弘瀬亜結(ひろせあゆ/大口商店街)を襲った通り魔犯人は杖をついていた!逮捕まで実家に帰省中

国内NEWS

出典:NNN

スポンサーリンク

 

横浜市神奈川区大口通の商店街で、通り魔事件が発生し、弘瀬亜結(ひろせ あゆ)さんが背中などを刺され重傷を追うという事件が発生しました。

今回は、弘瀬亜結さんや犯人などについて迫ってみたいと思います。

弘瀬さんが刺される

産経ニュースほか、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。


スポンサーリンク

11日午前3時半ごろ、横浜市神奈川区大口通の「大口通商店街」で「血だらけの女性がいる」と110番通報があった。女性は刃物のようなもので刺されたとみられ重傷。「知らない男に刺された」などと話しており、神奈川県警は、通り魔事件の可能性があるとみて、殺人未遂容疑で男の行方を追っている。

県警によると、刺されたのは近所に住む会社員の弘瀬亜結さん(34)で、命に別条はないという。弘瀬さんは男に襲われてから数十メートル歩いて逃げたとみられ、県警は現場付近の防犯カメラの映像を解析するとともに、回復を待って当時の状況を詳しく聴く方針。

110番通報をした新聞販売店店主の田巻康彦さん(60)によると、配達中に通りの南側から突然、女性の悲鳴と「助けてください」という叫び声を聞いた直後、裸足で歩道を歩いてくる弘瀬さんを発見した。弘瀬さんは「男に背中を刺された」「知らない人だった」などと訴え、着ていた白いセーターは血で真っ赤に染まっていたという。靴は襲われた際に脱げたとみられ、犬を散歩させていた年配の女性が、近くでヒョウ柄の女性用靴の片方を発見していた。

現場は、北側がJR横浜線大口駅徒歩約3分の所から、南側が国道1号まで約400メートル続くアーケード商店街。平成28年9月に患者の点滴連続中毒死事件が起きた大口病院(現・横浜はじめ病院)にも近く、通りで商店を営む女性は「また、悪い形で大口の名前が出てしまった」と肩を落としていた。

出典:産経ニュース

スポンサーリンク

現場は?

では、現場は一体どこなのでしょうか?

報道機関の発表によれば、横浜市神奈川区大口通にある大口通商店街であるとのことです。

出典:JNN

そして、こちらが現場となった大口商店街の地図とストリートビューです。

現場は、神奈川県横浜市神奈川区大口通2−1 Modest大口にある亀屋家具屋さんのすぐそばの商店街の通りであり、第二京浜道路との交差点のすぐそばにあります。

大口通商店街とは、神奈川県道111号線の終点付近にある商店街であり、JR横浜線の大口駅からおよそ200m南の大口通交差点と、国道1号である第二京浜との交差点との間に位置している商店街として知られています。

大口通の周囲には多数の商店街があることでも知られており、第二京浜との交差点の先には大口通一番街が京急本線子安駅まで伸びているほか、大口通の中間からはあけぼの通り商店街が西方向に伸びているのに加えて、あけぼの通り商店街の先にはななしま通り商店街と続いているなど、多くの商店街が立ち並ぶ文化も象徴的な待ちです。

以前は、横浜三大商店街の一つに挙げられることもあるなど、非常に栄えている場所として知られていましたが、近年はこの付近の商業圏内にスーパーマーケットやトレッサ横浜などの大型商業店舗の進出や台頭が相次いでいることもあって、勢いは以前ほどはよくありません。

スポンサーリンク

弘瀬亜結さんについて

こちらが刺された弘瀬亜結さんのプロフィールです。

名前:弘瀬亜結(ひろせ あゆ)

年齢:34歳

職業:会社員

住所:神奈川県横浜市神奈川区七島町

弘瀬さんは、大口商店街で、通り魔とみられる殺人未遂事件が発生した際に男に刺され重傷を追ってしまった人物です。

容体は安定しているとのことですが、腹部周辺を刺されており重傷であるそうです。

ちなみに、弘瀬さんに関しては顔画像などの情報は公開されておらず、また、特定するにも至っておりませんので、こちらに関しては詳しい情報が入り次第、随時お伝えしていこうと思います。

また、犯人についてなのですが、現時点では杖をついている男性で弘瀬さんとは面談はなく、凶器を持って逃走している黒いパーカーを着た人物ということ以外は何も情報は入ってきておりません。

スポンサーリンク

血で染まった

そんな、弘瀬さんですが日刊スポーツによれば、このような状態であったということです。

女性は白いセーターにジーンズ姿で、はだしで歩いてきた。左腰の辺りを手で押さえ「痛い。助けてください」と助けを求めてきたという。近くの歩道上に座らせると、白いセーターが左腰から背中にかけて、血で真っ赤になっていた。女性が「背中を刺された」と話したため、補導員なども務めている田巻さんはすぐに携帯で110番通報。女性は「男に刺されました。知らない人です」と話していたという。

出典:日刊スポーツ

背中を刺されたということで、真っ白だったセーターは血で滲み、まさに惨劇のようになってしまったということです。

また、逃げている犯人が逮捕されるまでは怖いということで、弘瀬さんは実家に帰省をしているのだそうですが、これで会社を休むことにもなりますし、体力的に回復しても、精神的に回復するには時間を要しますし、復帰まではものすごい時間がかかることは明白です。

スポンサーリンク

通り魔にも厳罰化を

通り魔は殺人未遂が適用されることと思いますが、平成20年4月から平成23年8月までの殺人未遂に関する判決では、執行猶予を含む懲役7年以下の判決が全体の80%以上を占めているそうです。

つまり、このようななんとも悼まれない被害者を生んだ犯人も、実刑ではなく執行猶予がつく可能性すらあるのです。

量刑不当という判断であれど、殺人未遂は問答無用で実刑判決にするという厳罰化をしなければ、このような被害者を減らすことには繋がらないでしょう。

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

 

横浜ダイエーで逮捕された男は大口商店街の通り魔犯人の可能性が!逃走経路が完全一致?
出典:FNN PRIME 11日午前3時半ごろ、横浜市神奈川区の商店街で「路上に血だらけで倒れている女性がいる」と119番がありました。