服部信明(茅ヶ崎市長)の死因の脳出血とは?高血圧の投薬治療を行うも死去

国内NEWS

出典:Naverまとめ

スポンサーリンク

神奈川県茅ケ崎市の服部信明市長が4日午前、脳出血のため同市内の病院で死去していたことが明らかとなりました。

茅ヶ崎市長が死去

朝日新聞デジタルほか、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

スポンサーリンク

神奈川県茅ケ崎市は4日、服部信明市長(57)が同日朝に死去したと発表した。職務代理者に就いた夜光広純副市長が市選挙管理委員会に通知後、50日以内に市長選が行われる。

市によると、服部市長は3日夜、市内で開かれたロータリークラブの例会で講演した後、質疑応答中の午後7時半ごろ、その場にしゃがみ込んだという。市内の病院に搬送されたが脳出血で意識がなく、4日午前8時48分に亡くなった。高血圧の投薬治療を受けていたという。

服部市長は茅ケ崎市議、神奈川県議を経て2003年4月に市長に初当選し、4期目の途中だった。来春の市長選に立候補するかは明らかにしていなかった。

出典:朝日新聞デジタル

スポンサーリンク

服部信明市長について

こちらが、亡くなった服部市長のプロフィールです。

「服部信明 」の画像検索結果

出典:タウンニュース政治の村

名前:服部信明(はっとり のぶあき)

生年月日:1961年6月5日

年齢:57歳(※2018年10月現在)

出身地:神奈川県茅ヶ崎市

学歴:茅ヶ崎市立松林中学校、神奈川県立鶴嶺高等学校卒業後、東海大学理学部化学科中退

服部市長は、1987年4月に、茅ヶ崎市議会議員選挙に25歳で出馬し、初当選を果たしたことでも知られる人物で、茅ヶ崎市議を2期務めた後、1995年4月、神奈川県議会議員に当選。1996年、旧民主党結党に参加したされています。

2003年4月27日執行の茅ヶ崎市長選挙に無所属で出馬し、当選をすると、それ以後4期連続の当選を果たし、地元の方の指示を着実に得ていきます。

そして、こちらが服部市長の政策公約(マニフェスト)となります。

政策公約
「新」ちがさき魅力アッププラン
〜時代の変化をしっかりと受け止め、
さらなる飛躍を目指すための約束〜

わたしたちのまち茅ヶ崎のさらなる飛躍のために、 「茅ヶ崎の未来を創る 3 つ の最重点事項」と「大切にしたい 5 つの取り組み」を 4 期目の政策公約 として掲げました。
これまでの 3 期 12 年で積み上げてきた実績を活かし、市民の皆さまから信頼される市役所として、将来を見据えた行政運営と質の高い市民サービスの提供に取り組んでまいります。

出典:服部信明


スポンサーリンク

死因は?

では、死因は一体何だったのでしょうか?

報道機関の発表によれば、死因は脳出血であるということで、体調を崩されていることが多くあったのだと言います。

脳出血とは「脳の動脈が切れて、脳内の出血によって起きる病気」のことであり、脳卒中はくも膜下出血、脳出血、脳梗塞に分けられます。

服部市長は、高血圧の投薬治療を受けていたとされておりましたので、に穿通枝や皮質枝動脈とよばれる細い血管に動脈硬化性変化が生じ、そこに高い血圧がかかることで動脈が破綻し出血するとされています。

治療法としては、手術のほかに血圧を下げて血液が自然に吸収されるのを待つというのがあるのですがこの投薬治療によってそれを行なっていたのでしょう。

ですが、残念ながら還らぬ人となってしまったのです。

スポンサーリンク

公共施設の耐震化に取り組んで来た

そんな服部市長ですが、以下のような取り組みなども行なっていたのだと言います。

服部市長は、茅ヶ崎市議会議員や神奈川県議会議員を経て平成15年の市長選で初当選し、現在4期目で、これまで公共施設の耐震化に取り組み、市役所の建て替えを行ったと言うことです

出典:NHK

服部市長は、3日午後6時から公務で地元の会合に出席していましたが、突然ろれつが回らなくなり、その場にしゃがみこむなどをしているのです。

こうした公共施設の耐震化などをしっかりと行えるということでやはり政策はしっかりしていたのだと思われますし、市民に信頼される市役所や行政としての立場をしっかりと全うした結果であると言えるでしょう。

いずれにしても、亡くなった服部市長には心よりご冥福をお祈り申し上げます。

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

 

備後克則(びんごかつのり)容疑者の顔画像は?羽咋市副市長を交通事故で逮捕
出典:NHK 自家用車を運転中に歩行者をはねてけがをさせたとして、石川県警羽咋署は27日、自動車運転処罰法違反(過失運転致傷)容疑で同県羽咋市副市長の備後克則容疑者(62)=同市鹿島路町=を現行犯逮捕しました。