桂春蝶が不倫相手A子さんに暴力とフライデー!LINE画像流出で暴行内容が酷すぎる

スキャンダル

出典:Twitter

スポンサーリンク

 

落語家の桂春蝶さんが、写真週刊誌Fridayによって暴力のスキャンダルが暴かれ話題となっています。

今回は、この暴力の内容や被害者のA子さんなどについて迫ってみたいと思います。

桂春蝶がフライデーされる

落語家の桂春蝶さんがフライデーされたとして話題となっています。


スポンサーリンク

出典:フライデー

この記事を要約すると以下のようになります。

・桂春蝶の不倫相手に暴行

・相手の女性A子さんはバツイチで子持ち

・2人は2008年頃に知り合い、食事や送迎など身の回りの世話を全てA子さんがしていた

・東京拠点の桂春蝶さんは、関西の仕事があるときは大阪のマンショにA子さんを呼び出す

・桂春蝶さんは少しでも気に入らないことがあると暴力を振るう

・A子さんは洗脳されており警察に行くことが出来ずにいた

・DVがエスカレートしていく中で、さすがにA子さんは身の危険を感じ、警察に行くと桂春蝶さんへ伝える

・桂春蝶「ヤクザに頼んでお前の子供の手足を切り落として、その動画を送りつけてやる」と脅迫

・それでもなおA子さんは、2018年3月に何とか警察に被害届を提出した

・桂春蝶さんは警察沙汰になると態度を急変し、謝罪の文を書き示談交渉へ

・事が終わったと思われていたが、2018年9月上旬には再び暴力を振るう

・フライデーがこのことについて直撃し、 A子さんの名前を出すと「うわぁぁ」という反応をし、見事に固まる。

フライデーの取材に対して呆然と立ちすくむ桂春蝶さん。

出典:フライデー

スポンサーリンク

桂春蝶について

こちらが、桂春蝶さんのプロフィールです。

「桂春蝶」の画像検索結果

出典:Twitter

名前:桂春蝶(かつら しゅんちょう)

代数:3代目

本名:濱田 大助(はまだ だいすけ)

生年月日:1975年1月14日

年齢:43歳(※)2018年9月現在

血液型:O型

学歴:関西大学北陽高等学校 釣り部副主将

1994年 三代目 桂 春団治に入門

初舞台は、「二代目 桂 春蝶 追善興行」
2007年 なにわ芸術祭奨励賞受賞
2009年 なにわ芸術祭審査員特別賞受賞
2009年 8月30日 松竹座 三代目桂 春蝶襲名披露
9月27日 南座  三代目桂 春蝶襲名披露
これより、全国20カ所で襲名公演を開催。
2009繁昌亭大賞爆笑賞受賞
2010年 大阪成蹊短期大学/表現文化学科・非常勤講師に就任
2012年 大阪成蹊短期大学/創造文化学科 客員教授に就任
2013年 咲くやこの花賞・大衆芸能部門受賞
2015年 上方落語家として初となるフェスティバルホールでの独演会を開催
実父である二代目桂春蝶の死をきっかけに落語家になることを決意。
2011年には東京に拠点を移し活動の幅を広げる。
近年「桂春蝶の落語で伝えたい想い。」をシリーズ化し
「明日ある君へ~知覧特攻物語~」「約束の海~エルトゥールル号物語」
「手紙~親愛なる子供たちへ~」など新作落語を次々と発表。
また、ピアニスト西村由紀江さんとの完全コラボレーションによる落語も話題となる。
2015年2月7日芸能生活20周年記念特別公演として開催した上方落語家初となる
フェスティバルホールでの独演会は2700枚のチケットも完売するなど成功を納めている。

出典:桂春蝶プロフィール

スポンサーリンク

暴行相手のA子さんについて

では、暴行相手のA子さんは一体どのような人物なのでしょうか?

フライデーによれば、2008年頃に知人の紹介で知り合った40代の女性であるということで、バツイチの子持ちであるということであるそうです。

桂春蝶さんは、濱田弘子さんという方と結婚をしており、そのことを自身のTwitterでも報告をしていますので、A子さんは不倫相手ということになります。

出典:フライデー

この画像を見るとお分かりですが、左目が非常に腫れ上がっており、アザとなっている事が伺えます。

女性にとって顔というのは非常に大切なものでありますし、やはりこのような行為をするのは断じて許されるべきではないでしょう。

残念ながら、A子さんに関しては顔画像や名前などの情報は公開されておらず、また、特定するにも至っておりませんので、こちらに関しては詳しい情報が入り次第、随時お伝えしていこうと思います。

スポンサーリンク

LINEの内容がヤバい

こちらは、フライデーが公開した桂春蝶さんとA子さんとのLINEの内容なのだそうですが、「思いっきり殴ってやるから早く来て」とDVを示唆するような内容のLINEを送っている事が伺えます。

さらに、フライデーによれば桂春蝶さんとA子さんとのやりとりはこのDVや暴力関連、もしくは肉体関係を迫るものがほとんどなのだそうで、普通の会話はないのだと言います。

こうしたことを平気で言えること自体がどうかしているとしか言いようがないのですが、不倫相手のDVをする男性の心境とは一体どのようなものなのでしょうかね?

いずれにしても、ネトウヨの落語家と言われる桂春蝶さんのスキャンダルであるだけに、一層の波紋が広がりそうな一件です。

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

 

桂歌丸が死去し死因がこちら!慢性閉塞性肺疾患で肺炎!妻の冨士子(奥さん)についても
出典:KOKOCARA(ココカラ) - パルシステム 人気演芸番組「笑点」で長く親しまれた落語家で落語芸術協会会長の桂歌丸さんが、死去したことが明らかとなりました。 今回は、桂歌丸さんの死因などについて迫ってみたいと...