センター街の火事・火災の出火原因がヤバい!煙発生の現場は屋上ダクトで、放火の可能性も

国内NEWS

出典:NHK

スポンサーリンク

 

東京消防庁によりますと、31日午後6時10分ごろ、東京・渋谷区の渋谷センター街近くにある建物の屋上から火が出ていると119番通報があり、話題となっています。

渋谷センター街で火災が発生

テレ朝ニュースほか、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

31日午後6時ごろ、東京・渋谷区宇田川町でビルの屋上から火が出ていると消防に通報がありました。消防隊14隊と消防ヘリが1台出動し、上空からも消火活動が続けられています。消防隊がビルに取り残された人やけが人などを現在、確認しているということです。現場はJR渋谷駅から約500メートルの飲食店などが立ち並ぶ繁華街です。

出典:テレ朝ニュース

現場は?

では、現場は一体どこなのでしょうか?

報道機関の発表にれよば、以下のような場所であるということです。

出典:NNN

さらには、Twitter上では以下のような情報も。

ここは、東京都渋谷区宇田川町31にあるビルであるということで、「貸し広告」があるビルの隣付近ではないかと言われております。

こちらはハロウィンで賑わうセンター街の中心部であり、渋谷警察署の宇田川交番にほど近い場所に近いところであります。

スポンサーリンク

出火原因は?

では、出火原因は一体何だったのでしょうか?

報道機関の発表によれば、地上6階、地下1階のビルで、屋上部分から火が出ているのを確認したということですので、屋上で何らかの火を発することがあったのではないかと推測されています。

10月31日ということで、ハロウィンで盛り上がっているため、不法投棄されたゴミなどから自然発火したり、タバコの火の不始末で出火するということは地上では考えられるのですが、屋上ということで出火原因については不明であります。

NHKの取材によれば、ビルの屋上のダクト付近から火の手が上がっているのが確認できるということで、このダクトが原因で火災が発生したものとみて間違い無いでしょう。

現在も延焼中ということで、消防などははしご車などを現場に出して消火活動を進めておりますが、今のところはけが人は確認されていないということです。

スポンサーリンク

放火の可能性は?

では、放火の可能性はあるのでしょうか?

そもそも、出火元となっているダクトとは、気体を運ぶ管であり、主に建築物内で空調、換気、排煙の目的で設備される機材であります。

エアダクト、風導管、通風管とも呼ばれており、基本的には人の手の振れるものではありません。

そのため、熱すぎる空気が通った際に、ホコリなどから発火したという可能性が非常に高く、放火の可能性については屋上という点から考えてもまず低いとみて間違い無いでしょう。


スポンサーリンク

Twitter上の反応

この突然の火災によって、Twitter上では様々な意見が飛び交っていますので、ご紹介します。

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

 

鬱少女の渋谷ハロウィン軽トラ犯人特定動画はデマで持ち主自業自得!運転手は川口在住のパリピか
出典:YouTube ハロウィーン前の週末となった27日深夜から28日未明にかけて、仮装した人たちが集まった東京・渋谷では、取り囲まれた軽トラックが横転させられるなどのトラブルが相次ぎ、話題となっています。 今回は、...
テキストのコピーはできません。