大本幸栄(おおもとほのか母親)が学費を払えない理由がヤバい!訴訟基金設立で、娘を金儲けの道具に?

この記事は7分で読めます

出典:livedoornews


スポンサーリンク

愛媛県などを中心に活動していた地方アイドルグループ愛の葉ガールズのメンバーで、2018年3月に自殺をして亡くなってしまった大本萌景さんですが、学費の工面などを巡って大本幸栄(おおとも ゆきえ)さんや家庭環境に非常に多くの闇が感じられますので、ここでご紹介します。

アイドル自殺で遺族が提訴

YOMIURI ONLINEほか、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

愛媛県を拠点にアイドルグループで活動し、今年3月に自殺した大本萌景ほのかさん(当時16歳)の母親らが12日、自殺は過重労働やパワーハラスメントが原因として、所属していた芸能事務所などを相手取り、慰謝料など約9200万円の損害賠償を求めて松山地裁に提訴した。事務所側は「パワハラはなかった」と反論している。

 訴状などによると、萌景さんは中学生だった2015年7月、松山市の芸能事務所「Hプロジェクト」と契約。アイドルグループ「Girlsガールズ」のリーダーとして、農業をPRするイベントやライブなどの活動をしていたが、3月21日、自宅で自殺しているのが見つかった。

 1日の拘束時間が11~13時間に及ぶこともあり、学業との両立に悩んだ萌景さんが脱退の意向を伝えると、事務所スタッフからLINEラインで「寝ぼけた事言いだしたらマジでブン殴る」とメッセージを送られたと主張。さらに、代表取締役から「続けないなら違約金1億円払え」と言われるなど、繰り返しパワハラ行為を受けたとしている。

 また、事務所側と約束していた通信制高校から全日制への転学費用の貸し付けを、学校への支払い前日になって突然撤回され、転学を断念したという。

 提訴後に記者会見した母親の幸栄ゆきえさん(42)は、萌景さんについて「天真らんまんで、ヒマワリのような女の子だった」と言葉を詰まらせ、「自殺した当日、萌景は社長(代表取締役)を『怖い』と言っていた。その意味を裁判で話してほしい」と訴えた。

 事務所の佐々木貴浩代表取締役は11日夜、取材に応じた。萌景さんの自殺について「引き留められなかったことに責任を感じている」とした上で、「パワハラを行った事実も、1億円を要求した事実もない」と主張。転学費用については「態度を注意し、『今のままなら貸せない』とは言ったが、お金は用意していた。萌景さんから断りの連絡があった」としている。

出典:YOMIURI ONLINE

スポンサーリンク

大本萌景さんについて

こちらが、自殺をしてしまった大本萌景さんのプロフィールです。

関連画像出典:twitter.com

名前:大本萌景(おおもと ほのか)

生年月日:2001年10月23日

年齢:16歳(※享年)

出身:愛媛県松山市

身長:154cm

血液型:O型

趣味:農業

所属:愛の葉ガールズ

特技:とにかく走ること

長所:ポンコツなところ

短所:意地悪なところ

好きな食べ物:ママの作ったオムライス

好きな野菜:アボガド、アボガド、アボガド

大本さんは、愛の葉ガールズの元メンバーで、2018年3月に自殺をしてしまったとして話題にもなった人物です。

大本さんは中学校1年生の頃、いじめを受けていたのだそうで、不登校にもなった事があり、そんなときにゲームセンターのSEGAで「愛の葉Girls」のライブを見て、アイドル業界に憧れを抱くようになったと言います。

その勢いのまま自分でオーディションに申し込んで書類審査に合格し、中学2年生の頃には愛の葉Girlsの研究生として活動をしており、同じアイドルのももいろクローバーZが大好きでものすごく憧れていたのだそうです。

そうしてメンバーとなった大本さんなのですが、事務所の高圧的なラインやブラックな対応などがきっかけとなり、自殺に追い込まれてしまったのです。

スポンサーリンク

母親の大本幸栄さんについて

こちらが、母親である大本幸栄さんのプロフィールです。

名前:大本幸栄(おおもと ゆきえ)

