押尾学の現在が衝撃すぎで派手な暮らし!出所後の資金源や麻薬事件の真相についても

事件

出典:アサ芸プラス

 

スポンサーリンク

2009年、六本木のとある高層マンションの一室で芸能人の押尾学さんが合成麻薬MDMAを愛人の田中香織さんに服用させ、死亡させた事件で逮捕され服役後、2014年に出所した押尾学さんですが、出所直後からの豪遊ぶりは記憶に新しいです。

この記事では世間を震撼させた押尾学事件の真相について記述していきたいと思います。

スポンサーリンク

押尾学さんという人間について

出典:http://contents.oricon.co.jp/

本名: 押尾 学(おしお まなぶ)

生年月日: 1978年5月6日

出生地: 東京都

身長: 184 cm

体重: 78 kg

血液型: A型

職業: 元俳優、歌手

活動期間: 1998年 – 2009年

配偶者: 矢田亜希子(2006年 – 2009年)

事務所: エイベックス・マネジメント(最終所属)

衝撃的な出来事であった押尾学事件のせいで現在の押尾学さんの世間一般のイメージは「アウトロー」「犯罪者」です。しかし押尾学さんは過去には多くの人気ドラマに出演する人気俳優でした。しかし、事件によって現在では完全に芸能界からは追放され、押尾学さん自身も距離を置いています。

実刑を下されて刑務所に服役していた押尾学さんですが、出所後の派手な生活に対して世間は厳しい目を向けています。

この件に関しては様々な噂が飛び交っておりますが、押尾学さんは誰から援助を受けているのか、被害者である田中香織さんの人となりについてまとめました。

押尾学の生い立ちについて

押尾学の半生

押尾学さんの自伝である『A.I.G.H』では恵まれた家庭環境や両親からの確かな愛情も伺えます。しかし、押尾学さんと父親との間には確執があったようです。

押尾学さんは父親である押尾満さんのもとに生まれました。父親の仕事の関係で押尾学さんは4歳の頃にアメリカに移住し、12歳までの8年間ロサンゼルスに住んでいました。その為押尾学さんは日本語以外にも英語が話せるバイリンガルであるようです。

父の押尾満さんはアメリカから帰国後、努めていた会社の新設されたホテル部門に所属することになり、ホテルの総支配人を務めることになったようです。

父親の押尾満さんが会社内でもかなりのポストにいたことから押尾学さんの家庭はかなり裕福だったようです。

出典:http://contents.oricon.co.jp/

押尾学から見た父とは?

押尾学さんの自伝でも、父親にはよく面倒を見て貰ったと書かれています。

しかし、自伝を読む限りでは押尾学さんがあんな事件を起こすような半生を送った人間ではないと考える読者の声も多く見受けられます。

「俺は子供の頃、父親に色々な国に連れて行ってもらい本当に良い経験をした。だから自分の子供にも同じように外国に連れて行き広い世界を見せてあげたいと思ってたのに」

引用:Yahoo!知恵袋

事実、この投稿者は事件から見えてくる押尾学さんの人物像と自伝から伺える描写が乖離していると疑問を覚えたようです。

押尾学さんの自伝には時折孤独が伺える描写も。

独りでいたとき、強くなりたい、仲間が欲しいってずっと思ってた。マンガをよく読んでたな。「ろくでなしブルース」の海老原って奴に惚れちゃってね、真似して吸ったよタバコを。

引用:まとめトップ

幼少期はともかくとして、帰国後の押尾満さんは息子に対して放任主義的であったようです。

母親については押尾学さんはほとんど語りませんが、父親の満さんは愛人と不倫しており、そのことが押尾学さんの青年期に深い影を落としていたようです。


スポンサーリンク

父、押尾満さんの人柄について

出典:http://contents.oricon.co.jp/

日本帰国後の押尾満さん

ホテルの総支配人となった父、押尾満さんは次第に増長し、その立場を利用するようになっていったようです。

押尾学さんを非行に走らせ、麻薬に手を出すようになった原因は間違いなく押尾満さんの悪い影響があります。

押尾満さんはホテルの総支配人という立場を利用し、ホテルの一室を個人的に利用し、そこに愛人関係にあったコンパニオンを連れ込んだり、かなりあくどいことまでやっていたようです。

