野呂祐太朗(のろゆうたろう)容疑者の顔画像を特定か?高杉祐弥との関係性についても

国内NEWS

出典:ytv

スポンサーリンク

 

青森県つがる市で発生した、4人が死亡する追突事故で、飲酒運転で車を運転していた高杉祐弥(たかすぎ ゆうや)容疑者と高杉容疑者がお酒を飲んでいることを知りながら、送る様に進めた野呂祐太朗(のろ ゆうたろう)容疑者の2人の容疑者を逮捕しました。

青森県つがる市の事故で2人の容疑者を逮捕

毎日新聞ほか、メディア各局が以下の様なニュースを報じ、話題となっています。

青森県つがる市の国道で9月22日、車4台が関係し4人が死亡した事故で、県警は22日、このうち1台の乗用車を運転していた同市森田町大館千歳、団体職員、高杉祐弥容疑者(32)を自動車運転処罰法違反(危険運転致死傷)の疑いで逮捕した。高杉容疑者の車に同乗していた同市森田町上相野若緑、無職野呂祐太朗容疑者(33)も道交法違反(同乗)の疑いで逮捕した。

県警によると、高杉容疑者は事故前に酒を飲み、制限速度を大幅に上回る速度で別の車に追突した疑いがあるという。野呂容疑者は、高杉容疑者の飲酒を知りながら同乗していたという。県警は事故当時の詳しい状況を調べている。

 事故は9月22日午前1時過ぎ、国道101号で発生した。現場は片側1車線の直線で、捜査関係者によると、高杉容疑者の車は前方を走っていた軽乗用車に追突した後、センターラインを越えて対向してきた別の軽乗用車に衝突した。

 現場の制限速度は時速50キロだったが、これを大きく上回っていたとみられる。

 この事故で、追突された軽乗用車に乗っていた広船淳さん(43)と妻愛莉さん(30)が死亡。対向してきた軽乗用車を運転していた代行運転手の山田春治さん(63)と客の山田久美子さん(46)も死亡した。高杉容疑者の車には他に男2人が乗っており、3人とも重傷を負った。

出典:毎日新聞

スポンサーリンク

2人の容疑者について

こちらが、逮捕された高杉祐弥容疑者のプロフィールです。

名前:高杉祐弥(たかすぎ ゆうや)

年齢:32歳

職業:団体職員

在住:青森県つがる市森田町大館千歳

高杉容疑者は、青森県つがる市の国道101号で9月に起きた、乗用車4台が絡む4人死亡事故で、飲酒運転の車で猛スピードで先行車に追突した疑いで逮捕された人物です。

高杉容疑者の職業である団体職員ですが、これは営利団体と公務員を除いた組織で働いている人のことを指す言葉で、 独立行政法人、国立大学法人、公立大学法人、第三セクター、財団法人、社団法人、社会福祉法人、医療法人、学校法人、宗教法人、農協、漁協、生協、NPO法人、などで働く人のことを指しています。

こちらが、逮捕された野呂祐太朗容疑者のプロフィールです。

名前:野呂祐太朗(のろ ゆうたろう)

年齢:33歳

職業:無職

在住:青森県つがる市森田町上相野若緑

野呂容疑者は、高杉容疑者が酒に酔った状態であることを知りながら、運転を依頼して同乗した疑いで逮捕された人物です。

ちなみに、2人の容疑者に関しては顔画像などの情報は公開されておらず、また、特定するにも至っておりませんので、こちらに関しては詳しい情報が入り次第、随時お伝えしていこうと思います。

スポンサーリンク

事故現場は?

では、事故現場は一体どこなのでしょうか?

報道機関の発表によれば、以下の様な場所であるとのことです。

出典:NNN

そして、このストリートビューと地図がこちらです。

現場となったのは、国道101号線(大間越街道)であり、JR五能線の中田駅と木造駅の間くらいに位置しています。

国道101合繊は、青森県青森市から秋田県秋田市に至る国道であり、青森県でも津軽地方の住民には広く親しまれている国道として有名です。

現場は岩木山を望むことが可能で、左右は田んぼしかないために非常に見通がよく、直線道路でありますから、速度を出し過ぎてしまうことも多々あると言いますが、さすがに130km/hの速度での走行をしている人はいないでしょう。

スポンサーリンク

2人の関係性について

では、容疑者2人の関係性は一体何なのでしょうか?

高杉容疑者は事故前、自宅で友人数人とバーベキューをしながら飲酒をしており、さらに酒を飲もうと、呂容疑者を含む2人を車に乗せて移動中に事故を起こしたとされています。

つまり、バーベキューをする仲ということは、友人である可能性が非常に高いのではないかと考えられます。

野呂容疑者は33歳で、高杉容疑者は32歳ということは同い年である可能性が非常に高く、さらには在住も近いということで、幼馴染の様な感じなのではないかとも推測されます。

また、飲酒運転を勧めるということもあって、日頃から飲酒運転をしていたのではないかとも考えられますし、もしくは事故を起こさないという確固たる自信があったのではないかとも推測されます。

友人であったとしても、犯罪を助長させる様なことは決して行ってはならず、こうしたことを「やってはダメ!」としっかりと言える様な間柄でこそ友人と呼べるのではな位でしょうか?

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

 

高杉祐弥(たかすぎゆうや)容疑者の顔画像!事故原因は飲酒で130km/hで現場を走行
...

コメント