変態セブンの店長のモザイクなし顔画像とセクハラの数々がこちら!条例違反で逮捕間近?

この記事は4分で読めます

出典:朝日新聞デジタル


スポンサーリンク

 

栃木県内のセブンイレブンで今月、店のオーナーである男性店長が女性客に対し、ひわいな言葉や行為を繰り返している動画がインターネット上に投稿され、話題となっています。

今回は、この変態セブンについて迫ってみたいと思います。

変態セブン現る

Snkei Bizほか、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

スポンサーリンク

大手コンビニエンスストア、セブンイレブンの栃木県足利市内の店舗でオーナーの男性店長が女性客にセクハラ言動を繰り返している動画がインターネット上で広まり、親会社のセブン&アイ・ホールディングスは加盟店契約の解除も視野に、近く対応を決める。

 動画は17日午前2時ごろ、女性客が撮影したとみられる。店長がレジで支払いをする女性客に下品な言動を続け、女性客が店から出た後もつきまとう姿が映されている。

セブン&アイ・ホールディングスの広報センターによると、この店は直営店ではなくフランチャイズ店。事実関係を認め、「本部とオーナーは対等の関係で、処分はできないが、速やかに厳正に対処したい」としている。

出典:Sankei Biz

スポンサーリンク

問題の動画は?

では、問題の動画は一体どのようなものなのでしょうか?

こちらが、Twitter上に投稿された動画であります。

この投稿ではセブンイレブンの店長は卑猥な行動を続けているのですが、「バイトがこなくて急遽出勤になる気持ちがわかるか…?」と発信しているということで、バイトの代わりに急に出なければならないストレスとここへ発散させているのではないかと考えられます。

スポンサーリンク

店長について

出典:Twitter

では、この店長は一体どのような人物なのでしょうか?

Twitter上には以下のような情報が公開されており、ここでは妻子持ちであることも明らかとなっています。

さらには、セクハラの事実は本当のようで、隠れてセクハラを行ったりした結果、こちらんユーザーさんは辞めざるを得なくなったしまったのだそうです。

出典:Twitter

もしもこれが本当であるとするのであれば、非常に由々しき問題であり、日頃からセクハラの常習犯であることが分かってしまったのです。

フランチャイズ契約をしているということで、ここのお店のオーナー兼店長をしているそうですが、残念ながら名前などの情報は公開されておらず、特定するにも至っておりませんので、こちらに関しては詳しい情報が入り次第、随時お伝えしていこうと思います。

続報:変態セブンが閉店をしていたことが明らかとなりました↓

変態セブンが閉店し、店長の今後の将来ヤバイ!閉店間際には観光地化していた!

スポンサーリンク

どのような罪に問われる?

では、この迷惑行為とも思われる店長の行動は、法的にはどのような罪に問われる可能性があるのでしょうか?

現場となったセブンイレブンは栃木県足利市に存在しているということで、栃木県の迷惑防止条例3条には「何人も、公共の場所又は公共の乗物において、他人に対し、みだりに次に掲げる行為をしてはならない」とありますので、この条例に違反する可能性が出てきます。

ここでいう公共の場所とは「道路、公園、駅、興行場、飲食店その他の不特定かつ多数の者の用に供される場所」にあたりますので、コンビニも例外なく公共の場所に該当するということからも、これに違反していると捉えられても問題はありません。

そもそも、お客様に迷惑になっているのですから、そもそもコンビニの店長をやている資格などありませんし、ましてやフランチャイズ契約のオーナーであることも問題です。

度が過ぎていると判断された場合によっては、逮捕・起訴されるケースも考えるということです。

続報:変態セブンが閉店をしていたことが明らかとなりました↓

変態セブンが閉店し、店長の今後の将来ヤバイ!閉店間際には観光地化していた!

スポンサーリンク

セクハラを断ったらクビ?

そんな、変態セブンの店長ですが、セクハラは日常茶飯事であるということで、従業員にセクハラをしていることが多々あったのだと言います。

この動画ではお客さんの胸などを触ろうとしたことがきっかけでこうした訳の分からない行動を取っているわけですが、それ以前に従業員にセクハラを強いてさらに、断ったらクビというパワハラも行なっていること自体が問題です。

「バイトがこなくて急遽出勤になる気持ちがわかるか…?」と発言しているあたり、この訳の分からない言動の動機はバイトにばっくれられたことによるものだと考えられますが、それは自業自得であり、こうしたセクハラやパワハラが横行している現場では誰しもが働きたくないと思うのは普通でしょう。

妻子持ちであるということのようですが、なぜ妻子持ちで家族を守らなければならないオーナー兼店長がこうしたことをしているのでしょうか?

コンビニのフランチャイズ契約というのは、人件費に経費を取られて営業利益が赤字になることが多く、自ら出勤することでそこをリカバーすることが多いのだと言いますし、地方に行けば行くほどお客さんの入りはないですからなおさらでしょう。

そこまで収入は安定していないと考えられるこの変態セブンの店長ですが、このような行動をしたために社会復帰は難しいのではないでしょうか?

もっとも自業自得なのですが。

いずれにしても、変態セブンというパワーワードを残してしまった今回の事件は一層の波紋が広がりそうです。

続報:変態セブンが閉店をしていたことが明らかとなりました↓

変態セブンが閉店し、店長の今後の将来ヤバイ!閉店間際には観光地化していた!

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

 

変態セブン(セブンイレブン足利芳町店)の店長は妻子持ちで名前特定?セクハラは日常茶飯事と判明

 
error: You never click here!!