安田純平の会見でVIP待遇が判明!一連の騒動は茶番でTV付きで食事支給、スイーツも食べれた

国内NEWS

出典:ハム速

スポンサーリンク

 

シリアで拘束され、解放された安田純平さんが記者会見を開き大きな波紋が広がっています。

今回は、この安田純平さんのVIP待遇について迫ってみたいと思います。

安田純平はテレビも見れた

産経ニュースほか、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

内戦下のシリアで2015年6月に拘束され、3年4カ月ぶりに解放されたジャーナリストの安田純平さん(44)は、2日に日本記者クラブで開いた記者会見で、動画撮影の際に「武装勢力から台本を渡され、読み上げた」と話した。

安田さんの説明によると、最初に動画を撮影したのは16年3月15日。武装勢力から台本を渡されたほか、「もっと感情的なものを出せ」と言われ、安田さんが用意した家族あてのメッセージを付け足して読み上げた。

公開される動画に日本政府や家族へのメッセージを入れると、誰かに解読される可能性があると考え、「公開される可能性のあるものにはメッセージは入れなかった」。安田さんが「助けてください。これが最後のチャンスです」と日本語で書かれた紙を持った写真については、武装勢力から内容を指定され、日本語で書くよう指示された、と話した。

また、拘束中も日本語で日記を書くことは許可されていたほか、テレビを見ることもでき、武装勢力から「我々は紳士的な組織であることを最終的に伝えてほしい」と言われたという。

スポンサーリンク

安田純平さんについて

こちらが、安田純平さんのプロフィールです。

「夫・安田純平が無事、帰国するまで絶対に涙は流しません」の画像検索結果

出典:livedoor Blog

名前:安田純平(やすだ じゅんぺい)

生年月日:1974年3月16日

年齢:44歳(2018年8月現在)

学歴:埼玉県立川越高等学校→一橋大学社会学部卒業

職業:フリージャーナリスト

安田純平さんは、フリーのジャーナリストとして活躍をしている人物であり、2015年6月21日のTwitter上でのツイートを最後に、消息が分からなくなっている人物です。

以下、拘束歴と略歴です。

1997年
信濃毎日新聞社記者に。松本本社に在籍し、以後、計10町村の行政・経済など市民の暮らし全般を担当。北アルプスの山小屋のし尿処理問題を扱った連載「待ったなし 北アし尿処理」に参加。その後、信州大学を担当し、脳死肝移植などを取材。

2002年
3月、休暇をとってアフガニスタン取材。

4月、文化部に異動。

12月、休暇をとってイラクを取材。

2003年
1月末日、退社してフリージャーナリストに。

2月中旬からイラクを取材。一時出国するも開戦直後に偽造「人間の盾」ビザで再入国。ホテルに泊まって勝手に取材するつもりがイラク軍に拘束され、観念してバグダッド南部のドーラ浄水場に入る。その後もイラク警察などに数回拘束されるが、フセイン政権崩壊後まで滞在し、中部ナジャフなどを取材して帰国。

10月、イラクを取材。バグダッドを中心にクルド人地域、サマワなどを取材。

2004年
3月からイラクを取材。主にバグダッドに滞在。

4月14日、バグダッド西方アブグレイブで地元住民の自警団にスパイ容疑で拘束される。

同17日解放。

2005年
1月、スマトラ沖地震・津波で甚大な被害を受けたインドネシア・アチェ州を取材。

2月、アチェ州で、インドネシア軍の軍事作戦に苦しむ津波被害者らを取材。

7月、ヨルダン、シリアでイラク関連取材。

10月、イラク北部を取材。

2007年
2~5月、クウェートでイラク戦争民営化取材のため労働者になるために就職活動。

5~12月、イラク中南部ディワニヤのイラク軍訓練基地建設現場で料理人をしながら取材。

12月~翌年1月、イラクの首都バグダッド・インターナショナルゾーン内の民間軍事会社事務所で料理人をしながら取材。

2008年
10~12月、戦場出稼ぎ労働者の実情でインド、ネパールで取材。

スポンサーリンク

出典:安田純平プロフィール

スポンサーリンク

プロ人質だった?

まず、安田純平さんの拘束記録についてご覧下さい。

1回目:2003年イラク軍に拘束される

2回目:2003年イラク警察に拘束される

3回目:2004年バクダットで武装勢力に拘束される

4回目:2009年MYUに拘束される

5回目:2015年ヌスラ戦線に拘束される

安田純平さんの様なフリーのジャーナリストというのは、武装戦線のテロリストの間では格好の資金稼ぎの的となっており、そのため何度も何度も拘束されているというのです。

この様に何度も拘束されている様子を任天堂の人気ゲームであるスーパーマリオのキャラクターであるピーチ姫になぞらえて安田純平さんは「ピーチ姫か」と揶揄されているのです。

ピーチ姫とはちなみに、スーパーマリオで敵役とされているクッパに何度も拘束されていることで知られています。

また、解放に向けて日本政府に多額の身代金を要求してその何%かをテロリストからキックバックしてもらっているという行為があるのではないかとのことで、プロ人質なのではないかと考えられています。

この回数拘束されてもなお、生き残っているだけに、そう考えられていても仕方のないことでしょう。

VIP待遇だった?

