本間吉雄(太白区火事)宅の火災の出火原因がヤバい!去年も同じ現場で放火殺人の可能性も

国内NEWS

出典:FNN

スポンサーリンク

 

18日午前2時20分ごろ、仙台市太白区郡山1丁目の本間吉雄(ほんま よしお)さんの家から火が出て、焼け跡から6人の遺体が発見されるという事件が発生しました。

今回は、この火災の出火原因などについて迫ってみたいと思います。

仙台で未明に住宅火災、6遺体発見

産経ニュースほか、メディア各局が以下の様なニュースを報じ、話題となっています。

18日午前2時20分ごろ、仙台市太白区(たいはくく)郡山、本間吉雄(よしお)さん方から出火したと近隣住民が119番通報した。木造2階建ての住宅が燃え、約4時間後に消し止められたが、焼け跡から6人の遺体が見つかった。

宮城県警仙台南署によると、この家には70代とみられる本間さん夫婦と40歳前後の娘2人、幼い孫2人の計6人が暮らしているとみられるが、いずれも連絡が取れていない。遺体は1階と2階から見つかった。近所の保育園の園長によると、連絡が取れない子供の1人が通っていたという。

出典:産経ニュース

スポンサーリンク

現場は?

では、火災現場は一体どこなのでしょうか?

報道機関の発表によれば、こちらが現場となった場所であるそうです。

出典:FNN

また、朝日新聞によれば、現場は仙台市太白区郡山1丁目であるということで、こちらが、その詳細な画像であります。

出典:朝日新聞

こちらを調べて見た結果、以下の様な場所がヒットしました。

現場となったのは、JR仙台駅から5kmほど南に行った場所であり、付近には八本松公園や広瀬川が流れるなど、自然も豊かで、この公園は桜の季節になると多くのお花見をする人物がいることでも知られています。


スポンサーリンク

出火原因は?

では、出火の原因は一体何だったのでしょうか?

住宅は2階の焼け方が激しく、火元は2階の可能性が高いということですし、大きな爆発音が多く聞こえたということもあって、フラッシュオーバーやバックドラフトの様な現象が起こったのではないかと考えられます。

地元の消防団員の話によれば、「出火直後に到着すると、高さ20メートルくらいまで火柱が上がっていた。外壁は残っているが、中は全焼して、どこに何があったのかも分からないくらい焼けていた。出火してすぐに火が回ったようだ」ということですので、もしかすれば、灯油などの燃料を撒いていた可能性も十分に考えられます。

フラッシュオーバーというのは、局所的な火災によって熱せられた天井や煙層からの放射熱によって、局所火源そのもの、あるいはその他の可燃物が外部加熱を受け、それによって急速な延焼拡大が引き起こされ全面火災に至ることをさす現象のことです。

そして、バックドラフトというのは、機密性の高い室内で発生した火事で、空気がないために一度鎮火した火種が、消防士などが消化活動のためにドアを開閉した際に、相反する充満したガスとが空気の気流に触れることで可燃性ガスが爆発を起こすのがバックドラフトです。

しかしながら、ものすごい早さで火が燃え広がったということをかみすれば、誰かが何らかの目的を持って放火するという事件である可能性も十分に考えられるでしょう。

スポンサーリンク

過去にも火事が

共同通信によれば、過去にも同じ現場で火事が発生しているということです。

昨年8月15日深夜には本間さん方で乗用車や自転車4台などが燃える火事があった。原因や今回の火災との関連は分からない

出典:共同通信

また、Twitter上からは事件を疑う様な声も

亡くなった本間さんは60代の妻と40歳前後の娘2人、5歳と8歳とみられる孫の男児2人と住んでいたということで、遺体は1階で2人、2階の室内とベランダでそれぞれ2人が見つかったと言います。

去年も同じ場所で火事の被害があるということは、何らかの事件性を感じますしファ、今回はものすごい燃え広がり方だったという点や、2階からの出火ということで、もしかすれば無理心中という点も考えられるでしょう。

近所の保育園によると、同園には男児の1人が通っていたということですが、おそらく近所の保育園とは宮城県仙台市太白区八本松2丁目4−15にあるコスモス〆木保育園なのではないかと考えられます。

いずれにしても、去年も起こっている火災と同じ現場での火災であるだけに一層の波紋が広がりそうな一件です。

あなたにおすすめの記事

 

岡本惇希(あつき)くん死亡の火事・火災の出火原因が判明か?現場は奈良市千代ヶ丘3丁目付近
...

コメント