イッテQ やらせ動画がこちら! でっち上げの真相はプロ機材を持ち込み、地元の自然を利用しない

この記事は3分で読めます

出典:YouTube

スポンサーリンク

 

日本テレビの人気バラエティ番組、「世界の果てまでイッテQ!」でやらせやでっち上げ疑惑が生じ、話題となっています。

今回は、このイッテQのでっち上げやヤラセの真相などについて迫ってみたいと思います。

イッテQに文春砲

文春オンラインほか、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

スポンサーリンク

2007年に放送を開始した日本テレビの看板番組「世界の果てまでイッテQ!」。番組きっての人気企画である「世界で一番盛り上がるのは何祭り?」にやらせの疑いがあることが「週刊文春」の取材でわかった。

同企画は、芸人の宮川大輔(46)が青いハッピにハチマキ姿で世界の過激な祭りに突撃し、これまで参加した祭りは100を超える。問題となっているのは5月20日放送分の「橋祭りinラオス」。実際の放送では、自転車で“橋”に見立てた全長25メートルの板を渡り、スピードなどを競う“祭り”だと紹介。4月8日にラオスの首都ビエンチャンで行なわれ、宮川が“祭り”に参加した一部始終が放映された。

だが、ビエンチャンに赴任する日本人の駐在員は異議を唱える。

「ラオスで『橋祭り』なんて聞いたことはないし、周囲のラオス人に聞いても誰も知らない。そもそもこの地域で自転車といえば、外国人観光客がレンタサイクルに乗るぐらい。この『橋祭り』は不自然な点が多すぎる」

ラオス国内の観光イベントを管轄する、情報文化観光省観光部のブンラップ副部長は、「週刊文春」の取材に次のように語った。

「こうした自転車競技はラオスには存在しない。今回(の「橋祭り」)は日本のテレビが自分達で作ったのではないですか」

また同番組の取材申請を許可した情報文化観光省マスメディア局の担当者も「日本側の働きかけで実現した」と断言する。

「2人の役人が撮影に立ち会いましたが、(「橋祭り」は)ラオスで初めて行われたものです」

日本テレビ広報部は「週刊文春」の取材に次のように回答した。

「橋祭りはメコン川流域などでかねてから行われている催しで、地元のテレビ局などでも取り上げられております。今回は現地からの提案を受けて参加したもので、番組サイドで企画したり、セットなどを設置した事実はありません」

(ー中略ー)

出典:文春オンライン

スポンサーリンク

問題の動画とは?

では、やらせがあった問題の動画は一体どのようなものなのでしょうか?

こちらがその動画でございます。

この動画を見る限り、はっぴ姿のお祭り男こと宮川大輔さんが自転車に乗って橋の上をカラーボールが行き交う中渡るというものですが、これはTBS系列の人気スポーツ番組「SASUKE」にも同様のステージが存在しますし、それを真似して日本テレビが作成したのではないかと考えられます。

スポンサーリンク

ヤラセの真相は?

日本テレビ側の発表によれば、「今回の企画は、現地からの提案を受けて成立したもので、番組サイドで企画したり、セットなどを設置した事実はなく、また、番組から参加者に賞金を渡した事実もございません」と真っ向から文春砲に対して否定していることが伺えます。

出典:ANN

このことを整理すると…

・ラオス情報文化環境省には正式な手続きをしていた

・この祭りはラオス以外の東南アジア諸国でも人気

・今回の会場では実施実績は無し

・橋祭りの現地ではコーヒーフェスティバルをの敷地を意図的に紹介しなかったわけではない

しかしながら、やはり映像を見てみると、地域の小さな祭りでこの様なプロ用の鉄製のやぐらなどを用意するのは困難でありますし、台も明らかにプロ機材であります。

さらに、水を溜めるための大きなゴム製のプールなど用意が不可能な他、地域のお祭りであれば川や池自然を利用してやるはです。

イッテQでは過去に、以下の様なお祭りも放送されているのですが、これに関しては地域の”自然”を利用しており、大掛かりな機材を用いていることはありえません。

これを参考にすれば、ラオスの首都のビエンチャン付近に流れるメコン川のその水を利用するはずです。


スポンサーリンク

ラオスについて

では、ラオスという国は一体どの様な国なのでしょうか?

ラオスの首都はビエンチャンというところで、世界一何もない首都として有名です。

世界遺産の観光地や、高級百貨店、大型免税店などの他の首都にある様な場所もなく、高層ビルがひしめくビジネス街やマクドナルドなどのファーストフード店、さらにはスターバックスといった世界的コーヒーチェーン店などもありません。

地下鉄やトラムといった公共交通機関は整っておらず、バイクを改造したトゥクトゥクと呼ばれるものが交通の主たる移動手段で、自転車もほぼ見かけることはありません。

国民の60%が上座部仏教を進行しており、敬虔な仏教徒が多いため、寺院が数多く存在しているのですが、都会的な街並みが繰り広げられているわけではなく、非常に質素な暮らしをしているのだと言います。

いずれにしても、こうした敬虔な仏教徒が多いラオスという国で、番組に視聴率のためだけにヤラセやでっち上げをするというのはあまりにも非道なのではないでしょうか?

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

 

先輩女芸人Aは茜チーフと判明!ゆりやんレトリィバァがピーチ航空CA採用試験で、替え玉受験と文春砲が炸裂!

 
error: You never click here!!