年齢:42歳

職業:不詳

在住:愛媛県松山市

大本萌景さんの母親である大本幸栄さんは、今回提訴に踏み切った原告側であり、自殺した娘さんについて真実を明かしたいという思いで闘っている方です。

大本さんの母で、原告の幸栄(ゆきえ)さん(42)は提訴後、松山市内で記者会見した。幸栄さんは「亡くなる当日の朝、萌景は『社長(Hプロジェクト代表取締役)に会うのが怖い』という言葉を言っていた。この言葉の意味がどういうものかは社長が鍵を握っていると思う」と述べ、裁判を通じて事実を明らかにしたいと訴えた。

スタッフによるパワハラなどを否定した所属会社側のコメントについて、幸栄さんは「曲げずにそのまま話をしてほしい」と反論。「脱退するなら違約金1億円」と代表取締役が大本さんに発言したとする遺族側の主張も、会社側は否定したが、原告代理人の望月宣武(ひろむ)弁護士は「そう言われた、と娘さん(大本さん)は友人に話している」と述べた。望月弁護士は「なぜ16歳の女の子が死を選んだのか、腑(ふ)に落ちるものはない。お互いに持つ証拠を開示し、真実を明らかにしたい」と話した。

出典;朝日新聞デジタル

スポンサーリンク

家庭環境に難がある?

そもそもこの問題が発展したのは、大本萌景さんが学業とアイドル活動を両立することが難しいと判断したことから、愛の葉ガールズを辞めたいと言ったことから発展しています。

大本萌景さんはアイドル活動が忙しくなってきたために、通信制の高校に通わざるを得なくなったと言いますが、それでもレッスンやイベント出演等で学業がおろそかになっていったのだと言います。

それから、学業を優先させるために全日制の高校へ行くことを決心しますが、学費が工面出来ないためにそれを事務所に借金してしまったのです。

萌景さんと母親の幸栄さんの2人は、事務所に行って必要なお金を借りようと思い「全日制に行きたいからお金を貸してください!借りた分は働いて返しますので」という要求をしますが、「今のままの考え方では金は貸せない」と言われ、帰り道に一言も喋らなくなるほど落ち込んでいたのだ言います。

ですが、ネット上には以下のような情報が書き込まれており、やはり家庭環境に難があったのではないかと考えられております。

ホノカ、全日制に入学する為の費用、全て事務所に出してもらったって言ってたよ
愛ノ葉で貰った給金でクーラー付けたとか携帯代や家にお金入れてるとかね
16歳の子供がだよ...
最後に話したの3月の初めだけど
よく、深夜12頃松屋隣のゲーセンにいたから、話してくれた
家に帰りたくないって、家が嫌いだとかね
東署の聴取では全部話したけど
知ってる事、本当のことを世間には言えないよ。可哀想過ぎて
突発的にやったんだね、自暴自棄になって
ただ言えるのは彼女の父は、義理の父親であること
確執なんてレベルじゃないこと
押収された父親の写真データ

出典:ログ速

この情報が正しければ、現在の事務所に全日制に行くための費用を全額工面してもらったことになっており、さらに言えば、お家のことが嫌いだったということも明らかとなっているのです。

そして、父親は義理の父親であるということから、母親の幸栄さんは離婚歴があるかもしくは育てるのはシングルマザーだったのではないかと考えられます。

スポンサーリンク

学費を払えないのはなぜ?

では、なぜ学費を事務所から借りなければならなかったのでしょうか?