押尾満さんの夫婦関係について

押尾満さんは自身の悪行や愛人関係などを母親を納得させるために給料は全額渡していたらしく、また押尾学さんの母親も自宅にはほとんど帰らない夫、満さんとの関係については諦めていたのか父親がいない家庭で押尾学さんは育てられました。

家庭外であそび歩いていた押尾満さんはお金が無くなれば取引先の企業をゆすって生活費や遊ぶ金を得ていた様子で

息子、押尾学さんの留学費用もその取引先の企業に出させていたとのことで、父親の影響からか、押尾学さん自身も非行に走り、不良のリーダーとなっており、犯罪行為を繰り返していたようです。

押尾学さんと父親との関係

出典:http://contents.oricon.co.jp/

父、押尾満さんの悪行が発覚した際、満さんはホテル総支配人の地位を追われることになります。失職した父を押尾学さんは助けることを選びました。

解雇された父は押尾学さんの紹介で六本木ヒルズの高級中華レストランのマネージャーとして勤めることになります。夫婦仲はともかく押尾学さんと父の関係はそれなりに良好だったようです。

押尾満さんは良き父親だったのか?

出典:http://contents.oricon.co.jp/

息子から見た押尾満さんは尊敬できる父親だった可能性

今までの説とは別に、ネット上では押尾満さんの人物像に関して、また別の説がささやかれている。

満さんは大学では野球部に所属し、チームのキャプテンも任されていたスポーツマンだったそうです。

大学卒業後はホテルに就職し、キャリアの為に一旦息子を連れて渡米、ロサンゼルスからの帰国後はまた別のホテルに勤めており、その仕事ぶりは評判でした。

「物腰が柔らかく、それでいて銀行員のようなお堅い印象の、実直なエリートホテルマン という感じのする人です。米国から帰国後は、都内のホテルで支配人をしていました」

引用:2ちゃんねる

50代の頃満さんはホテルの総支配人を辞し、押尾学さん事件の起きた六本木近辺の高級中華料理店でオーナーを務めていたという声も。

スポンサーリンク

芸能人としての押尾学

出典:https://i.ytimg.com/

芸能人としての押尾学さんは俳優や歌手としてマルチな才能を発揮していました。

押尾学さん自身は学生時代から音楽に興味があった様子でアメリカのロックバンド「ガンズ・アンド・ローゼズ」に影響を受けたと語っています。

押尾学さんは「ガンズ・アンド・ローゼズ」のボーカル、アクセル・ローズさんを”永遠のヒーロー”とリスペクトしており、「ガンズ・アンド・ローゼズ」との出会いが押尾学さんが所属する「LIV」のルーツであると語っています。

 

出典:https://twitter.com/

矢田亜希子さんとの関係

押尾学さんは矢田亜希子さんとドラマでの共演を機に交際を始め、2006年11月13日に結婚しました。1年後には長男・りあむくんを授かります。

矢田亜希子さん自身は育児に専念することを理由に一時期、2006年のCM出演を最後に芸能界の一線から退いています。

その後、2009年に押尾学さんが事件が起こしたことで二人は婚約関係を解消します。

出典:https://twitter.com/

矢田亜希子の麻薬使用疑惑

現在では芸能界に復帰し、女優業をメインに活躍している矢田亜希子さんですが、押尾学さんの起こした薬物逮捕事件によって彼女に対しても嫌疑がかけられます。矢田亜希子さんの所属している芸能事務所はすばやい対応を行いました。

事件の翌日には矢田亜希子さんと押尾学さんは別居状態であったことを関係各所に対して発表を行い、薬物の使用にはノータッチであるとの姿勢を強調しました。

スポンサーリンク

事件の真相について

出典:https://twitter.com/

被害者を殺したのは誰か?

押尾学事件の被害者である銀座でホステスをしていた田中香織さん、この事件で押尾学さんは保護責任者遺棄致死罪で逮捕されましたが、故・森祐喜さんの身代わりとなって逮捕されたという説が存在しています。

2009年8月2日に六本木ヒルズのマンションの1室で、押尾学さんと愛人関係にあった田中香織さんが合成麻薬をともに服用し、田中香織さんのみが禁断症状によって死亡したというのが俗にいう押尾学事件のあらすじですが、この事件によって押尾学さんは救急車を呼ぶなどの措置を講じず、被害者を見殺しにしたとして保護責任者遺棄致死罪で逮捕され、麻薬取締法違反の罪もあって刑務所に服役することになりました。

出所後の放蕩生活

出典:https://twitter.com/

押尾学の資金源は?

