高杉祐弥の顔画像判明で生い立ちと父親のコメントがヤバい!ATVが誤報を流し、謝罪

出典:

スポンサーリンク

青森県つがる市で起きた4人の死亡事故で、県警は高杉祐弥(たかすぎ ゆうや)容疑者と野呂祐太朗(のろ ゆうたろう)容疑者を逮捕しました。

今回は、この事件で高杉容疑者の供述や顔画像、父親や生い立ちなどについて迫ってみたいと思います。

つがる市4人死亡事故で容疑者を逮捕

河北新報他、メディア各局が以下の様なニュースを報じ、話題となっています。

つがる市の国道101号で9月、乗用車など4台が絡み4人が死亡、4人が重傷を負った事故で、青森県警は22日、自動車運転処罰法違反(危険運転致死傷)の疑いで、同市森田町大館、団体職員高杉祐弥容疑者(32)を、道交法違反(飲酒運転同乗)容疑で、同市森田町上相野、無職野呂祐太朗容疑者(33)を逮捕した。
県警は高杉容疑者が飲酒運転で現場の制限速度50キロを大幅に超えて走行し、先行車に追突した疑いが強まったとして逮捕に踏み切った。県警によると、高杉容疑者は容疑を否認し、野呂容疑者は認めている。
高杉容疑者の逮捕容疑は9月22日午前1時10分ごろ、アルコールの影響で正常な運転ができない状態で乗用車を運転し、事故を起こした疑い。野呂容疑者は高杉容疑者の飲酒を知りながら車で送らせた疑い。
捜査関係者の話では、高杉容疑者は野呂容疑者、市内の農業男性(32)と3人で酒を飲んだ後、一緒に車に乗り、いずれも事故で重傷を負った。男性は入院中で、県警は回復を待って事情を聴く。
県警によると、高杉容疑者らは青森県鯵ケ沢町舞戸町、会社員広船淳さん(43)の軽乗用車に追突後、対向車線にはみ出し、代行運転中の五所川原市稲実、運転代行運転手山田春治さん(63)の軽乗用車と正面衝突した。追突された広船さんも対向車線にはみ出し、五所川原市鎌谷町、運転代行運転手佐藤成孝さん(58)の軽乗用車に衝突した。
この事故で広船さんと同乗の妻でアルバイト従業員愛莉さん(30)、山田さんと客のつがる市森田町森田、保険外交員山田久美子さん(46)の4人が死亡、佐藤さんと高杉容疑者ら3人の計4人が大けがをした。

出典:河北新報

スポンサーリンク

2人の容疑者について

こちらが、逮捕された高杉祐弥容疑者のプロフィールです。

出典:FNN

名前:高杉祐弥(たかすぎ ゆうや)

年齢:32歳

職業:団体職員

在住:青森県つがる市森田町大館千歳

学歴:五所川原工業高等学校

高杉容疑者は、青森県つがる市の国道101号で9月に起きた、乗用車4台が絡む4人死亡事故で、飲酒運転の車で猛スピードで先行車に追突した疑いで逮捕された人物です。

高杉容疑者の職業である団体職員ですが、これは営利団体と公務員を除いた組織で働いている人のことを指す言葉で、 独立行政法人、国立大学法人、公立大学法人、第三セクター、財団法人、社団法人、社会福祉法人、医療法人、学校法人、宗教法人、農協、漁協、生協、NPO法人、などで働く人のことを指しています。

こちらが、逮捕された野呂祐太朗容疑者のプロフィールです。

出典:FNN

名前:野呂祐太朗(のろ ゆうたろう)

年齢:33歳

職業:無職

在住:青森県つがる市森田町上相野若緑

野呂容疑者は、高杉容疑者が酒に酔った状態であることを知りながら、運転を依頼して同乗した疑いで逮捕された人物です。

スポンサーリンク

高杉容疑者の父親のコメントが…

そんな高杉容疑者ですが、FNNの取材によれば以下の様なコメントを残しているということです。

「(当日、容疑者が酒を飲んでいたのは見ていた?)飲んでるのは見なかったけど、そこで騒いでたんで、飲んでるんだろうなと思った」

(今回の事件を受けて、どう感じた?)(息子に)自分で責任を取ってもらえれば」

出典:FNN

自分で責任を取ってもらえばというのは、あまりにも無責任な話でありますし、飲酒をしている状況を把握しているのであれば、車を使う段階で静止する様な動きがあってもいいと思います。

流石に30歳を過ぎたいい大人が飲酒運転をする様なことはあってはいけませんし、決して許される行為ではないのですが、そもそも実家暮らしであれば、飲酒していることを親も把握して入れば、未然に防げたのではなかったのではないでしょうか?

