井上勝喜(いのうえかつよし )容疑者の顔画像を特定か?現場判明で犯行動機が酷すぎる

この記事は3分で読めます

出典:日テレニュース

スポンサーリンク

 

8日朝早く、佐伯市の住宅で、この家に住む82歳の女性が死亡しているのが見つかり、警察は、8日午後、妻を殺害したと警察に通報してきた夫を殺人の疑いで逮捕しました。

スポンサーリンク

妻殺害と通報 殺人容疑で夫逮捕

NHK他、報道各局が以下のようなニュースを報じ、話題になっています。

 8日朝早く、佐伯市の住宅で、この家に住む82歳の女性が死亡しているのが見つかり、警察は、8日午後、妻を殺害したと警察に通報してきた夫を殺人の疑いで逮捕しました。

8日午前5時ごろ佐伯市弥生平井の住宅で、この家に住む井上和子さん(82)を殺害したという通報が夫から警察にありました。
警察が駆けつけたところ、和子さんは自宅の2階のベッドで発見され、まもなく死亡が確認されました。
このため警察は通報してきた夫を、8日午後、殺人の疑いで逮捕しました。

逮捕されたのは井上勝喜容疑者(82)で、警察によりますと井上容疑者は和子さんと2人暮らしで、8日午前0時ごろ自宅で和子さんの首を絞めるなどして殺害したと話しているということです。
現場は、JR日豊線の上岡駅から西に3キロほど離れた所にある番匠川沿いの田園地域で、そばには住宅が建ち並んでいます。
警察では、引き続き、井上容疑者から事情を聞き、和子さんを殺害した動機などについて詳しく調べることにしています。

出典:NHK


スポンサーリンク

井上容疑者について

こちらが逮捕された、井上容疑者のプロフィールです。

名前:井上 勝喜(いのうえ かつよし)

年齢:82歳

職業:不明

住所:大分県佐伯市弥生平井

82歳の自身の妻である井上和子さんを殺害したとして、逮捕された人物です。

スポンサーリンク

顔写真やSNSは?

では、いったい逮捕された容疑者の顔写真やSNSのアカウントは公開されているのでしょうか?

現在メディア等で公開されている顔写真はありませんでした。

SNSについては、FacebookやTwitterにて検索しましたが、本人特定には至っておりません。

気になる方の為にFacebookの検索結果を載せておきます→Facebook検索結果「井上勝喜」

SNSについては、年齢から考えても利用していない可能性が高いと思われます。

 

スポンサーリンク

 

現場は?

では、いったい犯行現場はどこだったのでしょうか?

報道によると、犯行現場は「大分県佐伯市弥生平井の民家」とされています。

犯行現場と思われるこの民家がニュースの映像で流れていました。画像がこちら↓

出典:ANN

そしてこの映像から犯行現場の特定に成功しました。

ストリートビューと地図がこちらです

スポンサーリンク

犯行動機は?

では、いったい犯行の動機は何だったのでしょうか?

警察の取り調べに対し、井上容疑者は「8日午前0時ごろ自宅で和子さんの首を絞めるなどして殺害した」などと供述し容疑を認めているようです。

現在のところ犯行動機についての詳しい情報は公開されていませんがお互い82歳という年齢から考えても、何十年もの間寄り添って来た夫婦であり、前日に夫婦仲良く散歩していた光景を近隣住民が目撃していることも考えるとなおさらなぜ殺害したのか理解ができません。

大分県佐伯市弥生平井の殺人事件で犯人の情報がこちら!現場の自宅判明で逃走経路についても

↑こちらの記事でもお伝えしていましたが、周辺の住宅の中で唯一「ソーラーパネル」が付いているという点でお金に困っていたということと散歩をしていたことを含めて考えると介護が必要だったということが考えにくい為、やはり犯行動機が理解できないので今後の動きに注目しつつ新たな情報が入り次第、随時お伝えしたいと思います。

また、昨今高齢夫婦の無理心中や心中が多くニュースになっていますが勝喜さんが失敗して通報に至った可能性も考えられると思われます。

スポンサーリンク

高齢者による殺人事件が後を絶たない

今回の事件のように、高齢者や介護疲れによる殺人事件は後を絶ちませんし、高齢者が高齢者を殺害するというケースは非常に多くなってきています。

さらに、高齢者による殺人事件のおよそ2割が介護疲れによるものだそうで、我が国では、介護疲れが原因とされる殺人事件は毎年20件以上も発生しているのが現状です。

この数字が少ないと捉えるか、多いと捉えるかは人それぞれの感性や感覚であると思われますが、毎年不本意に20名の方が命を落とされるという自体は非常に由々しき問題であるでしょう。

また、警察庁の調べによれば、高齢者の殺害の理由のおよそ4割は今回の事件のように、相手に対して憤怒していることが原因であるとしています。

出典:みんなの介護

いずれにしても、何年も寄り添ってきた相方をこのような形で亡くしてしまうのは、非常に不憫でなりませんし、何ともいたたまれない気持ちになってしまいます。

 

スポンサーリンク

 

あなたにおすすめの記事

 

 

 

 
error: You never click here!!