覚せい剤を製造した名古屋市緑区の19歳大学生の情報がこちら!名前や顔画像、作製方法も

この記事は3分で読めます

出典:FNN

スポンサーリンク

 

高性能爆薬を製造したなどとして名古屋市緑区の大学1年の少年(19)が逮捕された事件で、愛知県警は27日、覚醒剤入りの液体を所持したとして、少年を再逮捕しました。

覚せい剤も製造

日経新聞他、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

スポンサーリンク

 高性能爆薬「過酸化アセトン(TATP)」を製造したとして名古屋市の大学1年の少年(19)が逮捕された事件で、愛知県警は27日、自宅で覚醒剤を所持したとして、覚せい剤取締法違反(所持)の疑いで少年を再逮捕した。県警は少年が自ら製造したとみている。

県警によると、少年は「興味本位で市販薬から作った。自分で使うつもりはなかった」と供述しているという。

県警は8月20日、TATPを製造した爆発物取締罰則違反容疑などで少年を逮捕。その際の家宅捜索で押収した液体を鑑定した結果、覚醒剤の成分が検出された。液体は少年の自室でビーカーに入った状態で見つかった。

再逮捕容疑は8月20日、名古屋市緑区の自宅で、覚醒剤約0.6グラムを所持した疑い。

少年は交流サイト(SNS)上で、覚醒剤など違法薬物の原料や製造方法について積極的に情報交換をしていた。県警は少年が自宅で作ったとみて製造の経緯を調べる。

県警は9月7日、3Dプリンター製の拳銃を所持したとして銃刀法違反容疑で少年を再逮捕し、名東署に捜査本部を設置した。3Dプリンターで拳銃を作った武器等製造法違反(無許可鉄砲製造)の疑いもあるとみており、同じ機種で銃の部品を作る再現実験や、実弾を発射する強度があるかどうかの確認を進める。

出典:日経新聞

スポンサーリンク

逮捕された少年について

では、逮捕された少年は一体どのような人物だったのでしょうか?

こちらが、そのプロフィールです。

名前:不明

年齢:19歳

職業:大学生

在住:愛知県名古屋市緑区

逮捕された少年は、名古屋市緑区に住む大学1年生であり、高性能爆薬「過酸化アセトン(TATP)」や3Dプリンター製の拳銃を所持したとして逮捕され、さらには覚せい剤を製造したとしても逮捕された人物です。

ちなみに、未成年ということもあってこちらの少年の顔画像や名前などの情報は公開されておらず、また、特定するにも至りませんでしたので、こちらに関しては詳しい情報が入り次第、随時お伝えしていこうと思います。

スポンサーリンク

どこの大学なのか?

では、逮捕された少年が通っていたとされる大学はどこの大学なのでしょうか?

愛知県名古屋市にある大学で、考えられそうな大学をピックアップしてみました。

・名古屋大学工学部化学生命工学科

・名古屋工業大学工学部生命・応用化学科

・名城大学理工学部応用化学科

この3つが主な大学であり、他にも愛知学院大学や愛知東邦大学、大同大学、愛知大学などがあるのですが、こうした物理や化学の知識を深く勉強できるのはこの3つの大学の学部・学科が基本となることから、絞り込むことが出来ました。

もっとも、この犯人の学生が大学で応用化学などを学んでいればの話ですが。

スポンサーリンク

凄まじいほどの実力

こちらが、男子学生が行った主な犯罪の数々です。

男子学生の主な容疑

2016年12月 爆薬のTATPを自宅で製造

2017年2月 別の爆薬(四硝酸エリスリトール ETN)を自宅で製造

2018年3月19日 名古屋市名東区の公園でTATPを所持

4月5日 自宅でETNを所持

8月20日 爆発物取締罰則違反などの容疑で逮捕

9月7日 3Dプリンターで作ったとみられる銃を所持した銃刀法違反容疑で再逮捕

出典:朝日新聞デジタル

ETNなどの藩王式は以下のようになっており、爆発威力が大きい、熱に対して鈍感、自然分解を起こしにくい、など優れた特徴を持つ爆薬として知られています。

さらには、過酸化アセトンと呼ばれる「アセトン、過酸化水素水、塩酸、硫酸」などの物質から製造できる爆薬であるTATPなども製造したり、 3Dプリンターで銃を製造するなど、19歳の知識と技術とは思えないほどの実力を持っています。


スポンサーリンク

覚せい剤はどのように作れる?

覚せい剤とは単純なアミン誘導体であると言われており、フェニルメチルアミノプロパンすなわちメタンフェタミン、およびその塩類やそれらを含有するものがあります。

フェニル酢酸から合成する手法が一般的であるが、アミノ酸のフェニルアラニンを出発物質として合成することもできるとされており、大学教養レベルの有機化学の
知識と、基礎的な合成実験の手技を習得していれば、ある程度簡単に製造することが可能であるそうです。

芳香族側鎖を有するアミノ酸の生体内代謝がわかれば、単純なアミン誘導体がが向精神作用を起こすという現象が理解できるとも言われています。

中毒を起こす覚せい剤患者さんというのは、いわゆる混ぜ物であり、純粋な高純度の「覚醒剤」とは、末端の購入者や使用者は中々手に入らず、中間に入っている人物・業者が儲けることで量を増やすために、粗悪な物質を混ぜているのだといいます。

そのため、純度の高い覚せい剤というのは中毒が起こらないとも言われています。

スポンサーリンク

今後は?

この逮捕された学生ですが、今後はどのようになるのでしょうか?

もちろん、19歳とはいえ犯罪者でありますから、それなりの刑罰が下るのだと思われますが、それでも刑事裁判を受けることはないと考えられ、禁錮以上の刑で検察へと送致はされますが、少年法では未成年者には成人同様の刑事処分を下すのではなく、原則として家庭裁判所により保護更生のための処置を下すことを規定しているために、保護観察処分となることがあるでしょう。

しかしながら、このあまりの実力と行動力、スキルに「すごい」という声がネット上でも上がっています。

この知識と技術がテロ組織などの犯罪に悪用されれば最悪ですが、しっかりと世の中のために役立つようにしてくれるのであれば、更生したと判断し、今後の生活や就職も楽に出来ることでしょう。

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

 

沢田憲一(歌のお兄いさん)の覚せい剤使用の動機がヤバすぎる!陽性反応を消す方法についても

 
error: You never click here!!