上原多香子とコウカズヤが再婚し妊娠!過去のフライデー画像や恋愛遍歴、不倫の真相も

国内NEWS

出典:Google

スポンサーリンク

 

SPEEDの上原多香子さんと、演出家で元超新塾のコウカズヤさんが再婚し、妊娠していることが明らかとなりました。

上原多香子とコウカズヤが再婚

スポーツ報知ほか、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

 「SPEED」の上原多香子(35)と交際中の演出家・劇作家のコウカズヤ氏(41)が10日、自身のツイッターを更新し、「かねてよりお付き合いさせていただいていた方と既に入籍し、妻のお腹には念願であった子供も授かりました」と報告した。

 コウ氏は「直接ご報告させてもらってる方もいますが、まだご報告できていない方にこの場をお借りしてご報告させてください」とした上で「私は、かねてよりお付き合いさせていただいていた方と既に入籍し、妻のお腹には念願であった子供も授かりました」と発表。

 そして「誰が何と言おうと、僕は妻と産まれてくる子供を守りたいと思っております!家族を守ります!もしも家族に、他者からの攻撃が降りかかることがあれば全力で僕が盾になります!」と決意を示し、「どうか、どうか、どうか!我々家族を暖かく見守っていただけたら幸いです。何卒、よろしくお願いいたします」と呼びかけた。

 上原は2012年8月にヒップホップグループ「ET―KING」のTENNさんと結婚。TENNさんは2014年9月に35歳の若さで自殺した。上原は昨年からコウ氏と交際を始めたと一部で報じられていた。

出典:スポーツ報知

スポンサーリンク

上原多香子について

こちらが、再婚を発表された上原多香子さんのプロフィールです。

関連画像

出典:girlschannel.net

名前:上原多香子(うえはら たかこ)

生年月日:1983年1月14日(35歳)

出生地:沖縄県豊見城市

身長:159 cm

血液型:A型

職業:女優、歌手

ジャンル:映画、テレビドラマ、CM

所属事務所:ライジングプロダクション

所属グループ:SPEED

上原多香子さんは、1996年8月、アイドルグループ・SPEEDのメンバーとしてダンサー・コーラスを担当し、芸能界デビューを果たしています。

1999年10月には、「ドリームメーカー」という映画のヒロインも抜擢される、DA PUMPのISSAさんと共に、第23回日本アカデミー賞の新人俳優賞を受賞するなど、女優としても実力をつけています。

2003年度下半期にNHKの連続テレビ小説「てるてる家族「では、女優いしだあゆみをモデルにした岩田夏子の役を演じ、いしだ本人(クラブの専属歌手役)との共演も実現するなど、連ドラ女優としても活躍をしており、そのほかソロデビューや写真集を発売するなど、精力的に活動していることでも知られています。

2012年3月9日には、hip-hopグループのET-KINGのMC・TENNと婚約したと公式サイトおよび自身のブログで発表したのですが、そのわずか2年後にTENNさん自殺をしており、世間に大きな衝撃を与えました。

そして、この自殺が上原多香子さんが不倫をしていたことによるもであると、2017年に写真週刊誌が報じ、さらに世間から批判されることとなったのです。

スポンサーリンク

コウカズヤについて

こちらが、上原多香子さんと結婚をされたコウカズヤさんのプロフィールです。

「ドラゴン高山」の画像検索結果

出典:ダラママのいろいろ日記

名前:コウカズヤ

本名:高山 和也(たかやま かずや)

別名義:ドラゴン高山(超新塾時)

生年月日:1977年6月10日

年齢:41歳

出身:大阪府大阪市

職業:脚本家・演出家・役者・お笑い芸人

学歴:大阪NSC16期生

元所属グループ:超新塾

現所属:BuzzFestTheater 主宰

脚本・演出作品

「やめらんねぇ」(2012年9月、千本桜ホール)

「レッド★スター」(2013年1月、下北沢Geki地下Liberty)

「旦那のも飲んだ、喜劇で火の中。」(2013年3月、千本桜ホール)

TEAM BUZZ第1回公演「騙-DAMA-」(2013年7月、下北沢Geki地下Liberty)

TEAM BUZZ第2回公演「合言葉はロッケンロー!!」(2013年12月、下北沢Geki地下Liberty)

TEAM BUZZ第3回公演「旦那のも飲んだ、喜劇で火の中。」(2014年4月、新宿タイニイアリス)

TEAM BUZZ第4回公演「やめらんねぇ」(2014年7月、中野ザ・ポケット)

TEAM BUZZ第5回公演「Bye-Byeレストラン」(2014年12月、下北沢シアター711)

TEAM BUZZ第6回公演「わしゆん!」(2015年5月、下北沢「劇」小劇場)

