相澤悠太容疑者の家族がヤバい!世間からの評判まとめとエアガン発射後に殺害した経緯についても

国内NEWS

出典:NNN

スポンサーリンク

 

仙台市宮城野区にある東仙台交番で発生した事件で、清野裕彰巡査長を殺害した相澤悠太容疑者は、清野巡査長の顔にエアガンを放っていたことが明らかとなりました。

今回は、この相澤容疑者の両親などについても迫ってみたいと思います。

エアガンを発射していた

日テレニュースほか、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

スポンサーリンク

宮城県仙台市内の交番で19日、警察官が刃物で刺され死亡した事件で、容疑者の大学生が警察官の顔にエアガンを発射した可能性があるとして、捜査が進められていることがわかった。

事件現場となった仙台市宮城野区の東仙台交番では20日、鑑識が現場検証を行っているほか、死亡した警察官を知る人が花を持ってくる姿が見られた。

捜査関係者によると、死亡した巡査長・清野裕彰さん(33)の顔には小さな赤い腫れのようなものが複数見られ、現場に小さな弾が落ちていたということで、死亡した相澤悠太容疑者(21)はエアガンを発射した可能性があるとして、調べを進めていることがわかった。

出典:日テレニュース

スポンサーリンク

相沢悠太容疑者について

こちらが、逮捕された相沢悠太容疑者のプロフィールです。

名前:相沢悠太(あいざわ ゆうた)/相澤悠太

年齢:21歳

職業:大学生

所属:東北学院大学文学部歴史学科

在住:宮城県仙台市宮城野区新田2丁目

相沢容疑者は、19日午前4時5分ごろ、仙台市宮城野区東仙台の宮城県警仙台東署の東仙台交番で、勤務中の清野裕彰巡査長(33)が刃物を持った男に刺された事件で、容疑者となった人物で、その後駆けつけて警察官に射殺されてしまいした。

出典:NHK

大学では、歴史学を専攻しているということで、東北学院大学で歴史学を専攻できるは、文学部歴史学科でありこちらがその歴史学科の経営理念となっています。

広い歴史知識と歴史的な考え方を身につけ、現代社会をグローバルかつ歴史的に理解するとともに、地域の問題を広い視野から考える能力を養う。

出典:東北学院大学

また、東北学院大学の同級生の話によれば、「小声で何をしゃべっているのかよく分からない」ということのようです。

出典:NHK

スポンサーリンク

犯行動機は?

では、犯行動機は一体何だったのでしょうか?

時事通信社によれば、以下のようなことが考えられるのだと言います。

捜査関係者によると、清野警部補の遺体には抵抗した際に付く傷が複数残っていた。相沢容疑者との間に大きなトラブルは確認されていないことなどから、県警は同容疑者が拳銃を奪うため、複数の凶器を準備した上で交番を襲ったとの見方を強めている。

出典:時事通信社

つまり、”本物の”拳銃が欲しかったために、こうした犯罪に手を染めてしまったのではないかと考えられているのです。

モデルガンを所持していることが明らかとなった訳ですが、モデルガンではなく本物の銃を欲しかったということは、何か並々ならぬ思いがあったのではないかと考えられます。

やはり、男性というのは拳銃へ憧れがあるのではないかと考えられます。

スポンサーリンク

世間の評価は?

では、相澤容疑者への世間からの評価はどのようなものなのでしょうか?

相澤容疑者の自宅の裏に住む遠い親戚の女性▼

「今年の正月に(相沢容疑者に)お年玉を渡したのが会った最後だった。『ありがとう』と礼儀正しく受け取ってくれて、変わった様子はなかった。家族にトラブルがある様子もなく、ただただびっくりして言葉も出ない」

近所の自営業の女性▼

「お兄さん(相沢容疑者)は最近見ていないが、礼儀正しくあいさつをする子で物静かな印象だった」

近所に住む女性▼

「幼い頃から知っている。兄弟げんかを見たことがないぐらい物静か。何とも言えない気持ち」

親戚の女性▼

「人違いであってほしい。穏やかで優しい子」

親戚の女性の娘さん▼

「野良猫をかわいがるなど穏やかでやさしい印象でした。いい子だったのに信じられません」

相澤容疑者の同級生▼

比較的おとなしめであまり周りと話しているのは見たことがないような人でした

このコメントから察するに、相澤容疑者は非常に”いい人”であり、もの静かな印象であることかが見受けられます。

兄弟喧嘩などをしたことがないということで、事件を起こすような人物には思えず、さらには礼儀正しいという言葉が多く見受けられるのもそのような人物にはみられないということを助長しています。

スポンサーリンク

両親とは仲が良かった

そんな、相澤容疑者ですが家族は両親と弟の4人で暮らしていたそうで、仲は非常に良かったとされています。

ですが、このような凶悪犯罪を犯してしまった場合、責められるのは当然その容疑者を育てた家族や両親であり、凶悪犯罪者はそれ相応に酷い家庭環境にされされていることがほとんであります。

ネグレクトやDVなどが認められることがあったのかもしれませんが、もしそうだとすれば、相澤容疑者は不憫でなりません。

もちろん、犯罪に及んでしまった事実は変えられませんし、そこに至る経緯や動機などがいかなる状況であったも、殺人は決して許されるべきではないのですが、それでも家庭環境によってねじ曲がった性格になってしまうというのは少々気の毒なのではないかとも考えられます。

両親や家族と仲が良かったと言われておりますが、それは建前であり、相澤容疑者の本音はそこまで仲が良くなく、心を閉ざしていたということも考えられるでしょう。

スポンサーリンク

家族だけではなく・・・

犯罪を犯すととりわけ殺人事件ですが、被害者家族にも迷惑がかかりますし、それと同じくらい加害者の家族にも迷惑がかかります。

凶悪殺人事件の加害者の家族というのは、好奇な目で見られるほか、結婚や進学、就職などに大きく響きますし、世間の方が関わることを避けてしまうようになります。

直接容疑者と関係ないと言っても、その容疑者を育てた環境を作っており、一緒に過ごした時間が長いために、人々から忌み嫌われることがほとんとです。

また、家族だけはなく親戚や同じ名字を名乗っているというだけで、その後の生活に大きな支障をきたすことがあるのだと言います。

東京・埼玉連続幼女誘拐殺人事件の容疑者である宮崎勤元死刑囚なども、同じような目に遭っていますし、宮崎元死刑囚の父親は全ての罪を償った後に投身自殺を図っています。

いずれにしても、今回の事件で相澤容疑者の自宅などはバレており、今後家族にまで嫌がらせや好奇な目が向けられることがあるかもしれません。

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

 

相沢悠太の自宅判明で生い立ちがヤバい!東北学院大学の学生で計画的犯行か?
...

コメント