輪島大士の死因がヤバい!死去の真相は咽頭ガンで息子は甲子園出場の高校球児?

この記事は5分で読めます

出典:ぱぐとごろり

スポンサーリンク

 

大相撲の第54代横綱輪島で、「黄金の左」と呼ばれた左差しの攻めにより史上7位となる14度の幕内優勝を果たした輪島大士(わじま・ひろし)さん=本名輪島博=が死去したことが9日、関係者への取材で分かりました。

スポンサーリンク

元横綱・輪島大士さんが死去

サンスポ他、報道各局が以下のようなニュースを報じ、話題になっています。

 大相撲の第54代横綱輪島で、「黄金の左」と呼ばれた左差しの攻めにより史上7位となる14度の幕内優勝を果たした輪島大士(わじま・ひろし)さん=本名輪島博=が死去したことが9日、関係者への取材で分かった。70歳。石川県出身。

石川・金沢高で国体を制し、日大で2度の学生横綱に輝いた。花籠部屋に入門し、1970年初場所に幕下付け出しで初土俵。73年夏場所後に学生相撲出身で史上初めて横綱に昇進した。本名をしこ名にして最高位へ就いたのも初めてだった。

2015年11月に死去した第55代横綱北の湖としのぎを削って「輪湖時代」を築き上げ、大相撲人気を支えた。1981年春場所限りで引退。花籠親方となって部屋を継承したが、年寄名跡を借金の担保に入れたことが発覚し85年12月に廃業した。その後のプロレス転向も話題を呼んだ。

その後、咽頭がんの手術を受けていた。

出典:サンスポ


スポンサーリンク

輪島大士さんについて

こちらが、輪島大士さんのプロフィールです。

出典:日刊スポーツ

四股名:輪島 大士(わじま ひろし)

本名:輪島 博(わじま ひろし)

愛称:蔵前の星、ワジー

生年月日:1948年1月11日

享年:70歳

出身地:石川県七尾市

身長:185cm

所属部屋:花籠部屋

最高位:第54代横綱

得意技:左四つ、寄り、下手投げ

地元でもある、石川県の金沢高校を卒業後日本大学に入学。どちらも相撲部に所属し、高校2年生の時に二所ノ関部屋から家までスカウトが来たり、大学生の頃には2年連続で学生横綱に輝き14個ものタイトルを獲得する等生まれながらに才能溢れる力士で、大学を卒業する前に花籠部屋に入門する。

相撲部屋に入門した若者は、通常「ちゃんこ番」という係になり、師匠のお世話等もこなしていきますがちゃんこ番等の雑務を免除され寝食を日大の宿舎で過ごさせ、食事は師匠の自宅に呼んで食べさせるという異例の特別待遇での入門となったようですがその分しっかりと結果を残しているのもやはり特別と言えるのだけの存在であったと言えます。

その才能からか、初土俵からわずか3年半という超スピード出世で横綱へ上りつめた力士として有名な人物です。

左の技が得意だったらしく、トレードマークの金色の廻しとかけて「黄金の左」と言われ一世を風靡した事もあり、当時の大相撲では「力士は走ると腰が軽くなる」と言われていたが、輪島は通常のスポーツ選手と同じように積極的にランニングを行い稽古」を「練習」と呼ぶなど、あらゆる面で型破りで、こういった点から「相撲を取るために生まれてきた男」「天才」と言われていたそうです。

そんな輪島さんは、1981年に引退を発表花籠部屋の師匠を継承するも、金銭問題で廃業となってしまいます。

引退から5年後の1986年には、ジャイアント馬場のツテで相撲ではなく「全日本プロレス」に入門し、オリジナルの必殺技「ゴールデン・アームボンバー」を開発。今でも引き継がれる程の大技「チョークスラム」になった大元の技としても有名です。

2年後の1988年にはプロレスを引退し、大相撲の解説やタレントとしても人気でとんねるずの番組に準レギュラーとして出演する事もあった程、他局面で活躍した人物です。

スポンサーリンク

死因は?

では、死因はいったい何だったのでしょうか?

報道によると、輪島さんは「咽頭がん」の手術をしていたようです。

もしかするとこの咽頭がんにより命を落としたのかもしれません。

出典:Twitter

この写真からは全盛期を感じられない程、痩せてしまっています。

咽頭がんとは?

咽頭とは鼻の奥から食道に至るまでの食物や空気の通り道です。

咽頭は上・中・下の3つの部位に分けられ、各部位にがんができるとそれぞれ上咽頭(じょういんとう)がん、中咽頭(ちゅういんとう)がん、下咽頭(かいんとう)がんという診断となります。扁桃腺や舌根は中咽頭に含まれます。

 

初期にはのどの違和感、軽い痛み程度で強い症状がないことも少なくありません。がんが大きくなれば食事の通りにくさや息苦しさが出現します。また頸部リンパ節への転移を首のしこりとして自覚して初めて分かる場合もあります。

上咽頭がんの場合耳と鼻をつなぐ管(耳管)が閉塞し片側の耳閉感(耳のつまった感じ)や鼻づまり、鼻血で見つかる場合もあります。

中咽頭がんの場合片側の扁桃腺が腫れていることで気がつくこともあります。

下咽頭がんの場合は声がかすれる症状が出ることもあります

出典:がん研有明病院

咽頭は話す、食べる、呼吸するなど、人が人らしく生きるための機能を担っているようで、症状が悪化していくにつれてこれらの行為が難しくなり生活が困難になっていくようです。

男性に多く発症しているようで、50歳代から80歳代までに急激に増加し、その90%が喫煙者のケースが多いのとお酒も含め、「酒とタバコ」これらを継続的に摂取することで、がんが発症してしまうようです。

輪島さんは、この症状が酷かったようで発声も難しく、筆談での対応が必要となってくる程だったと言います。

そこまで酷い症状だったことから考えると進行がんや末期がんであった可能性が高いと思われます。

 

スポンサーリンク

 

息子が甲子園出場!?

輪島さんの息子さんが、甲子園常連の「天理高校野球部」に所属していたとして話題になっているようです。

父親に偉大な横綱を持ちながらも野球を選んだ息子さんですが、父親に引けを取らない程のスポーツセンスの持ち主だったようですね。

出典:日刊スポーツ

中学生までは、東京で父親と暮らしていたようですが、甲子園を目指すために親元を離れて元プロの中村良二監督(49)の元で野球に没頭していた結果チームとして甲子園に出場することができたようです。

スポンサーリンク

ネットの反応

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

 

あなたにおすすめの記事

 

 
error: You never click here!!