コウカズヤさんは、お笑いグループ超新塾の元メンバーであり、現在は2013年6月より演劇ユニットTEAM BUZZを主宰する演出家としても活動をしている人物です。

身長は185cmと非常に高く、超新塾では現在のコアラ小嵐さんのポジションで、一番最初にネタの説明やボケをするポジションとしても知られていました。

NHKのネタ見せ番組である爆笑オンエアバトルの2008年度には番組史上唯一の3戦連続オーバー520KB台を記録するなど、ネタの完成度と構成力に優れていたのですが、2011年2月21日をもってコウカズヤさんが脱退を発表しています。


スポンサーリンク

上原多香子の彼氏遍歴

上原さんといえば、若くして人気アイドルグループ「SPEED」のメンバーとしてブレイクを果たし、芸能界で長く活動していることでも有名です。

デビューは13歳の時で、そこからは数々のビッグネームとの熱愛の噂が立っています。

それではその豪華な男性遍歴を見ていきましょう。

続報です↓

【証拠画像あり】上原多香子がコウカズヤとの子供を妊娠していた!TENNと籍を抜いた理由や真相、妊娠説を徹底検証!

①DA PUMP ISSA

1999年、上原さんは当時16歳でしたが、その4つ年上で同じ沖縄出身のDA PUMPのリーダーISSAさんと熱愛が報じられました。

お互いの所属事務所は熱愛を否定していますが、半同棲をしていたと週刊誌は報じ、話題となりました。

②RIZE JESSE

2人目は、人気ロックバンド『RIZE』のボーカルを努めるJESSEさん。

2001年の七夕に、朝帰りデートを写真週刊誌にスクープされ、熱愛が報じられました。

ですが、彼氏というよりは、一夜限りの体の関係や、単なる遊び相手でしかなかったようです。

③俳優 山崎裕太

3人目は、人気イケメン俳優の山崎裕太さん。

JESSEさんとの熱愛が報じられた2001年から2年経った2003年に、週刊誌に熱愛を報じられています。

こちらも、単なる友達関係と所属事務所は否定しましたが、子役上がりで小さい頃から上原さんと馴染み深い山崎さんは、上原さんの本命の彼氏だった可能性もあります。

④関ジャニ∞ 錦戸亮

4人目は関ジャニ∞の錦戸亮さん。

2人は、NHKの連続テレビドラマ小説「てるてる家族」で共演を果たし、そこから深い関係になったと言われています。

しかし、これには具体的な証拠はなく、あくまで噂程度だそうです。

⑤赤西仁

5人目は元KAT-TUNの赤西仁さん。

こちらは、赤西仁さんと上原さんがデートする様子がスクープされたそうです。

都内レストランで食事をした後、別れ間際にハグをした姿が目撃されています。

⑥俳優 山本耕史

6人目は俳優の山本耕史さん。

山本さんも、恋多き俳優として有名ですが、2006年にダーツバーにて上原さんとデートしている姿を目撃されています。

さらに、上原さん自身から、「今日耕史の家泊まってもいい?」と誘っていたことも明らかとなっています。

⑦ダンサー AKIHIRO

7人目は、HIPHOPダンサーであるAKIHIROさん。

自宅マンションに2人で入室する姿を激写されるなど、熱愛が報じられています。

こちらは、2011年の出来事で、上原さんが28歳の時です。

⑧ET-KING TENN

8人目にしてようやく、旦那さんであるTENNさんと交際します。

そして、2012年8月23日、TENNさんから熱烈なプロポーズを受けた上原さんは、その熱意に押され承諾し、入籍を果たします。

喧嘩も絶えなかったそうですが、大阪に新居を構えて以降は仲良く夫婦関係を築いていましたが、2014年にTENNさんが上原さんの不倫がきっかけで自殺をしてしまいます。

⑨俳優 阿部力

結婚しているはずですので、9人目など出てくるはずはありませんが、9人目として浮上しているのが不倫相手の阿部力さんです。

2014年7〜9月の愛でに行われた舞台で共演したことがきっかけで、阿部さんと不倫関係に陥ってしまった上原さん。

お互いを「トントン(阿部力のこと)」「ター(上原多香子のこと)」と呼び合うなど、その親密さは計り知れないものです。

⑩元超新塾 コウカズヤ

そして、現在取り沙汰されているのが、お笑いユニット超新塾に所属していたDRAGON高山こと、現演出家のコウカズヤさん。

上原さんは女優として復帰を果たし、初主演を飾った舞台の演出を手がけていたのがこのコウカズヤさんなのです。

こちらはフライデーにスクープされていました。

 

スポンサーリンク

阿部力と不倫をしていた

2017年8月10日に、NEWSポストセブンが、上原さんと阿部力さんの不倫LINEを入手し、話題となりました。

上原《トントンに会いたいよ。旦那さん、大事だけどそれ飛び越えてる。》
阿部《たかちゃん~》
上原《トントン》
上原《会いたいよ》
阿部《とても》
上原《そばにいてね。》