前述の産経ニュースの情報では、テレビなども見られる環境下にあったとされている安田純平さんでありますが、実はもっと高待遇であったことが判明しております。

鶏肉とスイーツ付きでさらに、テレビ見放題の携帯使いたい放題であるということで、これはテロリストに拘束されたというよりも、ホストファミリーに招待された留学生のような待遇です。

まさにVIP待遇とい言わんばかりの待遇なのですが、さらに酷いのがインスタントラーメンやおやつを取り上げられたことに対して苦しいなどと呟いていたそうなのです。

紛争地域では満足に食事を出来ない人がいる中で、そうした人を取材しているジャーナリストの生活がこれでいいのでしょうか?

スポンサーリンク

恩知らず過ぎ?

そんな安田純平さんですが、NHKが日本に戻る機内で取材をしており、その内容があまりにも酷すぎるとして話題となっているのです。

NHKの記者が安田純平さんに対して「解放された瞬間どの様な気持ちでしたか?」と質問したのに対して安田さんは、

荷物をすべて奪われたので、そのことがとにかく頭にきている。3年、40か月全く仕事も何もできなかったうえに、すべての資産であるカメラであったり仕事のための道具それまで奪われたというか、そこまでするかという。解放の瞬間はまずそれですね

出典:NHK

と、「ホッとしている」とか「やっと家(日本)に帰られる」などの安堵の言葉が出てきておらず、怒りの心情が出てきているのです。

さらに、トルコ側に引き渡された段階の気持ちを聞かれた際には、

いや、とにかく荷物がないことに腹が立って、ということと、トルコ政府側に引き渡されるとすぐに日本大使館に引き渡されると。そうなると、あたかも日本政府が何か動いて解放されたかのように思う人がおそらくいるんじゃないかと。それだけは避けたかったので、ああいう形の解放のされ方というのは望まない解放のされ方だったということがありまして。

出典:NHK

と、またしても怒りをあらわにしているのです。

普通であれば、解放に尽力した日本政府に感謝したり、そもそも安堵することが真っ先に出てくると思いますが、いの一番に怒りをあらわにしているということで、これがいわゆるプロ人質としての感情なのではないかと考えられているのです。

極めて高待遇であったと思われるのですが、それでもなおこのように怒りをあらわにするというのは、常軌を逸しているとしか思えません。

日本に住んでいた場合、こうした荷物を取り上げられた激怒することは分かるのですが、やはり紛争地域にジャーナリストとして取材に行ったとされているにも関わらず、なぜかこのように恩知らずな発言をしているのは、普段ぬるい環境下に身置いていた何よりの証拠でしょう。

安田さんのいう厳しい拷問下にあるのだとすれば、命が助かっただけでも満足するはずです。

スポンサーリンク

ジャーナリストなのに説明が下手

この安田さんの会見なのですが、ジャーナリストとは思えないあまりにも説明が下手すぎるということで、話題にもなっています。

もちろんジャーナリストというのは自称でありますし、この拘束されていた期間だけ見ればただのニートの引きこもりでありますから、説明が下手なのも納得がいくでしょう。


スポンサーリンク

悲劇のヒーローを演じただけ

そもそも、この拘束から解放された際には、世間からものすごい批判がされたことは事実です。

この数多くの指摘がこちらです。

「問題になっているのは、安田氏自身が捕虜生活を『地獄だった』と語っているにもかかわらず、あまりに血色の良い、「傷一つないキレイな顔」で朝日新聞の取材に登場していたことです。朝日の映像を見る限り、顔色はいいし、傷一つない。ニュース記者たちの間でも、ヒゲだけボーボーに伸ばしているのは、無理に”ヤツレ”を演出してるのではと囁かれていました。虐待や暴行があれば、手錠傷や圧迫痕なども気になるはずのに、ふつうに半袖で登場したのもツッコミポイントになってます」(週刊誌記者)

「頭を洗ってはいけないというルールが設定され、服も洗えない。指を動かして関節が鳴ってもダメ。歯磨きもダメ。頭も体も洗っていないから、かゆくてかくと音が鳴る。鼻息も、指が鳴っても、寝ている間に体が動いてもダメ」(2018年10月26日 朝日新聞)と語った安田氏。

これにはSNSでも「3年も拘束され暴行を受けまともな食事も与えられてないはずなのに傷もなく色艶の良いお顔でテレビに出ちゃったな」「殴られれば鼻の骨などすぐ折れるし、傷が残る。キレイな顔だな」「肌荒れすらないってどんなVIPホテルに滞在してたの?」などと疑問の声が続出した。

出典:ネタりか

また、帰国してからの精密検査を拒否し続けている安田純平さんでありますが、以下のような理由があるからなのではないかと言われています。

つまり、これをまとめるとこのようになります。

・精密検査を受ける→健康状態がバレるから拒否

・身代金を山分けするから幹部に協力→VIP待遇が待っている

これだけ世間を騒がせて、「助けてください」などと日本政府に援助要請をしたという一連の騒動は、全て茶番であったということになるのです。

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

 

myu(安田純平の嫁/妻/奥さん)の正体がヤバい!本名は深結でFacebookでは無事を祈っていない?
...

コメント