仙谷由人の死因は肺がんでタバコの吸いすぎが原因?官房長官歴任など経歴や信条についても

出典:毎日新聞

スポンサーリンク

 

民主党政権で官房長官を務めた仙谷由人(せんごく よしと)元衆院議員が亡くなっていたことが明らかとなりました。

仙谷由人元衆院議員 死去

NHK NEWS WEBほか、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

民主党政権で菅内閣の官房長官を務めた仙谷由人元衆議院議員が、今月11日、肺がんで亡くなりました。72歳でした。

仙谷氏は、徳島県出身で、弁護士を経て平成2年の衆議院選挙に当時の社会党から立候補して初当選し、衆議院議員を6期務めました。

この間、当時の民主党で政策調査会長などを務め、平成21年の政権交代で発足した鳩山内閣では、行政刷新担当大臣に就任し、「事業仕分け」などに取り組みました。

その後、菅内閣で官房長官を務めましたが、沖縄県の尖閣諸島沖の漁船衝突事件での対応をめぐり、参議院で問責決議が可決されて、内閣改造に伴って退任しました。

東日本大震災の発生後は、官房副長官に起用され、被災者支援に尽力したほか、その後、党の政策調査会長代行に就任して、東京電力の経営改革などに取り組みました。

仙谷氏は、みずからの経験も踏まえ、がん対策にも熱心に取り組んできましたが、肺がんのため、今月11日に亡くなったということです。

出典:NHK NEWS WEB

スポンサーリンク

仙谷由人議員について

こちらが、亡くなった仙谷議員のプロフィールです。

「仙谷由人」の画像検索結果

出典:東日本大震災でやらかした人まとめWiki – FC2

名前:仙谷由人(せんぎごく よしと)

生年月日:1946年1月15日

年齢:72歳(※享年)

出身:徳島県徳島市

学歴:徳島県立城南高等学校卒業→東京大学法学部中退

前職:弁護士、衆議院議員、内閣官房長官

所属政党:日本社会党→社会民主党→四国市民ネットワーク→旧民主党→民主党→民進党(前原グループ)

主な役職:旧民主党政策調査会長、民主党政策調査会長(第7代)、内閣府特命担当大臣(行政刷新担当)、国家戦略担当大臣(第2代)、内閣府特命担当大臣(「新しい公共」担当)、内閣官房長官(第78代)、法務大臣(第86代)、拉致問題担当大臣、民主党代表代行

そしてこちらが、主な経歴です↓

1946年

(昭和21年)1月15日 仙谷昌一、真喜子の長男として生まれる

1958年

3月 徳島市立佐古小学校卒業

1961年

3月 徳島市立城西中学校卒業

1964年

3月 徳島県立城南高等学校卒業

1964年

4月 東京大学教養学部文科 I 類入学

1966年  4月 東京大学法学部進学
1968年 10月 東京大学在学中に司法試験に合格
1971年

4月 弁護士活動を開始

1990年

2月 衆議院選挙初出馬 初当選(日本社会党)

1993年

7月 衆議院選挙に再出馬 次点(日本社会党)