上原《私、、結婚ってとっても大きなことで人生の分岐点だったこともあるー だから、離婚するとか浮気は、もうあり得ないって思ってたのね でもさー、トントンに伝えられなかった好きと、やっぱり大好きと、私の一方的やけど肌を合わせて感じるフィット感が今までとはまったく違うの。》

上原《私はそんなに器用じゃなくて、、旦那さんとの生活を続けながら、トントンを想い続けること、トントンに想いがすべて行ってる中、騙し騙し旦那さんと居ることが、やっぱり出来ないです。(中略)今すぐにでも、すべて捨ててトントンの元へ行きたいです。だけど、私ももう大人、、いろんな問題があるし、私だけの想いでトントンに迷惑はかけられません。今すぐは難しいかもしれないけど、私も少し大人になって、ちょっとずつ、旦那さんと別の道を歩めるようにします。こんな気持ちでは絶対に旦那さんに戻れない。》

出典:NEWSポストセブン

「肌を合わせて感じるフィット感が今までとはまったく違うの。」という表現は、肉体関係もあったことをいみしているのでしょう。

ちなみに、このトントンという表現は上原さんが阿部さんのことをさして言う愛称なのだそうです。

さらに、この時にET-KINGのTENNさんと結婚をしていた上原多香子さんなのですが、旦那さんのTENNさんは、無精子症(精子がなく子供を作ることが不可能な状態)という症状に悩まされており、上原さんとの間に子供を授かるのは不可能であるとされていました。

しかし、どうしても自分の子供が欲しかった上原さんは不倫相手である阿部さんに以下のようなLINEをしてしまったのです。

阿部《子供欲しい》
上原《2人の子供作ろうね》

上原《私とトントンの子はどんな子かなー。》
上原《早く会いたいね》
阿部《子供ほしいわーーー》
上原《トントンのタイミングで作ろうね》

上原《子供が出来るのはタイミングだよー》
阿部《たーありがとうね。 子供作るのにも、もっといいタイミングがあると思って。もう大人だからさー、 勢いで物事考えたくないんだ。ちゃんと計画して進めて行きたいなーと思って。》
上原《うん そうしよ》

出典:NEWSポストセブン

そして、このやりとりを見てしまったTENNさんは自分に大きな責任があると感じ、自殺をしてしまったのです。

スポンサーリンク

遺書も公開されていた

この事実が明らかとなったのは、TENNさんの弟さんが公開した、TENNさんの遺書に以下のようなことが残されていたからです。

《多香子へ/ありがとう そして さようなら/子供が出来ない体でごめんね/本当に本当にごめんなさい。/幸せだった分だけ、未来が怖いから 何も無さそうだから/許してください。/僕の分まで幸せになってください。/きっと阿部力となら乗りこえられると思います。/次は裏切ったらあかんよ。お酒は少しひかえないとあかんよ。/嘘はついたらあかんよ。/多分、僕の事を恨むでしょう? でもいつかは許してくださいね/最後はいろいろと重荷になるけど…ごめんなさい。/これが、未来を考えた時の僕のベストです。ワガママを許してください。/いつか忘れる日が来るよ。きっと大丈夫 今から大変だろうけど/がんばって トントンとお幸せに/車は開けないで 警察を呼んでください。》

出典:NEWSポストセブン

さらに、このようなキス写真がTENNさんの携帯電話から発見されたのだそうで、これは本人も相当ショックだったのではないかと考えられます。

出典:ニュースポ24

不倫で1人の人間を自殺にまで追い込んだ魔性の女に、世間からはかなり辛辣なバッシングがされたことも有名です。

スポンサーリンク

阿部力について

こちらが阿部さんのプロフィールになります。

日本名:阿部力(あべ つよし)

別名義:李振冬(リー ジェンドン)

愛称:トントン

生年月日:1982年2月13日

国籍:中国→日本

身長:175㎝

血液型:A型

職業:俳優

所属:ホリプロ

阿部さんは中国で生まれ育ちますが、1991年、9歳の時に日本に帰化しており、2000年には18歳で北京電影学院在学中に映画「人民公厠(PUBLIC TOILET)の主演に抜擢されています。

2005年には、大人気ドラマ、「花より男子」のF4の1人、美作あきら役で出演し日本でブレイクを果たし、2009年には中国人女優の史可さんと結婚を発表しています。

2017年にはTENNさんと結婚していた当時の上原多香子さんと不倫をしたという記事が報じられ、さらにTENNさんを自殺にまで追い込んだと言うことで、相当なバッシングがされました。

不倫の元凶を作っただけに、やはり阿部さんはこの記事が出てからテレビで見る機会が圧倒的に少なくなったと感じます。

スポンサーリンク