相澤悠太の凶器のナイフが心臓にまで達していた!強い殺意と失血死についても

国内NEWS

出典: NNN

スポンサーリンク

宮城県仙台市宮城野区で発生した交番襲撃事件で逮捕された相澤悠太容疑者ですが、刺された清野巡査長に刃物が心臓まで達していたことが明らかとなりました。

死因は失血死

KHB東日本放送ほか、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

スポンサーリンク

仙台市の交番で男性警察官が大学生の男に刃物で刺され殺害された事件で、司法解剖の結果、刃物が警察官の心臓まで達していたのが致命傷となったことが分かりました。
この事件は19日仙台市宮城野区の交番で清野裕彰巡査長(33)が(19日付で警部補に昇任)「落し物を拾った」と訪ねてきた大学生の相澤悠太容疑者(21)に刃物で刺され死亡したものです。
怒鳴り声を聞いて駆けつけた40代の巡査部長が相澤容疑者に拳銃を3発撃ち相澤容疑者も死亡しました。
司法解剖の結果、清野巡査長は、心臓まで刃物が達していたのが致命傷となり失血死だったことが分かりました。相澤容疑者の死因も失血死で、銃弾が3発とも当たったとみられます。
警察は相澤容疑者がカッターナイフなど複数の凶器を準備し計画的に交番を襲った疑いがあるとみています。

出典:KHB東日本放送

スポンサーリンク

相沢悠太容疑者について

こちらが、逮捕された相沢悠太容疑者のプロフィールです。

名前:相沢悠太(あいざわ ゆうた)/相澤悠太

年齢:21歳

職業:大学生

所属:東北学院大学文学部歴史学科

在住:宮城県仙台市宮城野区新田2丁目

相沢容疑者は、19日午前4時5分ごろ、仙台市宮城野区東仙台の宮城県警仙台東署の東仙台交番で、勤務中の清野裕彰巡査長(33)が刃物を持った男に刺された事件で、容疑者となった人物で、その後駆けつけて警察官に射殺されてしまいした。

出典:NHK

大学では、歴史学を専攻しているということで、東北学院大学で歴史学を専攻できるは、文学部歴史学科でありこちらがその歴史学科の経営理念となっています。

広い歴史知識と歴史的な考え方を身につけ、現代社会をグローバルかつ歴史的に理解するとともに、地域の問題を広い視野から考える能力を養う。

出典:東北学院大学

また、東北学院大学の同級生の話によれば、「小声で何をしゃべっているのかよく分からない」ということのようです。

出典:NHK

さらに、相澤容疑者は警察官の顔にエアガンを発射した可能性があることも明らかとなっております。

スポンサーリンク

世間の評価は?

では、相澤容疑者への世間からの評価はどのようなものなのでしょうか?

相澤容疑者の自宅の裏に住む遠い親戚の女性▼

「今年の正月に(相沢容疑者に)お年玉を渡したのが会った最後だった。『ありがとう』と礼儀正しく受け取ってくれて、変わった様子はなかった。家族にトラブルがある様子もなく、ただただびっくりして言葉も出ない」

近所の自営業の女性▼

「お兄さん(相沢容疑者)は最近見ていないが、礼儀正しくあいさつをする子で物静かな印象だった」

近所に住む女性▼

「幼い頃から知っている。兄弟げんかを見たことがないぐらい物静か。何とも言えない気持ち」

親戚の女性▼

「人違いであってほしい。穏やかで優しい子」

親戚の女性の娘さん▼

「野良猫をかわいがるなど穏やかでやさしい印象でした。いい子だったのに信じられません」

相澤容疑者の同級生▼

比較的おとなしめであまり周りと話しているのは見たことがないような人でした

このコメントから察するに、相澤容疑者は非常に”いい人”であり、もの静かな印象であることかが見受けられます。

兄弟喧嘩などをしたことがないということで、事件を起こすような人物には思えず、さらには礼儀正しいという言葉が多く見受けられるのもそのような人物にはみられないということを助長しています。

スポンサーリンク

ナイフが心臓にまで達する

ナイフが心臓にまで達し、失血死をしているとのことですが、失血死とは一体どのようなものなのでしょうか?

失血死とは、多量の出血により、生命の維持に必要とされる血液の量を失ったために死ぬことを指しており、基本的にはショック症状で死に至ることがほとんであります。

人間の体内を流れる血液量は、体重1kgあたり約80ml(体重あたり8%)でありますので、体重50kgの人の血液量はおよそ4lとなります。

全血液量の約20%以上が短時間で失われると出血性ショックとなる他、、さらに30%以上の出血で生命の危険があるとされているのです。

清野巡査長の体重が何kgあったのか定かではありませんが、全体の30%以上の血が流失していることになりますので、おそらく1200〜1800ml以上もの血液が流れ出たということになります。

刃物が心臓にまで達するということは、相当な力を込めていることは明白でありますし、凶器は刃渡りの長さから考えても素人が扱えるような代物ではありません。

スポンサーリンク

凶器について

凶器については、報道機関によって以下のような説明がされております。

県警によると、相沢容疑者が交番を訪れた際、マスク姿でウエストポーチを身に着けており、中にはさみ、カッターナイフ、ドライバーが入っていた。ほかにもモデルガンのようなものと、凶器とみられる刃渡り約20センチの包丁を所持していた。

出典:時事通信社

心臓に至るまでの刃渡りを有している凶器に関しては、市販のものではないとされており、特殊な入手ルートで手に入れたか、もともと自宅にあったのかなどが考えられます。

拳銃が欲しかったという犯行動機のみで、警察襲撃しているわけですが、それでもこうした刃物を所持していること自体がおかしな事です。

強い殺意があったとされていますし、この凶器であるならばあ一撃であると考えたのでしょうか?

いずれにしても、心臓にまで達しているということで、非常に大きな波紋が広がりそうな一件です。

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

 

相澤悠太容疑者の家族がヤバい!世間からの評判まとめとエアガン発射後に殺害した経緯についても
...

コメント