押尾学さんは仮出所後にも関わらずSNS上に自身の生活を度々アップしており、その贅沢ぶりや美女との路上でのキス写真が週刊誌にスクープされたことで話題になりました。

仮出所後の週刊誌からのインタビューでは詳細は伏せられていますが収入は十分にあると語っています。

現在の職業は不明だが「何をやってるかは言えないけど、芸能界のころより全然儲かってるよ」と羽振りのよさそうなことを、写真誌の記者に話しているという。

ただ、前出の記者によると「平日3日ほどを追跡しても会社に出勤している様子はなかった」というから、その金の出どころはその後援者なのだろうか。

引用:exciteニュース 

詳細は分かりませんが押尾学さんの出所後の収入として輸入関連事業を始めたことがあげられており出所から6ヶ月後には『押尾学完全特集』としてインタビュー動画が公開され、それによるとFX商材を販売する事業とのことです。

週刊誌が言うような黒いつながりは無さそうですがグレーゾーンではあるように思えます。

こ暴力団関係者とは言わないまでも、悪質な情報販売会社と結託して押尾学さんは情報販売でも稼いでいたようです。

また、この事業以外にも押尾学さんには謎のパトロンの影が見え隠れします。

謎のパトロン

出典:https://twitter.com/

事件では森元総理の長男である故・森祐喜さんとの繋がりが疑われる押尾学さんですがその口封じのためのS氏というパトロンから金銭を受け取っているとの情報も。週刊誌によると押尾学さんのパトロンとなっているS氏は現在ゴミ処理事業で成功している事業家で、単なる資金援助以外にも押尾学さんと行動をともにする機会が多く、カメラにもその様子が収められているようです。

交遊費は全てS氏の負担らしく、押尾学さんが弱みを握っていることからパトロンながらもS氏の立場は低いという情報も。

「どこまで押尾を援助しているのかはまだつかみきれてないんですが、とにかく押尾を援助しているようで、それなのに2人が会っているところを見ると、接している態度は押尾の方が上から目線な感じだった」(同記者)

引用:ネタりか

このS氏については元々、森祐喜さんの秘書だったという情報もあり、二人の黒いつながりに信ぴょう性を与えています。

押尾学さんを身代わりにした森祐喜さんですが、彼はあの森元総理の息子で、11年7月25日に急性膵炎による多臓器不全により46歳で急死するまでは彼自身も石川県議会の議員でした。

森祐喜さんは事件の被害者である田中香織さんと一緒に写った写真が残されており、被害者が生前勤めていた銀座のクラブの常連であったことから、事件に関係しているとの疑いが持たれています。

スポンサーリンク

現在の押尾学と森喜朗の関係について

出典:https://twitter.com/

事件後の森祐喜の不審な行動

押尾学事件が起きた直後に押尾学容疑者がメディアに口を開かないように森喜朗さんは口封じとして押尾学さんの口座に2億円を振り込んだという情報もあります。しかしその努力も実らず森祐喜さんは急死してしましましたが森祐喜さんの死亡1年前に起こした飲酒運転事故には不審な点が多々あり、当時物議をかもしました。

事故当時の状況として森祐喜さんは足元がおぼつかず、意味不明な言葉を呟いていたことが明らかになっていますが、飲酒運転の現行犯にも関わらず県警が任意同行を求めたことが問題視されました。事故以降、森祐喜さんの薬物使用疑惑が持ち上がりましたがその後の急死によって真相は闇の中です。

しかし、今現在も森祐喜さんの秘書をしていたS氏は押尾学さんへの口封じを継続している様子です。

出典:https://twitter.com/

酒井法子逮捕報道にまつわる陰謀論

押尾学さんの事件後、森喜朗さんはマスコミに働きかけることで酒井法子逮捕報道を過剰に流していたとの意見もあります。酒井法子逮捕報道に関しては記憶に残っている人も多いでしょう。

人が死んだ押尾学事件に森元総理の子息も本当は関係していた可能性が高く、その事件が起きた8月2日からちょうど一年がすぎた8月7日の事件となったからです。
この事件を当初は隠蔽しようとしたのは、日本の警察権力でした。
したがって、押尾学の事件から急きょ、過剰な酒井のりこ報道にさしかえられたのです。

引用:カナダde日本語 

押尾学は森祐喜の身代わりか?

