。

ストレスがあるからといって、覚せい剤を使用する事は断じて許されるべき行為ではありませんし、ましてやそれを使用しながらも仕事に従事していたことの方が問題です。

谷本容疑者の所属している外務省の旅券課というものは、パスポートの発行や審査などをする非常に大事な機関であり、そこで覚せい剤を使用しながらの仕事というのは、あまりにも酷すぎるのではないでしょうか?

ストレスが溜まるのは、一般社会の企業に務める人々であれば、当たり前のことですし、それを趣味に興じて発散するのではなく、覚せい剤を使用して発散するというのは愚かすぎるでしょう。

スポンサーリンク

職務質問の現場は?

では、職務質問された現場は一体どこなのでしょうか?

報道機関の発表によれば、以下のような場所であるということです。

出典:NNN

こちらは、東京都新宿区歌舞伎町1丁目12−9 タテハナビルにあるShinanoya 新宿店さんの目の前にある歩道であり、

なぜ職務質問されたのかは明らかとなっておりませんが、警察によれば、パトロール中の警察官が谷本容疑者を職務質問したところ、財布の中から透明な袋に入った覚醒剤が見つかったのだそうです。

やはり、覚せい剤をやっているような素振りや動きを見せていたのではないかと推測されます。

スポンサーリンク

覚せい剤について

もちろん、覚せい剤というのは一般的には出回っておらず、市販されていない為に、一般市民の方々はどのように入手をするのかいまいち理解できない方もいらっしゃるのかもしれません。

一昔前であれば、ストリートや路上で手渡しで販売したり、覚せい剤の隠し場所を指定され、そこにいけばもらえるなどという古典的なやり方もあったでしょう。

よく使われたのが、公衆便所の便器のタンクの蓋の裏に貼り付けてあったり、さらには講習電話ボックスの電話機の台の下に貼り付けてあったりと、様々な手法が存在していました。

現在では、主にインターネットなどの通販が主流とされておりますし、谷本容疑者も供述をしていることからも、ネット通販で購入したのでしょう。

値段に関しては、ネット上の情報によれば、1gはおよそ4万円程度であるとのことで、さらに言えば1回0.03~0.02g使用しますので、1gだと30~50回分になるのです。

つまり、1回およそ800円くらいとなる、高額な薬物である事は否めません。

覚せい剤とは単純なアミン誘導体であると言われており、フェニルメチルアミノプロパンすなわちメタンフェタミン、およびその塩類やそれらを含有するものがあります。

フェニル酢酸から合成する手法が一般的であるが、アミノ酸のフェニルアラニンを出発物質として合成することもできるとされており、大学教養レベルの有機化学の
知識と、基礎的な合成実験の手技を習得していれば、ある程度簡単に製造することが可能であるそうです。

芳香族側鎖を有するアミノ酸の生体内代謝がわかれば、単純なアミン誘導体がが向精神作用を起こすという現象が理解できるとも言われています。

中毒を起こす覚せい剤患者さんというのは、いわゆる混ぜ物であり、純粋な高純度の「覚醒剤」とは、末端の購入者や使用者は中々手に入らず、中間に入っている人物・業者が儲けることで量を増やすために、粗悪な物質を混ぜているのだといいます。

そのため、純度の高い覚せい剤というのは中毒が起こらないとも言われていますし、昔はヒロポンなどと呼ばれ、公共事業に従事する労働者向けの完全グレーなドラッグとして市販されていた経緯もあります。

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

 

覚せい剤を製造した名古屋市緑区の19歳大学生の情報がこちら!名前や顔画像、作製方法も
出典:FNN 高性能爆薬を製造したなどとして名古屋市緑区の大学1年の少年(19)が逮捕された事件で、愛知県警は27日、覚醒剤入りの液体を所持したとして、少年を再逮捕しました。