1996年

10月 衆議院議員選挙に出馬 当選

11月 民主党政策調査会長 就任

1997年

9月 民主党幹事長代理 就任

1998年

4月 民主党企画委員長 就任

1999年

1月 民主党筆頭副幹事長 就任

10月 民主党企画局長 就任

2000年

6月 衆議院選挙徳島1区 当選

6月 民主党企画委員長 就任

2001年

9月 民主党中国四国九州ブロック担当

2002年

10月 衆議院憲法調査会 会長代理

10月 民主党憲法調査会 会長 就任

12月 民主党NC 経済財政大臣・経済戦略会議座長 就任

2003年

3月 民主党 宗教と政治を考える会 会長

4月 民主党政権準備委員会 委員長

11月 衆議院選挙徳島1区 当選

12月 民主党団体交流委員長、民主党憲法調査会会長に就任

2004年

5月 民主党政策調査会長に就任

5月 民主党NC 官房長官 就任

9月 民主党政策調査会長に就任

9月 民主党NC 官房長官 就任

2005年

4月 年金改革両院合同会議 会長代理に就任
9月 衆議院選挙徳島1区 当選
9月 民主党NC 厚生労働大臣に就任
9月 民主党シンクタンク設立準備委員会委員長に就任
12月 「公共政策プラットホーム」代表理事に就任(~06年11月)
2006年  3月 民主党幹事長代理に就任
9月 衆議院決算行政監視委員長に就任
2007年  9月 衆議院議院運営委員会理事に就任
2008年  2月 医療現場の危機打開と再建をめざす国会議員連盟会長代行に
12月 衆議院消費者問題に関する特別委員会 筆頭理事に就任
2009年  1月 衆議院予算委員会 委員
8月 衆議院選挙徳島1区 当選
9月 内閣府特命担当大臣(行政刷新)
公務員制度改革担当大臣に就任(鳩山内閣)
2010年  1月 内閣府特命担当大臣(行政刷新)、公務員制度改革担当
国家戦略担当(鳩山内閣)
2月 内閣府特命担当大臣(「新しい公共」)公務員制度改革担当
国家戦略担当(鳩山内閣)
6月 内閣官房長官(菅内閣)
9月 内閣官房長官(菅改造内閣)(留任)
11月 内閣官房長官兼法務・拉致問題担当大臣(菅改造内閣)
2011年  1月 民主党代表代行~9月
3月 内閣官房副長官(菅再改造内閣)~9月
9月 民主党政策調査会長代行
2012年  9月 民主党副代表
12月 衆議院選挙徳島1区 落選
2013年     一般社団法人 日本ミャンマー協会 理事
2014年     一般社団法人 日本ミャンマー協会 理事長代行

出典:仙谷由人HP

ちなみに、仙谷元衆議院議員は東京大学に入学しているのですが、前・自由民主党総裁の谷垣禎一と同期入学であるそうです。

スポンサーリンク

死因は?

では、仙谷由人元衆議院議員の死因は一体何だったのでしょうか?

読売新聞の発表によれば、肺がんで亡くなったということです。

民主党政権で官房長官を務めた元衆院議員の仙谷由人(せんごく・よしと)氏が11日、肺がんのため死去した。72歳だった

出典:YOMIURI ONLINE

日本人の死因の第一位は、ガンであり、その中で特に男性では、「気管支および肺」が圧倒的に多く、それ以降は「胃」「肝臓」「結腸」「膵臓」の順で多くなっているそうです。

女性においても肺がんの死亡率は圧倒的に高く、主な原因は喫煙などによる肺を傷つけることが原因であるそうで、女性に関しては「女性ホルモン」と「汚染大気」の2つが最近では有力視されているとのことです。

仙谷由人さんが喫煙をしていたかどうか明らかではありませんが、もしも喫煙をしていたのであれば、それが原因でガンとなってしまったのではないかと考えられます。

スポンサーリンク

人事を尽くして、天運を拓く

仙谷由人さんの信条は「人事を尽くして、天運を拓く」であるそうです。

人事を尽くして、天運を拓くとは「人間にできることはやり切った上で、その結果がどうなるかは天に任せる」という意味のことわざであり、松下政経塾に属している多くの議員さんも好きな言葉や座右の銘としてあげています。

人事とは、やれるべき事をやって、あとは天命(神様や運頼み的な事)に任せようという故事なのですが、大事なのは、人事を尽くすという事で、精一杯努力する事が非常に大切となってくるのです。

仙谷さんが生前にやれるべき事をしっかりとやっていたことは明らかですし、信条としていたことはまず間違いなく達成されたのではないかと考えられます。

いずれにしても、亡くなった仙谷さんには心よりご冥福をお祈り申し上げます。

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

 

404 NOT FOUND | BrandNewS
ココロに届く新鮮な話題をお届けします

コメント