筑西市で逮捕前に逃走した容疑者の情報がこちら!母校判明で逃走経路や現在の居場所も

国内NEWS

出典:防仁学

スポンサーリンク

 

26日午前5時40分ごろ、傷害事件容疑者の、茨城県筑西市小川の職業不詳の男(20)が自宅から逃走しました。

スポンサーリンク

傷害事件の容疑者が逮捕前に逃走

産経新聞他、報道各局が以下のようなニュースを報じ、話題になっています。

26日午前5時40分ごろ、傷害事件容疑者の、茨城県筑西市小川の職業不詳の男(20)が自宅から逃走した。

茨城県警筑西署によると、男は今年8月16日に同市内のカラオケ店で発生した傷害事件の容疑者。

同署員らが自宅へ逮捕に赴き、男の家族に要件を説明している間に逃走したとみられる。逃走時にけが人はなかった。

男は身長約170センチのやせ形で、灰色の半袖Tシャツに紺色のハーフパンツ姿で、はだしで逃走したという

出典:産経新聞

容疑者について

こちらが逃走した、容疑者のプロフィールです。

名前:不明

年齢:20歳

職業:不詳

住所:茨城県筑西市小川

身長:170cm

体型:痩せ型

特徴:灰色の半袖Tシャツ、紺色のハーフパンツ、はだし

今年8月16日に同市内のカラオケ店で発生した傷害事件の容疑者で警察官が自宅へ逮捕に赴き、男の家族に要件を説明している間に逃走した人物です。

スポンサーリンク

顔写真やSNSは?

では、いったい逃走した容疑者の顔写真やSNSのアカウントは公開されているのでしょうか?

現在のところ、メディア等で公開されている顔写真はありませんでした。

SNSについては、逃走した容疑者の名前が公表されていない事により検索ができない状況です。

新たな情報が入り次第、随時お伝えしたいと思います。

スポンサーリンク

現場は?

では、いったい犯行現場と逃走したとされる自宅はどこなのでしょうか?

報道によると自宅は「茨城県筑西市小川」とされています。

地図がこちら↓

水戸線の川島駅からすぐの場所であり、近くには鬼怒川が流れています。

また、傷害事件の犯行現場であるカラオケ店は「茨城県筑西市」とされています。

地図がこちら↓

かなりの数のカラオケ店が存在している為、特定は難しい状況でありますが「下館駅」が他2つの電車に乗り換えられる点と周辺にカラオケ店が密集している点、川島駅から2駅である点から、下館駅が周辺に住む若者のたまり場であると考えると傷害事件の犯行現場は「下館駅」周辺のカラオケ店である可能性が考えられます。

 

スポンサーリンク

 

容疑者の母校が判明!?

なんと逃走した容疑者の母校である中学校が判明したと話題になっています。

自宅である「茨城県筑西市小川」の地図をご覧ください。

自宅である「茨城県筑西市小川」は、

・筑西市立川島小学校

・筑西市立下館西中学校

の学校が地区となっています。

引越しをせず、昔から地元に根付いている家族であった場合、この母校に通っていた可能性も考えられます。

スポンサーリンク

逃走経路は?

では、いったいはだしで逃走している容疑者はどのように逃走し、現在どこにいるのでしょうか?

自宅は「茨城県筑西市小川」に位置し、川島駅までの距離は公開されていませんが、すでに警察官が家に来てから逃走している状況から考えても電車に乗っての逃走は考えにくいと思われます。

さらには、はだしで逃走する程焦っていた事を考えると、もしも免許を所持し車を保有していても、車を使っての逃走の可能性は低いと思われます。

そうなると、走っての逃走か自転車やバイクでの逃走が考えられます。年齢が20歳で古くから住みついている場所である場合、近隣に友人の家がある事も考えられますが逃走した時間が午前6時前である為、起きてもらい匿ってもらおうとしている時間で警察官に追いつかれてしまうと考えると予想できるので、現在も1人で逃走中である可能性が高いと思われます。

実際の逃走経路について想定できるのは、はだしである為に大通りを避けている可能性が高いと思われます。

車やバイク等乗り物に乗っての逃走の場合、小道や脇道より車の数も多くスピードも出せる為利用される可能性は高いですが、もしもはだしで徒歩の場合見晴らしがよくたまたまパトカーが通る事も考えるとはだしで歩くにはあまりにも目立ちすぎる事が考えられます。

スポンサーリンク

犯行動機は?

では、いったい犯行の動機は何だったのでしょうか?

現在のところ、容疑者が自宅から逃走した事について詳しく報じられており、カラオケ店での傷害事件の詳細については不明な点が多い為、犯行動機について迫れない状況でありますが、逃走の動機については、若干20歳である事を考えると警察官が自宅まで押し寄せこの先の事などを考えた途端不安になり逃走に及んだ可能性が考えられます。

このような動機で逃走していた場合は、傷害事件についても「かっとなって」と言い出す事もありえるのではないでしょうか?

いずれにしても他にも容疑者が逃走し問題になっている日本ですが、警察の管理体制は失敗から学び同じミスをしないという考えはないのでしょうか?

どんな罪であれ容疑者が逃走となると近隣住民だけでなく、世間が不安になります。

逮捕に向かったのであれば、逃走する事も事前に予想してから、行動に移すべきと思うのは私だけでしょうか?

いち早い日本の警察の管理体制の改善と逃走した容疑者の確保が求められるでしょう。

 

スポンサーリンク

 

あなたにおすすめの記事

 

 

コメント