インターネットの匿名大型掲示板5ちゃんねるの「愛の葉ガールズを応援しよう!11」には以下のような情報が書き込まれております。

彼女と俺の関係は別にどうでもいいでしょ
仕事がら聴取されただけだから
死因は、縊死
これで最後にするよ
もし父親が見てるなら理由を聞きたい
あれだけ楽しみにしていた城南高校をなぜ行けなくしたのか
事務所から受け取った入学金3万円、制服代7万円はどこに消えた
高校行けなくしたのに、なぜ21日に前期授業料を収めるからと40万円受け取ろうとした

はっきり言う、俺だけじゃない真実を知ってるものはたくさんいる
所轄も調べ上げてる。20日の夜のことも、今は事件性がないから動けないだけだ
あの子の死を金に換えようとしやがって、せめて49日まではおとなしくしてろ
諸七日法要もしてやらねーで

出典:ログ速

入学金は3万円で、制服代が7万円ということですし、高校の学費自体は12万円ということでしたので、なぜこの金額を払ってあげられないのか疑問に残ります。

松山城南高等学校というのは、愛媛県松山市にある私立の高校で、大本萌景さんはここに行きたかったらしいのですが、そこに行けなくなったにも関わらず、前期の授業を40万円を受け取ろうと母親はしたと言います。

もはやこの情報がリークされてしまっては、お金に目が眩んでの言動だったとみて間違い無いのではないでしょうか?

そうでなければ、学費を自分の家庭で払った上に、さらに愛の葉ガールズからもギャラが振り込まれれば、むしろ収益的にはプラスになるはずです。

スポンサーリンク

ただ単純にお金が欲しいのか?

今回の一連の自殺騒動を受けて、大本さんの遺族側はおよそ9200万円の提訴をしているのですが、これは何か金銭的なからくりがあると感じざるを得ません。

2018年10月10日には、母親の大本幸栄さんが自身のTwitterにてリーガルファンディングで弁護士費用を募集しているのです。

出典:リーガルファンディング

リーガルファンディングとは、担当弁護士もいて、訴訟などの事件解決に向けて動いているが活動資金が足りない!と困っている人を、インターネットを通じた募金で応援できるサービスの一つとして知られています。

ここには、「アイドルを夢見るたくさんの子供たちとその家族に、悲しく苦しい思いをしてもらいたくない。」という名目で基金が募集されており、2018年10月12日現在で残り77日となっており、支援者数は220人ほどいます。

1,217,165円集まっていますが、目標金額は3,000,000円であるということで、これに到達するまでは基金を募集するのだと言います。

担当は、望月宣武(もちづき ひろむ)弁護士であり、目的は以下のようであるそうです。

現在、地下アイドル業界では、アイドルに対するハラスメントや違法労働などが大きな問題になっております。原告らは、本裁判を一つのきっかけとし、今後、大本萌景さんの死の真相を明らかにし、さらには地下アイドルにおけるハラスメント行為や違法労働を一つでも減らし、未成年の活動環境を整えたいと強く思っております。

地下アイドル業界におけるハラスメントや違法労働の実態を世の中に明らかにし、地下アイドルたちの権利を守り、地下アイドル業界の健全化するために重要な活動であると考えすべての費用を手弁当で負担しています。

出典:リーガルファンディング

確かに訴訟を起こす上では、弁護費用などバカにならない金額が必要であるのですが、これに勝訴した場合、原告の要求通り行けば9200万円もの大金が入るのです。

そして、この大金から弁護費用と成果報酬として支払うという費用管理が普通であると考えますが、先にお金を貰ってから心に余裕を持って訴訟をしたいということなのでしょうか?

・不当もしくは違法な労働環境

・事務所からのパワハラ

・学業と芸能活動の両立の強要

・高校進学費用の貸付の撤回

・1億円支払えという脅迫

この5点に関して訴訟をしていくそうですが、やはり12万円もの学費も払えないような家庭環境でありながら、娘さんを守ってあげられなかったという母親の幸栄さんに対して、ものすごいバッシングがされているのもの事実です。

もしかすれば、娘さんをアイドル活動をさせ学費まで分捕るなどして、金儲けの道具などと考えていたのかもしれません。

スポンサーリンク

ネット上の反応

この母親の記者会見などに関して、Twitter上などでは様々な意見が飛び交っていますので、ご紹介します。

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

 

大本萌景(おおもとほのか/愛の葉ガールズ)さんの自殺の真相が衝撃的!事務所社長との関係もヤバい

 
error: You never click here!!