押尾学さんと被害者のメールは裁判中に公開され、その中には押尾学さん自身が被害者に対して合成麻薬の使用を促す場面も、これは押尾学さんの「田中香織にMDMAを勧められた」との主張と矛盾していた為、世間からは強いバッシングがありました。

陰謀論ではありますが、被害者が禁断症状を起こした際、現場には森祐喜さんも同席しており、森祐喜さんが事件に巻き込まれないように、救急車を呼ばず、その結果、押尾学さんが服役することになった可能性もあります。

本当か嘘かはわからないが、押尾学被告が、田中香織さんの容態に異変が起きたことを警察に連絡するまで時間が異常に長くかかったのは、森祐喜側から3億円をもらって、森祐喜の身代わりになったからという噂もネットでは飛び交っている。つまり、当日、田中香織さんと部屋にいたのは、押尾学と森祐喜の2人であり、押尾学は森祐喜に頼まれて、田中さんと2人だけで部屋にいたことにされたということだ。

出典:カナダde日本語 

両親が支払った裁判費用の謎

出典:https://twitter.com/

その暮らしぶりから億単位の金銭的支援を受けていると推測される押尾学さんですがなぜ、裁判費用を支払えず両親に負担させたのでしょうか。

一般的に最高裁までの裁判費用の合計は1,000万円を超える場合もあり、押尾学さんの場合、被害者遺族からの民事訴訟もあって実際に裁判にかかる費用は莫大なものになったと推測されます。しかし、それでも資金援助を受けている押尾学さんであれば支払いは可能だったでしょう。

被害者の田中香織さんについて

出典:https://twitter.com/

田中香織さんと暴力団の黒いつながり

被害者の田中香織さんですが押尾学さんと出会う以前にも薬物に手を出していたとの情報もあり、暴力団との関係も背後にあったようで、またその身分もホステスではなくキャバ嬢だったという情報もあります。

キャバ嬢としての源氏名は「麗城あげは」とのことで実際に裁判中に証人として現れた人間からの情報であることから限りなく真実に近い情報であるといえます。

田中香織さんの暴力団関係者とのつながりを示す証拠として押尾学さんの弁護人の証言があげられます。

「田中さんは暴力団関係者の組長と親密な付き合いがあったことも明らかとなっています。田中さんの自宅からは暴力団関係者の名刺がたくさん発見され、田中さんの背中には入れ墨がありました。田中さんが働いていたクラブのママの調書には、田中さんが最近薬物を使用していたとも書かれてあります」

引用:ЯαYの日記 

元々コカインの常用者であった被害者

事件当時、押尾学さんは合成麻薬を1錠、田中香織さんは3錠服用したことですが、被害者宅からコカインが押収されており、コカイン常用者であったことが伺えます。

押尾容疑者の事件では、同容疑者と一緒にMDMAを摂取したとされる女性(30)が急死している。死因はまだ不明だが、女性の部屋からはコカインが押収されており、チャンポンが死に結びついた可能性もある。
「MDMAは乱用者の7割が10代から20代の若者。
“市場”が小さいため、品質が安定しない。不純物や別の成分が混ぜられているケースも多く、これが事故につながりやすい。ほかの薬物と併用すると、
より危険度は増す」(捜査関係者)

引用:MATSUFUJI 

とはいえ、田中香織さんの死因は合成麻薬であるMDMA中毒だとされています。合成麻薬は素人によって作られた粗悪品が多く被害者の田中さんも3錠と多量に摂取したこと以外にもそうした粗悪品を服用した可能性もあります。

まとめ

押尾学さんの半生からその人となり、起こした事件にまつわる黒い陰謀論についてまとめさせていただきました。

世間を賑わせたセンセーショナルな事件でしたが未だその真相は闇の中です。このまま真相が明かされることがないのか、何らかの形で真実が白日の下にさらされるのか今後も注目していきたいところです。

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

 

山口達也の現在がヤバい!今何してる?ハワイへ逃亡しアルコール依存が抜けない?
出典:WAVAL 酒癖が非常に悪いと有名で一般人の女子高生への強制わいせつ事件で書類送検されたとして引退をして話題となった元TOKIO山口達也さんですが、アルコール依存症との噂があるそうです。 今回は山口達也さん...

コメント

テキストのコピーはできません。