ですが、30歳の大人に干渉する親もなかなかいないと思いますので、自己責任で完結させるのも無理はないかとも考えられます。

スポンサーリンク

生い立ちについて

高杉容疑者は、青森県つがる市出身であり、五所川原工業高等学校を卒業しております。

つがる市は、もともと西津軽郡木造町、森田村、柏村、稲垣村、車力村の1町4村が2005年2月11日合併して誕生しているのですが、在住が森田町であるということは、もともと森田村の出身なのではないかと考えられます。

市町村合併によってつがる市となっているのですが、森田村は田園風景が望める非常ののどかな地域で、やあり、田舎でいい雰囲気の中育ったと考えられます。

ねぷたや桜の弘前城で有名な弘前市や、立佞武多やりんごで有名な五所川原市と隣接しているため、五所川原工業へも通いやすいとは思うのですうが、13.2kmも離れているため、自転車で通うのは一苦労かもしれません。

青森県の津軽地方は、日本でも有数の豪雪地帯でありますので、電車や車での通学だったといえるでしょう。

スポンサーリンク

ATVが誤報

この事故の報道を受けて、9月には地元のJNN系列のテレビ局であるATVが誤報を発表しております。

青森県つがる市の国道101号で車4台が絡んで4人が死亡した多重事故をめぐっては、事故で亡くなった夫婦の軽乗用車が飲酒運転をしていたかのような情報が、インターネット上で出回り、関係者は心を痛めていた。後方から来た乗用車が飲酒の上「暴走」してきたことが事故原因との見方が強まり、ネット上の書き込みに傷つき続けてきた遺族や友人たちは憤りを募らせている。

ネット上では、「酒気帯び夫婦」など、淳さんと愛莉さんを中傷する書き込みが相次いだ。その一因とみられるのが、地元民放の9月下旬の一部報道。「最初に衝突したとみられる2台の軽乗用車のどちらかの運転手が、酒気帯びだった可能性がある」と報じたものだ。

出典:朝日新聞

この記事自体は朝日新聞の記事ですが、ATVは地元の新聞社の東奥日報社と朝日新聞社が株を持っておりますので、こうした記事も積極的に報じるのでしょう。

もちろん、これは誤報であり、広船淳さんと愛莉さん夫妻は飲酒をしておらず、山田春治さんも運転代行業者であり、体内からはアルコールは検出されていなかったということです。

また、これに対してATVは2018年10月22日の夕方のニュースで以下の様に謝罪をしたということです。

青森テレビ(ATV)は22日夕のニュースで「最初に衝突したとみられる2台の軽乗用車のどちらかの運転手が、酒気帯びだった可能性がある」と報じた9月25日の放送が誤報だったと認め、番組内で「おわびして訂正します。失礼いたしました」とアナウンサーが謝罪した。

出典:朝日新聞デジタル

こうした誤報から、ネットでは誹謗中傷の対象になってしまうということですが、誹謗中傷された広船さんのご遺族は以下の様に悲痛の胸の内を明かしています。

今でも心の整理がつかず、2人の顔が思い浮かび、毎日涙が出ます。このような飲酒運転による悲惨な事故がなくなるよう祈っています。私たち遺族の心情を察し、静かに見守っていただきたいと思います。

出典:朝日新聞デジタル

スポンサーリンク

高杉容疑者の供述が酷い

そんな、高杉容疑者ですが、この様な凄惨な事故を起しておきながらも全く反省の色は見えず、以下の様な供述をしているとのことです。

青森県つがる市の国道で9月、酒を飲んで乗用車を運転し、4人が死亡するなどした多重事故で、自動車運転死傷処罰法違反(危険運転致死傷)の疑いで逮捕された男が、県警の調べに「酒を飲んで車を運転した」と供述していることが分かった。一方で男は「正常に運転できた」とも述べ、逮捕容疑については否認しているという

出典:朝日新聞デジタル

もはや、この取り調べの最中ですら酔っ払っているのではないかと錯覚をせざるを得ない内容でありますし、あり得ない供述なのは明白です。

正常に運転できたのならなぜ130km/hで走行をし、さbにない4人も死亡させる様な事故を起したのでしょうか?

こうした容疑を否認する供述は反省をしていないと思われるだけでなく、世間からも厳しいバッシングを受けることがありますので、一層の波紋が広がることでしょう。

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

 

野呂祐太朗(のろゆうたろう)容疑者の顔画像を特定か?高杉祐弥との関係性についても
...
スポンサーリンク

コメント