樋口育代(ひぐちいくよ)容疑者の顔画像を特定か?現場判明で原因は間宮悠さんが中央線にはみ出した?

この記事は2分で読めます

出典:JNN

スポンサーリンク

 

4日午前8時前、本庄市田中の路上で走行中の軽乗用車と対向車線を走っていた自転車が衝突し、この事故で車を運転していた樋口育代(ひぐち いくよ)容疑者を逮捕しました。

試験に行く途中の中3が死亡

産経新聞ほか、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

 4日午前8時ごろ、埼玉県本庄市田中の市道で、自転車の同市小島、市立中3年、間宮悠さん(15)が軽乗用車と衝突、胸などを強く打って死亡した。県警本庄署は自動車運転処罰法違反(過失傷害)の疑いで、軽乗用車の群馬県高崎市上室田町、パート従業員、樋口育代容疑者(48)を現行犯逮捕。容疑を過失致死に切り替えて調べる。

同署によると、現場は片側1車線。自転車が対向車線に進入し、軽乗用車に衝突した可能性があるとみて調べている。

出典:産経新聞

スポンサーリンク

樋口育代容疑者について

こちらが、逮捕された樋口育代容疑者のプロフィールです。

名前:樋口育代(ひぐち いくよ)

年齢:48歳

職業:パート従業員

在住:群馬県高崎市上室田町

樋口容疑者は、4日朝、本庄市田中で、自転車に乗っていた中学3年の間宮悠さんが、軽自動車にはねられた事故で、車を運転していたとして逮捕された人物です。

ちなみに、樋口容疑者に関しては顔画像などの情報は公開されておらず、また、特定するにも至っておりませんので、こちらに関しては詳しい情報が公開され次第、随時お伝えしていこうと思います。

スポンサーリンク

事故原因は?

では、事故原因は一体何だったのでしょうか?

報道機関の発表によれば、警察の調べに対して樋口容疑者は「前方をしっかり見ておらず、ぶつかってから気づいた」と容疑を認める供述をしているということです。

前方不注意でぶつかってから事故だと気づくというのは、ドライバーとして決してやってはいけない行為なのですが、一部報道によれば、亡くなった間宮さんがセンターラインの方へはみ出してきたからこのような結果となってしまったということのようです。

もしもこれが事実であれば、間宮さん自らが車にぶつかってきたということになりますので、非常に不憫な事故で気の毒な事故ということになってしまうでしょう。

ですが、前方不注意がなければ、もしかしたら急ブレーキをかけて間宮さんが助かった可能性も十分に考えられますので、過失運転の過失割合は大きくなることが予想されます。

スポンサーリンク

事故現場は?

では、事故現場は一体どこなのでしょうか?

報道機関の発表によれば、こちらがその事故現場であるということです。

出典:JNN

そして、この画像の場所を調べた結果、以下の場所であることが判明しました。

現場は片側1車線の狭い道路であり、右側部分にはみ出しての追い越しを禁止しているほか、制限速度は40km/hであると定められています。

左右に住宅や田畑が点在しており、急勾配はないものの、歩道などはないため、自転車や歩行者にとっては非常に移動しづらい道路であることは明白です。

スポンサーリンク

模試に向かう途中だった

今回の事件で亡くなった間宮さんは、高校受験に向けた模擬試験の会場に向かう途中だったのだそうで、日曜日という休日を返上してまでも試験を受けに行ったのに、こうした悲劇に巻き込まれてしまったのです。

前方不注意によって15歳という若さで命を失ってしまうのは、非常に悔しいでしょうし、模擬試験を受けに行くだけで命を奪われてしまっては何とも居た堪れないでしょう。

いずれにしても、亡くなった間宮さんには心よりご冥福をお祈り申し上げます。

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

 

パルプ運輸の市川市京葉道路の事故原因がヤバい!過去にも事故多数で原因についても

 
error: You never click here!!