岩永良子(いわながりょうこ)容疑者の顔画像!事件現場判明で犯行動機が酷すぎる!

国内NEWS

出典:NNN

スポンサーリンク

 

自宅で5歳の長男と3歳の次男を刃物で刺して殺害しようとしたとして、岩永良子(いわなが りょうこ)容疑者を逮捕しました。

息子2人を殺害

朝日新聞デジタル他、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

スポンサーリンク

 19日午後5時45分ごろ、広島県東広島市高屋町白市の民家から「子ども2人を殺しました」と110番通報があった。警察官が駆けつけたところ、室内で幼い男児2人が倒れており、病院に搬送されたが、まもなく死亡が確認された。県警は母親の岩永良子容疑者(31)を殺人未遂容疑で現行犯逮捕。容疑を殺人に切り替えて調べる。

県警によると、逮捕容疑は同日午後5時ごろ、自宅で長男の隼人くん(5)と次男の颯太くん(3)の背中などを刃物で複数回刺して殺害しようとしたというもの。岩永容疑者は「刺したり切りつけたりしたのは間違いない」と供述し、子どもの将来を悲観して殺そうと思った、という趣旨の話をしているという。2人の息子と夫の4人暮らしで、当時、夫は不在だった。

現場はJR山陽線白市駅の北西約2キロにある住宅街。

近所に住む60代の女性は「平日に母親が子どもを外で仲良く遊ばせていた。上の子を幼稚園に送り迎えしているところもよく見たので、驚いた」。近くの会社員の山土博三さん(56)は「先週末も、家の外で子どもたちが遊んでいるところを見た。すれ違えばあいさつしていた」と話した。

出典:朝日新聞デジタル

スポンサーリンク

岩永良子容疑者について

こちらが、逮捕された岩永良子容疑者のプロフィールです。

名前:岩永良子(いわなが りょうこ)

年齢:31歳

職業:職業不詳

在住:広島県東広島市高屋町白市

岩永容疑者は、19日午後5時ごろ、自宅で長男隼人ちゃん(5)と次男颯太ちゃん(3)の背中などを複数回刺して殺害しようとした疑いで逮捕された人物です。

ちなみに、岩永容疑者に関しては顔画像などの情報は公開されておらず、また、特定するにも至っておりませんので、こちらに関しては詳しい情報が入り次第、随時お伝えしていこうと思います。

スポンサーリンク

犯行動機は?

では、岩永容疑者の犯行動機は一体何だったのでしょうか?

報道機関の発表によれば、岩永容疑者は警察の調べに対して「刺したり切りつけたりしたのは間違いない」と容疑を認める供述をしているのだそうです。

岩永容疑者がこうした供述をするということは、間違いなく刺したのでしょうし、亡くなった2人の息子と夫の4人暮らしだったと言いますが、旦那さんは事件当時は不在であったということで、刺したのは岩永容疑者であります。

自分が体を痛めて産んだ子供というのを殺害するということは、おそらくよっぽどの理由があったのだと思いますし、考えられるのは育児ノイローゼなどです。

育児ノイローゼとは、育児にかかわるストレスの影響で、精神的に不安定になってしまう状態のことを指す症状で、症状がエスカレートしていくと、子供に暴力を振るってしまったり、自分が生きるのが辛いなどの自暴自棄に陥ることもあると言います。

もしかすれば、岩永容疑者はこの育児ノイローゼであったのではないかと推測されます。

また、「子供の将来を悲観した」と供述をしているということで、余計なお世話ですが、将来に悲観的になってしまったために、自らの手で殺害をしたということでしょう。

スポンサーリンク

犯行現場は?

では。岩永容疑者の自宅である犯行現場はどこなのでしょうか?

報道機関の発表によれば、以下のような場所であるということです。

出典:FNN

現場はJR山陽線白市駅の北西約2キロにある住宅街であるということですが、こちらは特定するには至っておりません。

スポンサーリンク

残された夫が不憫

この事件を耳にした時、殺害された息子さんたちもそうですが、残された夫の方がよっぽど可哀想なのではないかと思いました。

自分が不在の時に、愛する妻が愛する息子を殺害し、それが自宅で起こったというもはや惨劇以外の何物でもありません。

この事件によって残されたしまった夫は、今後どのようにして生活をしていき、何をモチベーションに生きていけばいいのかわからなくなると思います。

また、孫の顔を見るのを楽しみにしていたであろうおじいさんやおばあさんにも相当なショックが与えられたでしょうし、近隣住民の方にも相当なショックが与えられたでしょう。

近隣に住む住人の方によれば、「平日に母親が子どもを外で仲良く遊ばせていた。上の子を幼稚園に送り迎えしているところもよく見たので、驚いた」や「先週末も、家の外で子どもたちが遊んでいるところを見た。すれ違えばあいさつしていた」などと話しているそうで、普段からいい人であったことは間違い無いのですが、やはりこのようなことしでかすのはかえって人当たりのいい人だったりするのです。

いずれにしても、亡くなった2人には心よろご冥福をお祈り申し上げます。

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

 

バレツタ久美さん六本木殺害事件の犯人(40歳男性)の情報公開!現場特定で2人の関係性がヤバい
出典:FNN 東京都港区六本木5丁目のマンションの一室で18日、シーツにくるまれた女性の遺体が見つかった事件で、警察はバレツタ久美(くみ)さんであることが判明し、さらにはこのマンションの住人が海外へと出国したことが明らかと...