日大水泳部で暴行 3年生の先輩部員メンバーの情報がこちら!リンチ理由や隠蔽についても

スポーツNEWS

出典:http://nust.web.fc2.com/

スポンサーリンク

 

アメフト部のパワハラ問題で世間を賑わせていた日本大学ですが、今回は水泳部で暴行事件があったとして話題となっています。

日大水泳部がリンチ

週刊文春他、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

スポンサーリンク

日本大学水泳部で、3年生部員による悪質リンチが起きていたことが「週刊文春」の取材で明らかになった。9月6日、インカレ開催を翌日に控えた横浜国際プールで事件は起きた。被害者は、2年生のA君(20)だった。

水泳部関係者が明かす。

「その日、A君は部員の荷物番を任されていたんです。前日に寝つきが悪く朝方まで起きていたため、A君はつい居眠りをしてしまった。全体ミーティングでもそのことを注意されたのですが、その後、A君は誰もみていない場所で、3年生から殴る蹴るの暴行を受けたのです」

無抵抗のままボコボコにされたA君は全治2週間の怪我を負った。

A君の兄が怒りを込めて語る。

「死ぬかと思ったと、本人は話していました。左腕と胸のあたりには大きなアザがあり、肋骨は折れていなかったものの、当初は息をするのもつらかったと漏らしていた。暴行がばれない様に、顔はほとんど殴られなかったというのですから悪質極まりない。実は、昨年も弟は同じ部員から馬乗りになって殴られるなどの暴行を受けていた。何より許せなかったのは、日大が一連の暴行事件を隠蔽しているように思えたからです」

日大水泳部の監督を務めるのは、日本水泳連盟の副会長の上野広治氏(59)。これまで競泳日本代表のヘッドコーチや、連盟の競泳委員長を歴任した連盟幹部だ。
(ー中略ー)
9月25日、上野監督は「週刊文春」の取材に、次のように答えた。

「事実関係を確認している段階であり、隠蔽しているつもりはありません。公表は考えていません。大学がどうするかは知りませんが」

日大は大学水泳界の名門で、東京五輪でメダルが期待される池江璃花子選手の進学が確実視されている。

出典:週刊文春

スポンサーリンク

リンチをしたメンバーは

では、リンチをした日大の水泳部のメンバーは一体どのような人物だったのでしょうか?

文春によれば、3年生のメンバーとのことですが、それ以外のことは明らかとなっておりません。

ですが、被害にあった2年生の学生は、全治2週間という非常に重たい怪我を負っていますし、こうしたことは明るみになれば、アメフト部同様に今後情報が出回るかもしれませんので、こちらに関しては詳しい情報が入り次第、随時お伝えしていこうと思います。

スポンサーリンク

過去には小関也朱篤も暴行を

そんな日本水泳界ですが、日大の監督を務める上野広治監督は日本水泳連盟で副会長を担当しており、2018年1月には小関也朱篤選手が暴行事件を起こしているとして話題にもなりました。

昨年12月にスペインで行われた競泳日本代表の合宿中、炊事当番に遅れた後輩選手へ暴力を振るった小関也朱篤(やすひろ、25)が24日、両選手が所属する大阪・八尾市のミキハウス本社を訪れ、木村皓一社長(72)らに謝罪した。騒動後初の公の場だった2017年世界選手権男子200メートル平泳ぎ銀メダリストは、スーツ姿で「感情的になってしまった。しっかり反省したい」と頭を下げた。

 12月1日の昼食時に自身が炊飯中、同部屋の後輩がサッカー遊びをしていたことに立腹。「当番を忘れていると思った」と、利き手ではない左手で顎と腹を一発ずつ殴った。両者は和解。後輩は顎の違和感で通院中だが、「泳ぎに影響はない」としている。小関はミキハウスから3月末までの代表活動辞退、対外試合禁止、減俸の処分を受け、4月の日本選手権で復帰予定。東京五輪を目指しており、「また(後輩と)代表で一緒に頑張りたい」と願った。

出典:スポーツ報知

こうした暴行事件が発生しているにも関わらず、連盟幹部が監督を務める日本大学でまたしても暴行事件が発生するというのは非常に由々しき問題であると言えるでしょう。

スポンサーリンク

池江璃花子も日大進学?

そんな、日大水泳部ですが、日本記録を何度も更新しているスーパー女子高生である池江璃花子選手が、進学する先として話題にもなっています。

日大の水泳部は名門であり、非常に強豪であるとして注目されることがあるのですが、日本競泳界の主流は東洋大学に移ってきているそうで、北島康介さんなどを育てた平井伯昌コーチが在籍していたり、萩野公介選手らも東洋大学出身であるなど、実力は素晴らしいものがあります。

また、施設でも50mの屋内プールがある東洋大学に比べて、日大は25mの屋外プールが練習場であるそうですので、そうした環境も池江選手が進学するのに適していないと指摘されていたこともありました。

さらに、若手の台頭が目覚ましい早稲田大学が池江選手の進路先として有力視されていたこともあったのですが、元代表でヘッドコーチも歴任した上野広治さんの影響でお家騒動へと発展したために、日大へと進学をしたのではないかと考えられています。

スポンサーリンク

暴行を隠蔽しようとしていた?

日本大学の運動部といえば、記憶に新しいかと思いますが、やはりアメフト部のパワハラ問題があると思います。

これは、20歳のとある選手が関西学院大学との試合中に、ボールを投げ終わった相手QBの選手に対してレイトチャージを仕掛け、怪我をさせたというもので、これが選手ではなく監督やコーチの指示のもの、大規模なパワハラがあったという問題です。

この問題で明るみになったのは、日本大学という大学の悪しき体育会系の体質であり、大学の経営自体が疑問視されていました。

「日大ブランドは地に落ちません」と広報が謎めいた会見を開いたり、理事長はいつなっても謝罪をしなかったり、選手が1人で記者会見を行ったにも関わらず、監督・コーチは一切認めなかったり、初めて公の場に姿を表した際に謝罪ではピンク色のネクタイを締めていたりと、問題が次から次へと出てきました。

これは日大が伝統的に行ってきた隠蔽するということがそうせており、はじめにしっかりと対処をしていればここまで大きな社会問題へと発展することはなかったとされています。

今回も日大の水泳部で発生した暴行事件は、被害者のお兄さんが「日大が一連の暴行事件を隠蔽しているように思えた」と語っている通り、放っておいたら公とならなかったことでしょう。

いずれにしても、日本の水泳界でも起きてしまったこの暴行事件であるだけに、一層の波紋が広がりそうな一件です。

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

 

樋口弘晃(日大ラグビー部)の顔画像とインスタが判明!出身高校や大麻所持の理由についても
日本大学のラグビー部に所属する、樋口弘晃(ひぐち・ひろあき)容疑者が、東京都渋谷区の路上で大麻を所持していたとして、逮捕されました。 今回は、逮捕された樋口弘晃容疑者の顔画像や、大麻所持の動機、日大ラグビー部の公式ホームページの画像、出身高校とInstagramのアカウントなどについて迫ってみたいと思います。

 

宮川泰介(日大アメフト部加)の会見内容の全てがこちら!内田正人監督がタックル指示と明言!
...

コメント